ミッション・トゥ・マーズ

劇場公開日

3%
23%
52%
19%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アンタッチャブル」「ミッション:インポッシブル」のブライアン・デ・パルマ監督によるSFスペクタクル。2020年、史上初の有人火星探査機マーズ1号が火星に降り立つが、調査を行なっていた乗組員たちが巨大な砂嵐に巻き込まれてほぼ全滅。生き残った1人も消息を絶ってしまう。当初マーズ1号に乗る予定だったジムは、マーズ2号に乗り込んで救出へと向かうが……。キャストにはティム・ロビンス、ゲイリー・シニーズら実力派がそろう。

2000年製作/114分/アメリカ
原題:Mission to Mars
配給:ブエナ・ビスタ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0ミッションは成功

2021年3月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

リドリー・スコットの「プロメテウス」と「オデッセイ」やドゥニ・ヴィルヌーヴの「メッセージ」を無理矢理に合わせたような作品!?

ってことはデ・パルマが先駆的なSFを撮った作品としての"ミッション・トゥ・マーズ"って解釈で宜しいのかと!??

前置きが長くて話の焦点が絞れず、何処に向かっている物語なのか少しの混乱と、作品の雰囲気に合っていないような異星人のLook、結果オーライなオチの付け方と微妙なラスト!???

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0フラッシュゴードンのペンダント。最初からずっと気になってしまった・・・

kossyさん
2021年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ストーリーの展開は、バランスが悪い。深刻な状況と、楽しい思い出がグチャグチャになっていて、感情をどこへ持っていけばいいんだ?とイライラしてしまう。

 小隕石が衝突して、血が飛び散るシーンはすごいと思った。NASAが全面協力というから、かなりリアルなんでしょう・・・わからないけど。そして、後半にはガラリと変わり、宇宙人が登場して、ファンタジーとなる映像。デザインはださいけど、見せてくれる地球の歴史のCGは美しく、感動的。この宇宙人のおかげで地球に生物が誕生したんですね。ジムは宇宙人と結婚するつもりなのかな?

 しかし、何故別々の映画にしなかったんだ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.0火星に「デ~ン!」と佇む●●

不死鳥さん
2019年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
不死鳥

4.02001年宇宙の旅の大衆向け廉価版

あき240さん
2019年1月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

宇宙空間や火星のシーンはかなり頑張って科学考証をしているのは分かる
いや、してもらっているのが分かる
相当なSFマニアや宇宙関係のプロフェッショナルからひとつひとつ教えてもらいながら、製作されているのが画面から伝わる

つまり製作陣が本当の意味では科学考証の理解が及んでいなく、底が浅いのが透けて見えてしまう
そこが残念という意味だ

大まかにいうとだいたいオーケーで素晴らしいシーンも多い
しかし、所々で致命的レベルの間違いがあり一気に醒めてしまうのだ

テーマも絞り切れていない
遭難した火星ミッションの救出劇なのか、異星人との遭遇あるいは未知の宇宙の果てへの旅立ちであるのか、それとも宇宙空間や無重力の驚異を描くのか

第一であれば、リドリースコット監督がオデッセイとして十数年後にそこだけに焦点を当て切り出した作品を作っている
ほとんど本作のリメイクと言っても良い内容だ

第二ならば、ズバリ2001年宇宙の旅だ
ボーマン船長がジムに置き換わっている
つまり火星での遭難、救出ミッションはHALとの闘争に相当するサスペンスという相似形をなす
他にも、本作の3年前のコンタクト、十数年後のインターステラーという名作がある

第三なら、ゼログラビティとしてこれも十数年後にそこだけを切り出した本作のリメイク的な作品として製作されている

デ・パルマ監督の意図は第二であるだろう
しかし最初に述べたように、キューブリック監督自身が科学考証にかなりのレベルまで本当に理解して製作出来ていたのに対して、デ・パルマ監督は上っ面であったことだ

結果として本作は2001年宇宙の旅の劣化リメイクというか、大衆廉価版リメイクという赴きの作品になってしまった
火星人をそのものズバリと見せてしまっては、どんなに頑張ってもチープさが漂ってしまう
火星の人面岩のモチーフを持ち込むのもそうだ
だから、ジムが遥か宇宙に旅立ってもそこには、ああ面白かった!はあっても感動はない
知的興奮も薄いものしか得られないからだ

しかし、後年にオデッセイとゼログラビティの製作に影響を与えたように、本作はそれだけのポテンシャルを持っているのは確かなのだ
それだけでも意義はある
観て損はない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ミッション・トゥ・マーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。