ノー・マンズ・ランド
ホーム > 作品情報 > 映画「ノー・マンズ・ランド」
メニュー

ノー・マンズ・ランド

劇場公開日

解説

アカデミー外国語映画賞、カンヌ映画祭脚本賞などを受賞。93年、ボスニア紛争下、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”に取り残された2国の兵士チキとニノの駆け引きに、彼らの周囲の国連防護軍や、マスコミの動きをユーモアを交えて描く。監督はボスニア戦争の最前線でドキュメンタリーを撮影した経験の持ち主。キャストもスタッフも、クロアチア、ボスニア、セルビア、英国、ベルギーなど各国の人材が集合。

作品データ

原題 No Man's Land
製作年 2001年
製作国 フランス・イタリア・ベルギー・イギリス・スロベニア合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 98分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第74回 アカデミー賞(2002年)

受賞
外国語映画賞  

第59回 ゴールデングローブ賞(2002年)

受賞
最優秀外国語映画賞  

第54回 カンヌ国際映画祭(2001年)

受賞
コンペティション部門
脚本賞 ダニス・タノビッチ
出品
コンペティション部門
出品作品 ダニス・タノビッチ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

冷徹な眼差しが卑劣な所行から笑いを誘う
ノー・マンズ・ランドの映画評論・批評

旧ユーゴの紛争を題材にした映画は何本か公開されているが、この映画には画期的というべき魅力がある。「ブコバルに手紙は届かない」や「パーフェクトサークル」、「ボスニア」は、作り手にとって悲劇があまりに身近すぎることが、無意識のうちに映画の...ノー・マンズ・ランドの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全8件)
  • 戦争をユーモラスに擬人化 ・ボスニアとセルビアの中間地帯で両軍の兵士が地雷を挟んで一触即発、だが何だか滑稽に映る戦争の縮図 ・中立の立場の国連防護軍は武力を使わない、わらわらと湧くマスコミ、多言語が飛び交う現場、現場と上... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • prom-1と言うらしい ネタバレ! わかりにくい戦争の話を、わかりやすく個人と個人との話に 置き換えた映画だと感じた。 作者の戦争観はスっと伝わってくるし、確かにわかりやすいが、 心情描写や状況設定の大事な部分で非現実的なところが... ...続きを読む

    いもりり いもりりさん  2016年1月10日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 凄い戦争映画 ネタバレ! 「戦争って何でするの?」と聞かれてまともに答えられる人は多くないかもしれません。私もその一人です。民族が違うからとか歴史的にとかお金儲けするためとか。 この作品はボスニア紛争が舞台となっています... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2015年5月3日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

鉄くず拾いの物語 美しき運命の傷痕
鉄くず拾いの物語 (字幕版) 美しき運命の傷痕 (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ノー・マンズ・ランド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi