ワールド・トレード・センター

劇場公開日

5%
25%
62%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

01年9月11日に起きた全米同時多発テロで、象徴的な被害を被った世界貿易センタービル(=ワールド・トレード・センター)から奇跡的に生還した2人の警察官の実話を、「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオスカー監督、オリバー・ストーンが映画化。主演はニコラス・ケイジと「クラッシュ」で注目されたマイケル・ペーニャ。共演にそれぞれの妻を演じたマリア・ベロとマギー・ギレンホール。

2006年製作/129分/アメリカ
原題:World Trade Center
配給:UIP

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0ワールドトレードセンター

alextmさん
2021年12月27日
iPhoneアプリから投稿

オリバーストーン監督という事なのでドキュメンタリーかと思ったが違ってた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
alextm

4.0勇敢な人達の犠牲を忘れてはいけない。

Aprilさん
2021年9月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

911、ワールドトレートセンターの2つのビルの崩壊により、2,977人が死亡。
なんとその内の343名が消防士というから驚きだ。
いち早く現場に駆けつけ、命を犠牲にしてしまった人達。
世の中にとって、こんな不幸があるだろうか…。
本当に悔やまれる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
April

2.5恐ろしい出来事だった

2021年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

忘れては行けない悲惨な出来事だ。ストーリーは凡庸。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あっちゃんのパパと

4.0本作を日本のこととして観ることが必要だと思います さもなければ、あのツインタワーのように、私達の文明社会は崩壊しかねないのです

あき240さん
2021年8月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

911からもうすぐ20年
今にして思えば21世紀の幕開けの号砲でした

バラ色の未来の21世紀は、いきなりバラバラに砕け散ってしまいました
21世紀は20世紀を上回る戦争の世紀になるのかも知れないのです
テロ戦争、イラク戦争、コロナ禍、米中新冷戦
もう冷戦終結の頃のような脳天気な時代は雲散霧消したのです

怒り狂った米国はテロ戦争に突入して、早くもアフガニスタンに2ヵ月後の11月には侵攻していました

そして20年
今日は8月31日
そのアフガニスタンから米軍は撤退を完了しました
その時のカブール空港での大混乱の様は、衝撃的なものでした

確かに911の首謀者ビン・ラディンは米軍特殊部隊による暗殺作戦で報復はなされました
しかしそれは10年も前、2011年のことでした
それからも米軍はアフガニスタンから撤退出来ずにいました

なぜなら撤退すれば、またテロの温床になってしまうと危惧したからです
親米政権を立て20年、もう大丈夫と思ったのでしょう
バイデン大統領のいうように永遠に戦争なんかできません
いつかは終わらせ無ければならないのです
その意味では正しい決断であったのかも知れません

しかし、ボウフラの湧くドブは掃除をやめれば、また害虫の巣窟になるしかないのです

本作は米国が20年に及ぶ、米国最長の戦争にのめり込んだ理由を教えてくれます
なぜ狂気のようにテロ戦争にのめり込んだのか?

それは恐怖です
こんな恐ろしいことが米国の中心で起きたのです
こんな事が二度とあってはならない
だからテロの温床を根絶やしにしようとしたのです

でもそれに失敗したのです
それがアフガニスタン撤退の意味です
つまり、いつかまた911が起きるかも知れません
本作の恐怖が再現されるかも知れないのです

日本は他人事?
米国の身勝手が招いたことでいい気味?

日本だって無関係ではないはずです
911では大勢の日本人も亡くなりました
テロの標的が日本になることすら有り得ます

サミュエル・ハチントンの名著「文明の衝突」そのものが起こっているのです

日本はアフガニスタンに莫大な援助を、資金や中村医師のような人道支援をしてきました
それでも、日本に協力したアフガニスタン人はその家族までタリバンから生命の危険に晒されています
そして日本は彼らの救出作戦を失敗してしまったのです

本作の恐怖、痛みを、日本人も自分のこととして捉え無ければならないと思います

東京で明日起こるかも知れないのです
そんな極端な、荒唐無稽なことを!と非難されるかも知れません

しかし911の前に、このような事が起きると予言しても誰も信じないし狂人のたわごとだと言われたはずです

本作を日本のこととして観ることが必要だと思います
さもなければ、あのツインタワーのように、私達の文明社会は崩壊しかねないのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全22件)