ボーイ・ミーツ・ガール(1983)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジャン=リュック・ゴダールの再来といわれたレオス・カラックス監督の長編デビュー作。親友のトマに恋人を奪われたアレックスは、彼を殺す決意を胸に夜のパリに出て行くが、同じく失恋した少女、ミレーユと出会い恋に落ちる。のちに「汚れた血」「ポンヌフの恋人」へと続いていく、ドニ・ラバン演じるアレックスを主人公にした3部作の第1作。

1983年製作/104分/フランス
原題:Boy Meets Girl

スタッフ・キャスト

監督
製作総指揮
アラン・ダーン
製作
パトリシア・モラー
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5白黒や

さん
2015年12月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふ

5.0アーテイスティック

2014年7月4日
Androidアプリから投稿

悲しい

知的

ひたすらズームアップの印象。
演者をリアルな存在としてではなく、映画での中のオブジェの一つとして描く。それは良い意味で。
刺激的。アートな意味で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kaoripeace

4.5夢を読み解くように・・・

2014年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

ドニ・ラヴァンがその存在そのもので示し続ける詩、それを感じられるだけで、いつもカラックス映画に惹かれてしまうんです。そしてジュリエット・ビノシュもそうですが、この作品のミレーユ・ペリエもまた美しく、彼女たちのことをどうしようもなく好きになってしまえば、それで私のカラックス体験は充実したものになります。
美しく生きること、いや、生きることそのものが美しさであること、そんな生を、痛みとともに思い出させてくれる映画だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
チャーリー

2.5頭おかしい

いずるさん
2014年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

青年の煩悶を引き伸ばして映画にしたような。
全部最初から最後まで主人公の妄想、と言われても納得できる不思議な世界。

実験映画っぽい感じ。当時の最先端突っ走ってる。そして今もなお、最先端。理解できない。
人の誕生日パーティに行って勝手に冷蔵庫から牛乳出して、おもむろに直で口つけて飲むし、突然店から走りだしたり、人を川に突き落としたり……主人公の挙動が怖いです。

ボーイはガールにミーツした。だけど、それで人生どうにかなるものではないんでしょうね。人生のうちでパッと明るくなるような出会いなんてないんです。主人公の暗い思考が暗い結末を彼女に与える。暗澹たる気持ちになりました。
白黒の画面は閉塞感があり会話の間も気詰まりで、それが青年のどろどろとした葛藤を表現しているのかも。

愛をテーマにしたのか、それとも、愛にすがったけれど結局青年たちはどこにもいけない、ってことをテーマにしたのか。
なんなんでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いずる
すべての映画レビューを見る(全5件)

「アレックス3部作」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ボーイ・ミーツ・ガール(1983)」以外にこんな作品をCheck-inしています。