始皇帝暗殺

劇場公開日

0%
26%
58%
16%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

歴史上はじめて中国の統一に成功した、始皇帝の暗殺にまつわるエピソードを、ふたりの男とひとりの女の愛憎劇を絡めて描く壮大な歴史ドラマ。後に始皇帝となる政と趙姫、心に傷を持つ暗殺者・荊軻の交錯する心情を軸に、運命の皮肉という・チェンカイコー監督ならではのテーマが、重厚に浮かび上がる。伝説の宮殿、威陽宮を再現した巨大セットや騎馬隊の戦闘など、壮大なスペクタクルシーンも見どころのひとつ。

1998年製作/166分/中国・フランス・アメリカ・日本合作
原題:荊軻刺秦王
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第52回 カンヌ国際映画祭(1999年)

受賞

コンペティション部門
フランス映画高等技術委員会賞 ツ・ジュフア

出品

コンペティション部門
出品作品 チェン・カイコー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0始皇帝

kossyさん
2020年9月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 刀匠一家を殺してくれてと頼まれた刺客・刑軻。一見して香川照之似の長髪。その髪には小さな鈴がいっぱい結びつけてあって、歩くとうるさい。盲目の少女だけ殺さずにいたが、その少女も剣の使い手だった・・・だが彼が左ききだったために命拾いした・・・というオープニング。

 後の始皇帝・政は人質であり幼なじみでもある趙姫と一緒にいたかったが、彼女は趙へ帰ると言う。他国を亡ぼすには口実は必要なかったが、燕国に対しては口実がなかった。そこで人質である燕丹を祖国に帰し、そこで刺客を連れ帰る。刺客が秦王を暗殺しようとすることをでっち上げようとするためだ。そのお供を趙姫が自ら名乗りをあげた。顔に罪人に与える焼印を押して・・・。

 やがて燕国で刑軻と出会った趙姫。彼はオープニングで見せたトラウマによって人を殺めぬと誓ったのだった。そうこうしているうちに趙姫は刑軻を愛するようになり・・・といった展開。

 何を言いたい映画なのか中盤まではさっぱりわからなかったが、要は政の出生の秘密。2000年の時を越えても議論されているようだが、呂不韋が父親のような扱いをしている。映画では天国へ秘密を持っていくなどと言ってたので、真実はわからない。しかし、人間関係がややこしいため、徐々に眠くなってくる・・・さすがチェン・カイコーだ。

 恋愛模様は全く盛り上がらない。しかし、最後の刑軻の死にゆく様は、天下統一を果たす者を越えていた。仕組まれた暗殺だとわかっているからか、刑軻の子を孕んでいた蝶姫の冷たい微笑は為政者に対する心理そのものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5始皇帝のキャラが斬新

2020年7月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.5コンリーの魅力とシナ歴史劇

44mmさん
2015年3月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

二回くらい見たかな。
若干荒いストーリー展開かな。 始皇帝時代の知識少々と興味が無いと難しいかな。

主演女優の妖艶な感じが際立ってますが、その他がパッとしない。

悪く無いけど、特筆すべきこともSFXあたり? 個人的には中だるみします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
44mm
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る