日本沈没

劇場公開日

日本沈没
日本沈没
1%
13%
48%
18%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1973年にもオールスターキャストで映画化された小松左京によるSF小説を「ローレライ」(05)で長編劇場映画デビューを果たした樋口真嗣監督がリメイク。日本海溝直下の大規模な地殻変動により日本列島の大部分が海中に沈むという予測が発表され、その発表を前後してマグニチュード8クラスの大地震が連続発生する。

2006年製作/135分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2006 映画「日本沈没」製作委員会

映画レビュー

0.5日本映画のダメなところを

2018年8月10日
iPhoneアプリから投稿

端的に示した映画です。

原作も読んでることを前提にですが、着想や基本的なストーリーは悪くないと思います。
CGにおいては当時の日本にしてはかなり頑張ってると思います。国や行政の対応や有事法制においての自衛隊の動員の動きについてもそれほどまでには違和感はないように感じました(法曹界出からの視点でも)。

ただやはりいつの時代においてもですが、メインキャストが不適格過ぎます、特に演技力。
また他の方も仰っておられますがこの映画に恋愛の要素は微塵も必要ないと思います(個人的には家族愛の要素も必要ないと思います)。

どこに視聴者の着眼をもっていかせたいのかにもよるとは思いますが、自然災害からの危機管理に対しての警鐘に主眼を置くのであればやはりそこだけに注力するべきであり、へんに色んな要素を取り入れると全体がぼやけてしまい、あまりの非現実さとアホくささが蔓延して来てしまい集中力もかけ、一気に苦痛な時間が流れ出してしまう、そんな作品に仕上がっていました。

いつまでたっても日本の映画は世界的にも三流以下の地位から抜け出せない理由がよく分かる反面教師的な映画であると言えると思います。

一言で言うと勿体無くサイテー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bar 道真

3.0命よりも大切なものがある。

2018年6月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、DVD/BD、映画館

泣ける

悲しい

1973年公開の「日本沈没」(以下、オリジナル版と記述)のリメイク版。
原作は言わずと知れた小松左京の大ベストセラー小説。本作公開前に読了し、深夜放送されていたオリジナル版を鑑賞した上で、祖父と共に映画館に足を運びました(その映画館は今はもうありません…寂しい…)。

監督は、後に庵野秀明と共に「シン・ゴジラ」を世に送り出すことになる樋口真嗣です。
オリジナル版に魅了され、映画への道を志したと語る樋口監督だけあって、随所に同作へのオマージュ・シーンが散見されました。
特にオープニングの日本の風景を映し出していく映像の中で、“原作 小松左京”の文字がクレジットされるシーンはアングルがそのままでした。

醍醐味であるディザスター・シーンは特撮とCGのハイブリッドで描かれていて、めちゃくちゃ迫力がありました。
特撮スタッフには、「ゴジラ」シリーズや「平成ガメラ三部作」で活躍したメンバーが数多く参加していて、特撮ファンとしては心底堪りませんでした(笑)
阿蘇山噴火に伴う火山弾が熊本市内を襲うシーンが一番好きです。火砕流に呑み込まれる人々と街…熊本城に火山弾が直撃し名城が無惨に破壊されてしまう様は、特撮怪獣映画の新作に飢えていた当時の私にとって無条件に興奮し心がたぎる場面でした。

未曾有の災害に直面した人々の織り成す人間ドラマが深い感動を誘いました。
中でも、小野寺と玲子の恋愛模様がオリジナル版よりもエモーショナルで、涙腺を刺激して来ました。
愛を確かめ合った翌朝、何も告げずに行こうとする小野寺を玲子が追い掛け、主題歌「Keep Holding U」をバックに抱き合い、名残を惜しむかのように抱き合い、見つめ合うシーンが最高です。何回観ても泣いてしまいます…。

愛する者を守るため、日本を救う作戦への参加を決意する小野寺を後押しする言葉として、長山藍子演じる小野寺の母の「命よりも大切なものがあるの」というセリフが登場しました。当時中学2年生だった私は初めてそのセリフを聞いたとき、全身を貫かれるような衝撃を覚えました。
「命より大切なものなどこの世には無い」という言葉は映画やドラマ、小説などよく聞いたり読んだりして、まさしくその通りだと信じていましたが、愛するもの、大切なものを心の底から守り切ろうと思うのなら、自らの全てを捧げるくらいの強い覚悟が必要なのだと教えられた気がしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しゅうへい

1.5震災後に見たら、あまりにもチープ。

まおさん
2017年12月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

今更、この映画を見て、一体いつの映画なんだと確認したら、震災前。
だから、こんなチープなものが作れちゃったのねという感じだった。
そして、今頃、レビューを見て、これがリメイク版と知った私。
じゃあ、一体全体なんでまたこんな中途半端なものをリメイクしちゃったのさと思わずにいられない。
草なぎくんの演技はそれでも好きだけどねと思って、星1つ半にしました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まお

1.0あちゃー

須賀さん
2017年10月9日
Androidアプリから投稿

やっちまったな~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
須賀
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「日本沈没」シリーズ関連作品