トラフィック

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
トラフィック

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

メキシコ──メキシコ州警察の警官は、国境付近で大量の麻薬を押収したが、犯人を連行しようとした矢先、連邦警察が押収した麻薬と犯人を引き取ってしまう。オハイオ──麻薬撲滅に奔走するアメリカの麻薬取締最高責任者。だが、彼の娘はすでに麻薬に溺れていた。サンディエゴ──突然自宅に捜査官が押し入り、夫が逮捕されてしまった1人の主婦。彼女の夫は、麻薬王だった……。

2000年製作/148分/アメリカ
原題:Traffic
配給:日本ヘラルド映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第58回 ゴールデングローブ賞(2001年)

受賞

最優秀助演男優賞 ベニチオ・デル・トロ
最優秀脚本賞 スティーブン・ギャガン

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
最優秀監督賞 スティーブン・ソダーバーグ
詳細情報を表示

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

4.0ひとつのストーリーごとに映像の色調を変えるというのは良いアイデアで...

刺繍屋さん
2019年4月26日
iPhoneアプリから投稿

ひとつのストーリーごとに映像の色調を変えるというのは良いアイデアですね。
お陰で混乱する事無く鑑賞出来ました。

派手な作品ではありませんが、ドラッグに翻弄される人々をリアルに描ききった素晴らしい作品でした。
希望の感じ幸られるラストも好印象。

幸い日本では、国民性の違いもありますが、密輸入し難い島国なので、ここまで酷い状況ではありませんが、他所の国の出来事とばかり言っていられないですね。

麻薬を完全否定する気はないのですが、そうは言っても麻薬関連の問題も人間が克服しなくてはならない課題の1つですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
刺繍屋

3.5デル・トロさん!オスカーおめでとう!

カメさん
2019年1月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.7
ベニチオ・デル・トロのオスカーを取った演技が光る。
アメリカ側の麻薬取締の最高責任者であるマイケル・ダグラスの国を守る役目と、父親として娘を守る事への葛藤と対比がなんとも素晴らしい。
この国では未成年はお酒よりも麻薬の方が簡単に手に入るという台詞が耳に残る。
子供達を守るのは大好き野球ができる球場を作る事だと説いたデル・トロとの考え方とラストがリンクして、いい余韻で終わっていく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

4.0心が痛いリアリティとファンタシー

あき240さん
2018年7月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アメリカ社会が麻薬に蝕まれ苦しむ姿は、この映画から約20年経っても少しも変わらない
麻薬問題をあつかう映画なのに小さな子供達が良く画面に映りそのかんだかい声が耳に残る映画だ
その子供達は今成人しているだろう
そのうち一体どのくらいの子供達が麻薬中毒者になってしまっているのだろうか?
子供達を守れ、誇るべき米国社会はメキシコのように崩壊した社会に転落してしまうぞとの悲鳴が聞こえる
ラストシーンの夜間照明が設置されたメキシコの公園
暗くなってもそこで野球をして遊ぶ子供達の姿と見守る家族達
それは転落した国の中でも、たった一人であっても、誘惑や脅迫に揺るがず戦い抜けば、そのような地獄の底からでも子供達を守り次世代に繋げ再生していくことは可能なのだとのメッセージだ

リアリティは麻薬組織、対策捜査の状況もさることながら、家庭内の麻薬戦争の描写にこそ嘘の無い迫真さがある
出張から帰った夫を車で迎える妻
疲れ果てて家路に向かう車中の口論
麻薬のような深刻な話ではないが、子供達が反抗期で荒れた時代の自分達家族の記憶と繋がる
身の丈で米国社会の痛みを共有する映画だ

しかしファンタシーなのだ
娘の転落を救うこと、本当の自分の仕事は娘のそばに寄り添うことにあるとホワイトハウスでの記者会見で悟る父親
メキシコの照明の付いた公園で次世代の子供達が野球を楽しむ
そんなことはファンタシーだ

それがわかっているから余計に心が痛いのだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

4.0悪顔名優ベニチオ・デルトロ!

2016年5月12日
フィーチャーフォンから投稿

悲しい

知的

難しい

俳優達の演技で勝負している感の強い作品。

シンプルな映像とは裏腹に複雑に進行する場面構成。
一時も目がはなせない。油断するとホントに置いていかれる(笑)

99パーセントの悲しみと1パーセントの希望が心に響く映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
にゃんた
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「トラフィック」以外にこんな作品をCheck-inしています。