日本沈没

劇場公開日

日本沈没

解説

1973年にもオールスターキャストで映画化された小松左京によるSF小説を「ローレライ」(05)で長編劇場映画デビューを果たした樋口真嗣監督がリメイク。日本海溝直下の大規模な地殻変動により日本列島の大部分が海中に沈むという予測が発表され、その発表を前後してマグニチュード8クラスの大地震が連続発生する。

2006年製作/135分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2006 映画「日本沈没」製作委員会

映画レビュー

3.51973年の作品よりも人間同士の物語性が増してよかったと思う。 た...

省二さん
2022年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1973年の作品よりも人間同士の物語性が増してよかったと思う。
ただ海外に避難するだけでなく、海外に行けない人のことも念頭において被害をできるだけ食い止める作戦を遂行したのが特徴。
犠牲になる人間もいたが、そのおかげで日本列島の完全沈没を防ぐことができ、前作よりも希望を持ったエンディングだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

3.0テーマから外れたような

2022年7月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2回目の映画化で、特撮技術の進歩を見せられる。
キャスティングが微妙で、テンポが乱れる。
国家とは?というテーマから離れたような気がするが、よくぞ考えたものだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0感心した点①日本を⚪⚪させない、という終わり方(後は知らんでー、だけど)②新しい総理大臣を女性にしたこと

2022年4月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

①進歩した特撮技術を見せることとラヴストーリーとが中心で、「日本」という国の存在・姿自体に関する視点がないので、1973年版より底が浅い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0東日本大震災以降では見方が変わる作品

雨水さん
2022年3月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

東日本大震災と3日前の地震の後で見ると津波や地震、何より"日本沈没"の描写が生々しく災害が起こるシーン毎に心が抉られる。正直それで一杯一杯で恋愛はそこまで印象に残らなかったかな。
ただ尺の都合上少し駆け足ぎみだったのが残念。

物語自体も面白かったので観て良かった。
そして「もし本当に日本が沈む時(外国に逃げられたとしても)自分はどうするか」考える作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨水
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「日本沈没」シリーズ関連作品