はなればなれに(1964)
ホーム > 作品情報 > 映画「はなればなれに(1964)」
メニュー

はなればなれに(1964)

劇場公開日

解説

ジャン=リュック・ゴダール初期の名作で、アメリカの犯罪小説を原作に、2人の男と1人の女が織り成す恋模様や犯罪計画をコメディタッチに描いたメロドラマ。冬のパリ。性格は正反対だが親友同士のフランツとアルチュールは、北欧からやってきた美しく奥手なオディールにそろって一目ぼれをする。ある日、オディールの叔母の家に大金が眠っていることを知った3人は、その金を盗み出そうと企むが、計画は二転三転し……。当時夫婦だった、ゴダール監督とオディール役の女優アンナ・カリーナが設立した製作会社「アヌーシュカ・フィルム」の第1弾作品。音楽は「シェルブールの雨傘」のミシェル・ルグラン。日本では長らく劇場未公開だったが2001年に初公開された。

作品データ

原題 Bande a part
製作年 1964年
製作国 フランス
配給 コピアポア・フィルム
日本初公開 2001年2月3日
上映時間 96分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ゴダール絶頂期の名作がついに日本初公開
はなればなれに(1964)の映画評論・批評

「男と女と車が1台あれば映画はできる」と言っていたゴダールは、その言葉どおり「勝手にしやがれ」を撮り、この映画を撮り、「気狂いピエロ」を撮った。だが、いかなる運命の悪戯か、日本ではこの「はなればなれに」だけオクラ入り。今回、実に37年...はなればなれに(1964)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全5件)
  • ゴダールの中だと分かりやすい あくまでゴダール作品の中ではということだけど、まだ分かりやすい。 面白いかと言えば、う〜ん…。 では『気狂いピエロ』みたいに美しいのかと言われれば、う〜ん…。 ゴダールを理解したいなら見とくと良... ...続きを読む

    ken7arooo ken7aroooさん  2018年6月7日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 気軽に見れるゴダール 初期のゴダール。割と肩が凝らずに見れる。 犯罪映画だがサスペンスフルな要素は少なく、チープかつ行き当たりばったり風な展開の中、いつもの男女間のトークがメイン。 “ヌーベルバーグ”に自覚的でありつ... ...続きを読む

    散歩男 散歩男さん  2017年6月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • アンナの前髪かわゆす 早稲田松竹での二本立てにて。 この感じは『パルプ・フィクション』を観た感じに似てるな、と。 ちょっと悪くてチープで馬鹿馬鹿しくて笑える、でも暴力はない世界観というか。 最初に観た『女は女である』... ...続きを読む

    本まぐろトロ子 本まぐろトロ子さん  2017年6月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

怪奇と幻想の島[DVD] ジャン=リュック・ゴダール Blu-ray BOX Vol.3/...[Blu-ray/ブルーレイ] 5時から7時までのクレオ[Blu-ray/ブルーレイ] ザルツブルグ・コネクション[DVD]
怪奇と幻想の島[DVD] ジャン=リュック・ゴダール Blu-ray BOX Vol.3/...[Blu-ray/ブルーレイ] 5時から7時までのクレオ[Blu-ray/ブルーレイ] ザルツブルグ・コネクション[DVD]
発売日:2014年11月5日 最安価格: ¥3,693 発売日:2017年10月27日 最安価格: ¥9,974 発売日:2016年5月27日 最安価格: ¥3,784 発売日:2012年5月25日 最安価格: ¥2,052
Powered by 価格.com

他のユーザーは「はなればなれに(1964)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi