ぼくの伯父さん
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくの伯父さん」
メニュー

ぼくの伯父さん

劇場公開日

解説

フランスの喜劇作家ジャック・タチの長編第3作にして彼の代表作となった傑作コメディ。プラスチック工場を経営するアルペル氏を父に持つ少年ジェラールは、あらゆるところが自動化された超近代的な家で暮らしている。しかしジェラールは堅苦しい自宅で過ごすより、母の弟であるユロ伯父さんと遊ぶのが大好きだった。一方、ジェラールの両親は気ままに生きるユロ氏の行く末を心配し、就職やお見合いをさせようとするのだが……。行く先々で騒動ばかり巻き起こすユロ伯父さんの日常を、近代化・効率化への風刺を交えながらユーモラスに描き、カンヌ国際映画祭審査員特別賞、アカデミー外国語映画賞を受賞するなど国際的に高く評価された。14年、タチの監督作をデジタル復元版で上映する「ジャック・タチ映画祭」でリバイバル。

作品データ

原題 Mon Oncle
製作年 1958年
製作国 フランス・イタリア合作
配給 日本コロムビア
日本初公開 1958年12月23日
上映時間 120分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第31回 アカデミー賞(1959年)

受賞
外国語映画賞  

第11回 カンヌ国際映画祭(1958年)

受賞
審査員特別賞 ジャック・タチ
出品
出品作品 ジャック・タチ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全8件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

イリュージョニスト
イリュージョニスト (字幕版)
  • Powered by Amazon
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi