モーターサイクル・ダイアリーズ

ALLTIME BEST

劇場公開日

モーターサイクル・ダイアリーズ
16%
56%
24%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

キューバ革命の指導者チェ・ゲバラが、青年時代に親友と2人でオートバイで挑戦した南米大陸横断の旅を、「天国の口、終りの楽園。」の人気俳優ガエル・ガルシア・ベルナルの主演で映画化。親友役は実際にゲバラのはとこにあたるロドリゴ・デ・ラ・セルナ。監督は「セントラル・ステーション」のウォルター・サレス。23歳の喘息持ちの医学生エルネストは、親友と2人で中古バイクで南米を旅してさまざまな人々に出会っていく。

2004年製作/127分/イギリス・アメリカ合作
原題:The Motorcycle Diaries
配給:日本ヘラルド映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 アカデミー賞(2005年)

受賞

主題歌賞

ノミネート

脚色賞 ホセ・リベーラ

第62回 ゴールデングローブ賞(2005年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第57回 カンヌ国際映画祭(2004年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ウォルター・サレス
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0まーちがーえたー!

UNEmiさん
2020年11月22日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

4.0チェ・ゲバラの青春ロードムービー

Gustavさん
2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ブエノスアイレスからカラカスまで1万キロ以上にも及ぶ旅を通して、青年チェ・ゲバラの成長と自己確立の過程を南米の大自然を背景に描破したロードムービー。共産主義の思想面には深入りせず、あくまで医師を目指したチェ・ゲバラの人に役立つ仕事を使命とする人生観に裏打ちされた純粋さに焦点を当てているのが良い。特にサンパブロの療養所でのエピソードが素晴らしい。貧困による差別と理想主義の狭間で苦悩するチェ・ゲバラの言動をデリケート且つ丁寧に描写している。一つの教養小説の領域にあるといっていい真摯さは、制作者レッドフォードと主演ベルナルの個性に負うところが大きいと思う。サレス監督の詩的な映像タッチにも快い印象を持つ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

3.5旅をする理由は旅をするから

2020年3月7日
iPhoneアプリから投稿

ロードムービーでありながら主人公は
キューバ革命の象徴であるチェ・ゲバラ。

彼がいかにして革命に傾倒していったのか。

旅を通して国境という無意味な境界線で
南アメリカ大陸が分断されていることを
肌で感じたことを知ることができる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
からあげ500g

3.5エルネストの原風景

2020年1月1日
Androidアプリから投稿

ロバートレッドフォードが世に出す映画はリバーランズスルーイッツもそうだが淡々としながらも心に滲みこみ永久に忘れられなくなるような珠玉の名作となる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
十二滝わたる
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「モーターサイクル・ダイアリーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。