インプラント

劇場公開日

インプラント
0%
0%
25%
75%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大学院生ジュリアに、突然、幼なじみのビリーからの呼び出しが。数年振りに再会したビリーは身体に奇妙な傷があり、「暗闇に気をつけろ。俺は助からない」という言葉を残して、彼女の目の前で自殺する。その日以来、ジュリアの身の回りで奇妙な出来事が起こり始め、彼女の身体にも彼と同じ謎の刻印が浮かび上がってくる。彼女は幼なじみたちと協力して、謎の正体を探っていくが。監督は「ヒッチャー」のロバート・ハーモン、主演は「アンブレイカブル」「恋する遺伝子」のローラ・レーガン。

2002年製作/89分/アメリカ
原題:They
配給:ギャガ・ヒューマックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0原題はTHEY。インプラントなんていうからSFぽいのかと思ったけど...

yonda?さん
2021年3月24日
スマートフォンから投稿

原題はTHEY。インプラントなんていうからSFぽいのかと思ったけどそんな要素はなし。
襲われた時に骨みたいなモンスターの体の一部がの残ったからこんな邦題にしたのか。闇の中にいる正体不明のモンスターもの。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.0暗闇への恐怖

Minaさん
2021年1月6日
Androidアプリから投稿

幼少期、独りで寝室にいるのが怖くてリビングにいる母や父の様子を見に行って「早く寝なさい!」と注意をされたものだ。振り返ると、独りが怖かったのも確かだが、暗闇が非常に怖かった思い出がある。闇は、本当に異質な存在だ。普段見慣れている自室でも、電気を消して真っ暗にするとどこか視線を感じるような不安感に襲われる。そんな誰しもが感じる暗闇への恐怖を描いたのが本作だ。放題の「インプラント」だとエイリアンものだと思ってしまうが、本作はエイリアンでも歯医者でも無い、真っ当なオカルトホラーだ。

過去に暗闇への恐怖を抱いていた経験を持つ若者に、ある人物の死を皮切りに再び恐怖が襲い来るというストーリー。冒頭のクローゼットに引きづりこまれる少年等、描写はそれぞれクオリティが高い。冒頭で心を鷲掴みにされた印象だ。

暗闇に対して異常なほど恐怖を感じている人(本編では自殺者もいる)は精神的な病が疑われるだろう。本編でも精神科の診療に訪れるシーンもある為、自己の幻覚と現実が不条理にやって来るようなマインドスリラー的恐怖を期待したが、何とまさかのクリーチャー出現!格好良く言うと、「暗闇の住人」とでも言えるだろうが、何か肩透かしな印象が拭えない。一応過去の経験と繋がっており、ただのモンスター・パニックでは終わらせていないが、正体など詳しいところはよく分からず、「いる」と分かってしまえばそんなに怖くないのが難点か。特にパッとする作品では無い。

「ヒッチャー」の監督がメガホンを取ったのだが、暗闇という部分へ的を絞ったのは良いと思う。非常にテーマが良かった。作品全体的に考えてみると、結局は娯楽的なクリーチャーに収まり、少々残念だ。一度鑑賞すれば良いだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mina

2.0歯医者の話ではない

kossyさん
2019年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 暗闇の恐怖というのが伝わってこないのは残念だったけど、時折ビックリさせられるので眠気が吹き飛んでしまった。ただ、カメラワークがすごく凝っていて面白かった(オリジナルのアングルではないだろうけど・・・)。

 突如自殺してしまう友人!なんて設定はかなりきついので、これをメインにして裏の世界と微妙に繋がってる・・・なんてのを描いてほしかった。モンスターは子悪魔みたいでビジュアル的には怖くない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る