ふたりのベロニカ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

同じ日の同じ時刻に生まれ、同じ名前と顔を持つ2人の女性がいた。ポーランドとパリに住む2人のベロニカはそれぞれの人生を送りながらも、お互いの存在を感じていた。監督は、「トリコロール」三部作で知られるポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキー。本作で2人のベロニカを演じた主演のイレーヌ・ジャコブは、91年カンヌ映画祭主演女優賞を受賞した。

1991年製作/98分/フランス・ポーランド合作
原題:La double vie de Veronique
配給:ビターズ・エンド
日本初公開:1992年

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第44回 カンヌ国際映画祭(1991年)

受賞

コンペティション部門
女優賞 イレーヌ・ジャコブ
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 クシシュトフ・キエシロフスキー

出品

コンペティション部門
出品作品 クシシュトフ・キエシロフスキー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1991 SIDERAL PRODUCTIONS S.A.

映画レビュー

4.0【抒情性高き、スピリチュアルな物語。”ベロニカ”を演じたイレーヌ・ジャコブの美しさと、全編を彩る美しくも哀しきトーンの音楽が、作品の趣を高めています。】

2022年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

 ■内容に触れながら、レビューしています。

  1.映画は”ポーランド”のクラクフという町から始まる。美しき容貌を持ち、天性のソプラノの声を持つ”ベロニカ”(イレーヌ・ジャコブ)は、その声の美しさにより、楽団に誘われる。
  彼女は、街中で一瞬、自分と瓜二つの女性がバスに乗る光景を見る。
  <ここが、後半に効いてくる。上手い作品構成である。>
  ”ベロニカ”は心臓に不調を抱えながらも、楽団の舞台に立ち、美しきソプラノを歌っているいる最中に、突然心臓発作で倒れる。

  2.場面は”フランス“に移る。
   ”ベロニカ”(イレーヌ・ジャコブ:二役)は音楽教師をしているが、ある日天啓を受けたかのように、突然涙を流し、本格的な音楽活動を辞める。
   そんな中、彼女は人形劇を見る。気になった彼女は人形師を探す。彼の名は”アレクサンドル・ファブリ”作家でもあった。
   ”ベロニカ”に誰からか送られてくる”紐”(”ポーランド”の”ベロニカ”のモノに似ている。)、空の葉巻の箱・・。
   ”ベロニカ”は心臓内科に通っており、自らの心臓の鼓動の波形グラフに”紐”を重ね合わせる。<このシーンも、巧い。二人の”ベロニカ”が抱えている病を象徴的に表している。>

  3. ”ベロニカ”は”アレクサンドル・ファブリ”と喫茶店で出会い、彼の”女性心理の可能性”と言う言葉を聞き、一度は席を立つが、再び彼と会い、恋に落ちる。
  <彼に会う前に、”ベロニカ”は父親に”誰か分からないけれど、恋をする・・”と話している。>
    ”ベロニカ”は”アレクサンドル・ファブリ”の求めに応じ、バッグの中身をベッドの上に広げる。その中に有った、彼女が且つて旅行に行った”ポーランド”のクラクフで映した白黒写真に写っていた自分とそっくりな女性。
    ”ベロニカ”は、その女性の写真の姿を見た途端、滂沱の涙を流すのである。

<クシシュトフ・キェシロフスキ監督作品は「トリコロール/青の愛」「トリコロール/白の愛」のみ、観賞していた。
 が、今作の落ち着いた映像と叙情的な音楽で綴る幻想的な物語で、美しきふたりの”ベロニカ”を演じたイレーヌ・ジャコブが大変魅力的であり、トリコロール三部作のクシシュトフ・キェシロフスキ監督の遺作である「トリコロール/赤の愛」にイレーヌ・ジャコブが出演しているのは知っていたので、鑑賞予定を早めて、近々観ようと思う。
 映画とは、一つの作品で出会った女優さんを追いかけるのも楽しいし、好きになった監督の作品を辿ってみるのも楽しいモノである。>

コメントする (0件)
共感した! 2件)
NOBU

3.5I・ジャコブ、街並み、調度、ファッション、独特の光彩。 全てが調和...

2021年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

I・ジャコブ、街並み、調度、ファッション、独特の光彩。
全てが調和した美しさ。

欲や攻撃性や変態性と、常識や好奇心や痛みや官能が混濁した符号化した暗示的な世界。

緊張を強いる音の世界も。

しかし困った事に話の筋はなんのこっちゃ解らん。。。

本当に美しすぎて心地よい世界にどっぷりと浸り感心しつつも、常にカットインする緊張や不安が絶えない描写はホラー映画のよう。

何かが起こりそうで、何も起こらない。
けれど全てが一本に繋がっているように感じるのは、これが人の感情だからなんだろう。

でも、それを読み解くのは難しい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
trico

4.5神の手に操られた人形劇だったのかも知れない

2019年3月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

不思議な魅力を秘めた作品
主演のイレーヌ・ジャコブの魅力は無論のこと
美しい映像、空気感、音楽
それらが一体となった雰囲気があっという間に観るものを虜にしてしまう力を持っている

理屈ではない何か
別の場所で別の人生を歩むもう一人の自分
この場所で流されるままのこの自分
満たされない心
それはもう一人の人生を感じているからのか
ならばその片方を失った時にその空虚をどのように埋めたら良いのか
選ばれないのはなぜ?
彼が自分を選んだのはなぜ
理屈はない
感じるまま情熱が心を駆動させるのだ

サンラザール駅のカフェを突き止める情熱
そこで48時間を待つ情熱
選ばれた喜びと求められる不安で衝動的に逃げだす
しかし結局は追い付かれ見つけられるように期待をしてホテルの部屋をとる

熱い青春を甦らせる素晴らしいクライマックスであった
何故かはわからない求め求められる情熱が切り取られている

それは神の手に操られた人形劇だったのかも知れない

恋を忘れかけた時にこそ観るべき映画だ
恋の衝動と情熱の熱さを思い出させてくれるだろう

コメントする (0件)
共感した! 1件)
あき240

4.0女優賞総なめ

2019年1月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る