ホワット・ライズ・ビニース

劇場公開日:

解説

バーモントの美しい湖のほとりに建つ瀟洒な家。娘を大学へと送り出したノーマン教授と妻のクレアは二人で幸せに暮らしていた。最近隣に引っ越してきたフューアー夫妻はケンカが絶えず、心配して隣家を訪ねたクレアはフューアーの妻メアリーから「夫が恐い」と打ち明けられる。数日後、隣家からメアリーは姿を消し、それと同時にクレアの周りでは奇妙な出来事が起こりはじめる。

2000年製作/130分/アメリカ
原題:What Lies Beneath
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX AND DREAMWORKS L.L.C.

映画レビュー

3.0ヒッチには遠く及ばない

2022年11月1日
PCから投稿

ヒッチの、特にサイコを意識したらしいです。特にエンディングの音楽なんてマンマ。
但しヒッチとは比べるべくもない。ショッカーというのは溜めに溜めたここ一番のタイミングに突然現れるものです。そろそろショッカー来るなって予想できて、且つショッカーだらけじゃショックはありません。
さすがのゼメキス選手も天下のヒッチの足元にも及びませんでしたね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
越後屋

3.0ストーリー以外の驚き

2022年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

3.5ホラー&サスペンススリラー

2022年2月2日
Androidアプリから投稿

幽霊っていうかホラー的な怖さは弱め。
序盤から中盤まではけっこう退屈。終盤から手に汗握る怒涛の展開。
ラストの水中のシーンは上手く決着が着いた感じでけっこう好き。
また、憑依後記憶が戻るシーンもセンス良いと思う。
あの写真立ての裏の新聞記事がなければ真相にたどり着くことはなかっただろうな。
あれは旦那が戒めの為に貼ってたんだろうか?正直都合よく現れた大ヒントにちょっと困惑しました。っていうか証拠隠滅下手くそか。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
カミムラ

2.0それにしても何たる邦題

2020年12月16日
iPhoneアプリから投稿

当時以来の再見。
典型的驚かせ演出で繋ぐ2時間。
白基調の画は印象的。
風呂の栓で見せる映画史上最も微細なアクションシーンは楽しんだが。
それにしても何たる邦題。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きねまっきい