劇場公開日 2003年12月6日

ラスト サムライのレビュー・感想・評価

3.537
15%
51%
28%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全37件中、1~20件目を表示

4.5真田ファンで良かった・・・と思える映画でした。

よしさん
2020年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

明治維新の日本。改革を拒否し古き良き時代を守ろうとする武士と、それを助ける米国軍人の物語。

トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之共演のアクション時代劇です。
真田広之は勿論、トム・クルーズの殺陣も迫力満点です。クライマックスの合戦シーンも流石ハリウッド。
欲を言えば、真田広之の殺陣をもっと堪能したかった。「トム・クルーズがわざとシーンを削った」との逸話もありますけど、本当なら残念でなりません。
また、仕方がないのですが、やはり日本人として明治維新の歴史を知っているだけに違和感を感じるところは幾つかありました。それでも、日本の歴史をリスペクトしてくれているとも感じられたのが救いですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.5けけけ謙さーーーーん!!!!つД`)・゚・。・゚゚・*

alalaさん
2019年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

いやー、安定の号泣でしたわ…
泣ける系の映画は絶対泣くのはわかりきってるんで箱ティッシュ用意してましたが、でも思ってたほどではなかったです。
…映画館で観てたら隣の人がヒくくらいには泣いてたな。

最初に言っておきますが、歴史的事実に基づいて作った作品では「ありません」!
突っ込まない!お約束!
わかってるでしょ!!ハリウッドですよ!!!
コソコソ~って忍者が出てきたシーンで「あっ(察し)」ってわかったでしょ!!!

でもサムライ・ニンジャ・ハラキリ・ゲイシャ!みたいな外国人の想像する「ザ・日本」映画の中では、かなりの力作かと思います。少なくとも自分は歴史を知らなければ(つまり外国人の立場なら)かなり引き込まれる内容だったと思います。
歴史の蘊蓄語りたがるタイプの人じゃなければ充分楽しめる内容だと思いますし、「侍」というキャラクターを使ったフィクション映画と思って見ればもっと高い評価がついてても良かったと思いますが…。
久々に序盤からちゃんと集中して見られました(でも、ちょっと長かったかなーとか…)。

トム・クルーズ、渡辺謙さんはもちろん、演技がどの俳優も良い味出してて、とても良かったです。特に自分、小雪が好きじゃないんですが、今作での演技は良かったです。
個人的に、トムは和みパート、謙さんは圧倒的に戦パートの演技が素晴らしくて、凄く好きです。

トムは、ハリウッドでドル売り扱いされていたのを実力で認めさせたくらいなので、勿論演技は素晴らしいんですが、でも流石に殺陣では謙さん・真田さんには敵わなかったなと個人的には思いました。
あくまで「外国軍人に刀を持たせてちょっと使い方教えたらオリジナル殺陣やりだした」くらいの動きです。せっかく真田さんに(映画の中で)OKもらったのに。力強いけど、粗野で雑な野武士みたいな(笑)動き。

和みパートでのトムは、言葉が通じない中、村の人々と打ち解けるために試行錯誤するトムが可愛くてしょうがない。徐々に慣れて心を開いてくる子供達も可愛い。
序盤は普段のハリウッド映画では見られないようなトムの可愛い演技が見られ、撮り方も当然トム主演!の雰囲気を醸し出してます。謙さんはちょっと豪快で穏やかなオッサンで、重要脇役くらいの感じ。まさしく「助演」です。が。後半、戦場での演技となったら、立場が逆転。
刀を持らせたらもう、謙さん以外に目が行かない!というくらい、もはや主役のオーラ出してました。殺陣も切り付ける時は力強く、振り返る仕草は舞いのように美しく、演技でここまで気迫を出せるかと思うほど。こんな人が目の前に立ってたら戦場でもチビるわ…
いや、トムも悪くなかったっていうか、かなり上手かったんだと思うんですけどね。でもね。あれを殺陣とは…謙さんの前では!!認めない!!!(うるせぇなぁ)

また、映像はかなり凝ったようで、村の様子もとても美しいです。イメージは桃源郷ですか?
侍そんなとこに住んでねーよとかいう突っ込みはなしです。「日本人は不思議な民族」とかそりゃあんな妖精いそうな村に住んでりゃ不思議な民族にもなるだろとかいう突っ込みはなしです。
あの村見て「こんなとこ住みてーなー」と思う人は多いんじゃないでしょうか。虫多そうだけど。ちょっとうっかりDVD欲しくなるくらいにはこのシーンが長閑で美しい。癒されます。最後に怒涛の戦シーンがくると思うと…ここで存分に癒されたくなります。

ストーリー展開としてはありがちというか、「侍」で「ハリウッド」といったら十中八九こうなるだろうね、と予想のつくストーリーでしたが、それを補って余りあるくらいには映像・キャスティング共によく出来ていたと感じました。

いやはや、もう謙さんの死に様に…いや、生き様に☆1つ2つ足しても悔いはないです。
トム・クルーズを今まで全然イケメンと思わずタラ~っとしか見てなかった自分に「意外と可愛いなこの人…」という新たな扉を開かせてくれたのも含めて☆4.5。
本当は5でも良いけど、それじゃ流石に甘やかしすぎかなと思うので…

武士道、侍魂、死に様、生き様…自分がどう生きるのか、それが後世にどんな影響を及ぼすのか。そんなことを考えたい人にはお勧め。
自分なんかが後世に何か残せるわけない、と思っている人が殆どだと思いますが、人に紛れて無難な生き方してりゃそりゃそうだよな…と思わせてくれる作品でした。
負け戦でも、あれだけ相手をビビらせたら勝ちだわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alala

3.0美しい日本人

[#D2TV]さん
2019年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

所々理解不能な所があるくらいの軽い気持ちでみたけど、美しい作品だと思う。
大人になって時間を味わいながらこの作品を楽しめる人になりたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
[#D2TV]

4.5何度も帰ってきたくなる理想郷

2019年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

興奮

萌える

マルコ・ポーロ氏著作『東方見聞録』の”黄金の国ジパング”を彷彿つとさせる。
見果てぬ夢の国。理想郷。

物質文化であり、拝金主義であり、競争文化に追い付け、追い越せと、やっきになった富国強兵。

そんな世界の対極として描かれる勝元達の集落。
 それぞれのシーンに酔いしれていつまでも浸っていたくなる。

脚本的には突っ込みどころは満載。

 ではあるものの、
USAが、USAなりの解釈を混ぜて、USAが受け取ったエッセンスだけを見事に映画化した作品。

なのに日本人である私も、時々、あの集落に帰ってきたくなり、リピートしてしまう。
郷愁をくすぐられるような、理想郷にたどり着いたような映画。

日舞の名取でもあり、JACの一員として忍者とかを演じられていた真田氏に、全く引けをとらない殺陣・所作をみせるトム様が格好いい。
特に、集落で氏尾がネイサンを切りつける場面、真剣だとどこかで読んだ。ふう。本気の役者たちが熱い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.5西郷さんだと思って見ると号泣する

asicaさん
2019年11月17日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
asica

4.0コテコテのハリウッド映画

tさん
2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ハリウッドが大金かけて、ここまで日本をヨイショしてくれるとは・・・。
こんな金のかかりそうな撮影は、日本はできませんよ。
コテコテのハリウッド映画。

この映画の面白いところは、アメリカ人が「そうであって欲しい」と願っている「日本」が描かれているところ。
史実とは大分違うけれど、それがやりたいんなら、別に良いと思う。
徹底的に史実を改変していただいて、一向に構わない。
むしろ、俺は面白かったよ・・・。大絶賛。
スピリチュアル武士道!万歳!万歳!

・・・であるからこそ、ツッコミどころ多くて面白いのが、本作の魅力www。

まず、武士道が宗教になっちゃってる。トムのアルコール依存症もたちまち治っちゃう。俺も入ろうかなwww。
てゆーか、渡辺謙率いる反乱軍が住んでいたサムライ達の集落、なんだあの桃源郷は笑?武士道の聖地か何かですか?
あのさぁwww江戸時代の武士ってのはサラリーマンなのですよ。今でいう「企業戦士a.k.a社畜」みたいなもん。
廃刀令における反乱は、武士の既得権益(経済・地位)を守るための反乱。彼らの行動原理は刀への信心ではないからwww。

続いて刀繋がりで・・・
刀だけで鉄砲に対して突っ込むとか、んなアフォなwww。
(まあ仕方ないか。この映画の中での武士道は宗教だもんな。)
榎本武揚率いる旧幕府軍の装備でさえ西洋化されていたでしょう?
それで分かるでしょう?本当は武士道を守ろうなんて崇高な人間は一人もいなかったってことがさwww。
西欧の武器商人が西南戦争時の旧式装備を日本の両軍に売りつけて、日本列島で殺し合いを勃発・・・これ以上は陰謀論になるのでよそうwww

あとみんな気づかないのかな?これ。
武士(というよりは当時のほぼすべての日本人)は天皇に対して忠誠を誓っていませんよ?www。
彼らの主君(雇い主)は幕府であります。
そもそも、天皇=神、という考え方を国民に広めたのは明治政府です。
岩倉使節団は、アメリカの強さの根源は絶対神(キリスト教)にあると分析し、それから天皇が絶対神になったのです。
まあだから、アメリカ人が、天皇がキリスト教みたいなもんなんだと勘違いするのも無理はないのですが・・・。

ジャポンといえば寿司・天ぷら・芸者・忍者!
その忍者が無理やり登場・・・やっぱ忍者を登場させたかったんだろうなぁ。
我慢しきれず登場させちゃう中二病精神はベリベリグッドです!
でもね。本作の忍者はアメリカの特殊部隊にしか見えなかったよ。

・・・いやぁ、本当に楽しい映画だ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t

3.0日本の風景ではないところでガックリ😞💨

2019年6月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

日本の風景ではないところでガックリ😞💨

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0迫力ありました

光陽さん
2018年11月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

西洋人が主人公だからこそ逆に際立つ武士の世界。
とても迫力ありました。
トム・クルーズがかっこよかったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
光陽

4.5日本人の生き様、死に様。

2018年7月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

何度見ても良い映画。日本人の生き様と死に様を感じる。西南戦争に重ねてみることはないが、日本の歴史の転換期を色々と学ぶのはそんなに悪くない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
masayan_yade

3.5日米ともに

2018年4月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

善玉と悪玉を作るなどバランスを取ってるのがうかがえます。私腹を肥やす、出世だけしか考えてないという陳腐な悪玉設定はいかにもハリウッド的ですが。
でも官軍側(つまり元サムライ)が勝元に敬意に払うシーンはなんか感動してしまいました。
日本人全般の描きかたは、あまりハリウッド臭がなくて好感が持てました。
騎馬の登場の仕方なんかは黒澤映画の影響受けてる感じですね、まあ侍の映画を撮るとなれば、参考にするのは当たり前か。殺陣だけでなく馬のアクションにもこだわってる気がしました。
それにしてもこの映画の小雪は美しいなぁ。小雪が作中ほぼ唯一の女性という男くささ全開の映画なのでひときわ癒されます。見とれます。台詞も素朴で多くないけどかえってそれがいいんでしょうね。
「グローリー」の監督だったんですね。「グローリー」より良かったと思うけどそれは南北戦争と幕末維新とで関心度が違うからだけかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
肉ネ~ム

5.0凄かった

2017年12月25日
Androidアプリから投稿

自分はストーリーにのれました。
あら探しをすると楽しめないのは当たり前。
日本に似た『にほん』という国の物語として観ればいいんではないでしょうか?

最後はあの音楽と相まって、なんだか涙が出てしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニコライ

2.0退屈だった

2017年10月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

自分にはピンと来るところがなくて、何度も寝てしまった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん

4.0大画面で見たかった!

fukui42さん
2017年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「どうせハリウッドが作った、時代劇でしょ。2時間半近くもあるし~」。あれから14年。私のバカチン! なぜもっと早く観なかったのだ。

日本人が作ったのではないので、まあちょっと喉に引っかかる「???」感はあるのですが。1876年って何時代?って感じなので、時代に抵抗する・部下を守る・家族を守る。そういう精神はどこの国も同じですね。

圧巻はやはり渡辺謙さん。すごいよ。トムを食ってます完全に。あと、明治天皇の中村七之助さん。ハマってました。高貴な身分がぴったり。

一度見ておいて損はない作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42

3.0需要

霧霧さん
2017年7月17日
iPhoneアプリから投稿

ハリウッドが作った日本映画としては、できる限り突っ込みどころを少なく抑えて日本人でもそれなりに見れる映画になっていると思う。
テーマとなっている武士道や和の心の部分は、日本人であることを誇らしく思える一方で、この政府同様にいまの日本にはもはやそんな心が欠けていて、ちょっと恥ずかしく情けなくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
霧霧

3.5日本らしくはないけども。

2017年6月1日
PCから投稿

日本らしくない。とか 時代考証がおかしい。
とかを抜きにすれば、かなりかっこいいし面白い映画だったと思います。

しかし、この映画を見ていると、なんだか黒澤映画が見たくなります。
あの泥臭い時代劇。最近見なくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.0トムクルーズと渡辺謙の存在感がすごかった。

tomoさん
2017年1月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

トムクルーズと渡辺謙の存在感がすごかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tomo

4.0●武士道ここにあり。

2016年12月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

思わず背筋がピンとする。そんな一本だ。アメリカ人に日本のよさを教えられる。侘び寂び。運命(さだめ)。

「戦場を見た者は、皆そう思うものだ。そんな時、わしは先祖が建てたこの寺に戻る。そして思い出す。"人も桜もいつかは散る"と。吐息ひとつにも生命が宿り、一杯の茶にも、敵のすべてにも生命があると思う。それが侍の生き様だ」
「完璧な桜の花の美は一生をかけても見つけるに値する」

いいね。ラストは、アメリカ人的だけども。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うり坊033

2.5思っていたより

向日葵さん
2016年9月6日
Androidアプリから投稿

平凡な作品でした。
ただ渡辺謙の演技は流石。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
向日葵

4.0渡辺謙ハリウッド・デビュー作

亮一君さん
2016年8月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

トム・クルーズ演じるネイサン大尉が、実在の人物だと錯覚するほどストーリーが良く出来た作品。ただ日本人として不自然さを感じないよう吹き替え版でこの映画を観た。日本人に人気のトム・クルーズを採用したのはビジュアル的には成功だったし、渡辺謙、真田広之のハリウッド映画デビュー作としても世界的には成功して良かったと思う。日本国の描き方はイマイチだが、武士道精神を理解しようとする努力は感じられた。現代の日本人でも武士道はもう解らないのでは・・(笑)明治初期の国内は、攘夷か開国かで旧幕府軍と新政府軍が争っていたので、サムライと鉄砲隊の戦争はフィクションで創作となると色んな面で少し難しいかな・・まぁ、とにかくハリウッド映画の派手さは映像からは充分感じられた・・2003年のアメリカ映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
亮一君

3.0渡辺謙

Ayakaさん
2016年7月22日
iPhoneアプリから投稿

渡辺謙がトムクルーズに劣らず、迫力があります。

日本人とは思えないくらい、俳優陣も濃ゆい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ayaka
「ラスト サムライ」の作品トップへ