秋菊の物語

ALLTIME BEST

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

美しさと色気を兼ね備えた女性を演じることに定評のあるコン・リーが、「紅いコーリャン」「菊豆」とは打って変わり、身重の田舎娘を演じる。夫が村長との言い争いから、股間を蹴られてケガをする。妻の秋菊は村長のもとを訪ねるが、彼はまったく詫びる気がない。怒りの収まらない妻は警察に訴え、いつしか裁判沙汰へと発展していく。チャン・イーモウ作品は2年連続ベネチア映画際に出品され、本作で見事、金獅子賞、主演女優賞を獲得した。

1992年製作/101分/中国・香港合作
原題:秋菊打官司 The Story of Qiu Ju
配給:フランス映画社

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 ベネチア国際映画祭(1992年)

受賞

金獅子賞 チャン・イーモウ
ボルピ杯(最優秀女優賞) コン・リー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0イライラして、そして面白い

Imperatorさん
2021年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ベネチア金獅子賞、主演女優賞」も、納得の面白さであった。

裁定に納得のいかない主人公・秋菊が、次から次へと上訴を繰り返すので、どんどん行政単位が大きくなっていくのが面白い。
村、郡、県、市、そしてついに北京へ。北京では、さらに控訴・・・。

1992年制作とのことだが、当時の中国の景色や風俗が活写されているのも、また興味深い。
舗装路のない寒村から出発して、ビルが建ち並ぶ交通量の多い都会まで。
農村の祝いの行事から、シュワルツネッガーのポスターまで。
人々の服装も替わっていくし、物価もどんどん上がっていく。
インターネットの無い時代、地方から出てきた田舎者は、右も左も分からず、こんな感じだったのかもしれない。

ストーリーも良くできている。
話は堂々巡りで、対立する秋菊と村長の双方に、イライラさせられる。
しかし、ラストでは急展開を見せ、意外な結末に驚かされる。
ただ、実際の役人はもっと冷淡で、悪質な人間も多いはずだ。リアリティには欠けるが、そこが本作品の面白さでもある。

ストーリー、行政システム、時代を感じさせる風俗、そして様々な風景。
美貌のコン・リーが、田舎者の妊婦を演じ切っているという、コントラスト。
中国では女性が強いのか、秋菊は周囲の人間から「困った奴だ」とあきれられながらも、「女のくせに」と言って差別・抑圧されないのも、興味深い。

いろんな意味で面白い。決して、話の筋だけが見どころではない。
一粒で、何度もおいしい映画である。
<中国映画の展開(@国立映画アーカイブ)にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Imperator

4.0経済発展に取り残された農村の無学の娘が正義感ゆえに引き起こす騒動を喜劇的に描いているようで実は現代中国の問題を暗喩している問題作ですね。

2020年8月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

①田舎弁丸出しの素朴で小汚い(すみません)村娘に扮したコン・リーに驚かされる。まんま農村の若妻なんだもの。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る