劇場公開日 2017年1月21日

はなればなれに(1964) : 映画評論・批評

2001年2月1日更新

2017年1月21日より新宿シネマカリテにてロードショー

ゴダール絶頂期の名作がついに日本初公開

「男と女と車が1台あれば映画はできる」と言っていたゴダールは、その言葉どおり「勝手にしやがれ」を撮り、この映画を撮り、「気狂いピエロ」を撮った。だが、いかなる運命の悪戯か、日本ではこの「はなればなれに」だけオクラ入り。今回、実に37年ぶりの初公開だ。

推理小説マニアの若者2人が愛車シムカを走らせ、北欧からやって来た女の子と3人組で強盗に入る──「ゴダールの映画史」では寝てしまった人も、これならオッケーのB級仕立て。授業中に手鏡をのぞくアンナ・カリーナのコギャルぶり(ハイソックスだ!)、3人がフロアで踊るマディソン・ダンス……ジャームッシュやタランティーノがハマるのも無理はないカッコよさ。だが、どんなにアメリカチックに戯れても、冬枯れのパリの霧のようにたちこめる「深い、深い、深い悲しみ」。

音楽ミシェル・ルグラン、撮影ラウル・クタールは、ジャック・ドゥミの処女作「ローラ」と同じ。“ヌーヴェル・ヴァーグの真珠”と讃えられた「ローラ」の日本公開も、製作から30年以上あとだった。この2粒の真珠には、青春の甘さと苦さと同時に、失われた時も閉じこめられているかのようだ。

(田畑裕美)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「はなればなれに(1964)」の作品トップへ