ラスト サムライ

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラスト サムライ
ラスト サムライ
16%
51%
27%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

かつての南北戦争の英雄、オールグレン大尉は戦争の無意味さに疲弊し、今はアル中暮らし。そんな彼が、近代化を目指す日本の軍隊の教官として雇われて日本へ渡り、国を挙げての近代化の波の中でサムライの生き方を貫こうとする武将、勝元に出会う。 監督・共同脚本はデンゼル・ワシントンにオスカーをもたらした南北戦争映画「グローリー」のエドワード・ズウィック、共同脚本は「グラディエーター」のジョン・ローガン。

2003年製作/154分/アメリカ
原題:The Last Samurai
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 アカデミー賞(2004年)

ノミネート

助演男優賞 渡辺謙
衣装デザイン賞 ナイラ・ディクソン
美術賞  
音響録音賞  

第61回 ゴールデングローブ賞(2004年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(ドラマ) トム・クルーズ
最優秀助演男優賞 渡辺謙
最優秀作曲賞 ハンス・ジマー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5真田ファンで良かった・・・と思える映画でした。

よしさん
2020年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

明治維新の日本。改革を拒否し古き良き時代を守ろうとする武士と、それを助ける米国軍人の物語。

トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之共演のアクション時代劇です。
真田広之は勿論、トム・クルーズの殺陣も迫力満点です。クライマックスの合戦シーンも流石ハリウッド。
欲を言えば、真田広之の殺陣をもっと堪能したかった。「トム・クルーズがわざとシーンを削った」との逸話もありますけど、本当なら残念でなりません。
また、仕方がないのですが、やはり日本人として明治維新の歴史を知っているだけに違和感を感じるところは幾つかありました。それでも、日本の歴史をリスペクトしてくれているとも感じられたのが救いですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.5けけけ謙さーーーーん!!!!つД`)・゚・。・゚゚・*

alalaさん
2019年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

いやー、安定の号泣でしたわ…
泣ける系の映画は絶対泣くのはわかりきってるんで箱ティッシュ用意してましたが、でも思ってたほどではなかったです。
…映画館で観てたら隣の人がヒくくらいには泣いてたな。

最初に言っておきますが、歴史的事実に基づいて作った作品では「ありません」!
突っ込まない!お約束!
わかってるでしょ!!ハリウッドですよ!!!
コソコソ~って忍者が出てきたシーンで「あっ(察し)」ってわかったでしょ!!!

でもサムライ・ニンジャ・ハラキリ・ゲイシャ!みたいな外国人の想像する「ザ・日本」映画の中では、かなりの力作かと思います。少なくとも自分は歴史を知らなければ(つまり外国人の立場なら)かなり引き込まれる内容だったと思います。
歴史の蘊蓄語りたがるタイプの人じゃなければ充分楽しめる内容だと思いますし、「侍」というキャラクターを使ったフィクション映画と思って見ればもっと高い評価がついてても良かったと思いますが…。
久々に序盤からちゃんと集中して見られました(でも、ちょっと長かったかなーとか…)。

トム・クルーズ、渡辺謙さんはもちろん、演技がどの俳優も良い味出してて、とても良かったです。特に自分、小雪が好きじゃないんですが、今作での演技は良かったです。
個人的に、トムは和みパート、謙さんは圧倒的に戦パートの演技が素晴らしくて、凄く好きです。

トムは、ハリウッドでドル売り扱いされていたのを実力で認めさせたくらいなので、勿論演技は素晴らしいんですが、でも流石に殺陣では謙さん・真田さんには敵わなかったなと個人的には思いました。
あくまで「外国軍人に刀を持たせてちょっと使い方教えたらオリジナル殺陣やりだした」くらいの動きです。せっかく真田さんに(映画の中で)OKもらったのに。力強いけど、粗野で雑な野武士みたいな(笑)動き。

和みパートでのトムは、言葉が通じない中、村の人々と打ち解けるために試行錯誤するトムが可愛くてしょうがない。徐々に慣れて心を開いてくる子供達も可愛い。
序盤は普段のハリウッド映画では見られないようなトムの可愛い演技が見られ、撮り方も当然トム主演!の雰囲気を醸し出してます。謙さんはちょっと豪快で穏やかなオッサンで、重要脇役くらいの感じ。まさしく「助演」です。が。後半、戦場での演技となったら、立場が逆転。
刀を持らせたらもう、謙さん以外に目が行かない!というくらい、もはや主役のオーラ出してました。殺陣も切り付ける時は力強く、振り返る仕草は舞いのように美しく、演技でここまで気迫を出せるかと思うほど。こんな人が目の前に立ってたら戦場でもチビるわ…
いや、トムも悪くなかったっていうか、かなり上手かったんだと思うんですけどね。でもね。あれを殺陣とは…謙さんの前では!!認めない!!!(うるせぇなぁ)

また、映像はかなり凝ったようで、村の様子もとても美しいです。イメージは桃源郷ですか?
侍そんなとこに住んでねーよとかいう突っ込みはなしです。「日本人は不思議な民族」とかそりゃあんな妖精いそうな村に住んでりゃ不思議な民族にもなるだろとかいう突っ込みはなしです。
あの村見て「こんなとこ住みてーなー」と思う人は多いんじゃないでしょうか。虫多そうだけど。ちょっとうっかりDVD欲しくなるくらいにはこのシーンが長閑で美しい。癒されます。最後に怒涛の戦シーンがくると思うと…ここで存分に癒されたくなります。

ストーリー展開としてはありがちというか、「侍」で「ハリウッド」といったら十中八九こうなるだろうね、と予想のつくストーリーでしたが、それを補って余りあるくらいには映像・キャスティング共によく出来ていたと感じました。

いやはや、もう謙さんの死に様に…いや、生き様に☆1つ2つ足しても悔いはないです。
トム・クルーズを今まで全然イケメンと思わずタラ~っとしか見てなかった自分に「意外と可愛いなこの人…」という新たな扉を開かせてくれたのも含めて☆4.5。
本当は5でも良いけど、それじゃ流石に甘やかしすぎかなと思うので…

武士道、侍魂、死に様、生き様…自分がどう生きるのか、それが後世にどんな影響を及ぼすのか。そんなことを考えたい人にはお勧め。
自分なんかが後世に何か残せるわけない、と思っている人が殆どだと思いますが、人に紛れて無難な生き方してりゃそりゃそうだよな…と思わせてくれる作品でした。
負け戦でも、あれだけ相手をビビらせたら勝ちだわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alala

3.0美しい日本人

[#D2TV]さん
2019年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

所々理解不能な所があるくらいの軽い気持ちでみたけど、美しい作品だと思う。
大人になって時間を味わいながらこの作品を楽しめる人になりたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
[#D2TV]

4.5何度も帰ってきたくなる理想郷

2019年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

萌える

マルコ・ポーロ氏著作『東方見聞録』の”黄金の国ジパング”を彷彿つとさせる。
見果てぬ夢の国。理想郷。

物質文化であり、拝金主義であり、競争文化に追い付け、追い越せと、やっきになった富国強兵。

そんな世界の対極として描かれる勝元達の集落。
 それぞれのシーンに酔いしれていつまでも浸っていたくなる。

脚本的には突っ込みどころは満載。

 ではあるものの、
USAが、USAなりの解釈を混ぜて、USAが受け取ったエッセンスだけを見事に映画化した作品。

なのに日本人である私も、時々、あの集落に帰ってきたくなり、リピートしてしまう。
郷愁をくすぐられるような、理想郷にたどり着いたような映画。

日舞の名取でもあり、JACの一員として忍者とかを演じられていた真田氏に、全く引けをとらない殺陣・所作をみせるトム様が格好いい。
特に、集落で氏尾がネイサンを切りつける場面、真剣だとどこかで読んだ。ふう。本気の役者たちが熱い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る