スペース カウボーイ

劇場公開日

17%
54%
24%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1958年。フランク・コービン(イーストウッド)率いるアメリカ空軍の“チーム・ダイダロス”の4人は、宇宙飛行のため厳しい訓練に耐えていた。しかし、直前になってそのプロジェクトをNASAが遂行。アメリカ初の宇宙飛行士は一匹のチンパンジーになった。それから約40年。NASAからフランクのもとに、故障したロシア衛星を修理してほしいと連絡が入る。彼はこの任務のためにかつての仲間達を集め始める。

2000年製作/130分/アメリカ
原題:Space Cowboys
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第73回 アカデミー賞(2001年)

ノミネート

音響編集賞  
詳細情報を表示

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C) 2000 Warner Bros. All rights reserved.

映画レビュー

3.0カッコいいね

2021年6月5日
Androidアプリから投稿

何なんですかね?理解するための何かが足りないままエンディングへと、最後はカッコいいんだけど、何か満たされない余韻が歯がゆい。(最初に宇宙へ行けなかったのは何故?)もう一度みたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
酒飲む野郎

4.0fl~y me~to~the moo~n♪

2021年3月11日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

エンディングの歌がピッタリで大好きなんです♪ 前半の身体検査や訓練の場面も大好きです(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐

5.0退場の時は来たのです

あき240さん
2021年2月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

時系列で整理するとこうなる

1997年10月14日
かって伝説的空軍テストパイロットだったチャック・イェーガーによる超音速突破の50周年式典が行われ、74歳になった彼が戦闘機で、その記録を達成したのと同時刻に超音速飛行を行った
1983年の映画「ライトスタッフ」は彼の物語
本作の劇中の新聞見出し「ライプスタッフ」はこれのもじり

1998年7月1日
アメリカで映画アルマドゲンが公開

1998年10月29日
かってアメリカ初の地球周回飛行で黎明期の伝説的宇宙飛行士になったジョン・グレンが、77歳でスペースシャトルに搭乗
宇宙ステーションに9日間滞在して大変な話題になった
映画「ライトスタッフ」にも「ドリーム」にも彼は登場する

2000年8月4日
アメリカで本作公開

つまり本作は、イェーガー、グレン、映画アルマドゲン、これらを三題小咄にしたみたいにかき混ぜてできた映画であるのはご覧の通りです

冒頭の1958年の実験機のエピソードはイェーガーの逸話と、X-2 の1956年の事故から発想したのもの
(但し現実のX-2 は2機だけ作られた単座機で、射出座席でなくカプセル式、しかもパイロットは事故死しています)

グレンの77歳での宇宙飛行は本作の劇中の台詞にも登場します

正規のエリート宇宙飛行士ではなく、非正規の宇宙飛行士がスペースシャトルに乗り込み活躍するのは映画アルマドゲンそのまんま

さらに言えば、終盤の月を見上げるシーンは、1995年の映画「アポロ13」のオマージュです

しかし出来上がった本作は最高の映画だ!
めちゃくちゃに面白い
脚本が素晴らしい出来映え
そしてイーストウッド初め配役された名優達は皆素晴らしい演技を見せる
脇役も40代のオールドミスのNASAの職員は特にチャーミングで印象に残った
彼女とトミー・リー・ジョーンズのロマンスシーンは最高の名演でした

特撮も凄い
スターウォーズのILMが担当していて、アルマドゲンみたいななんちゃってスペースシャトルではなく、限り無く実物に近い映像を見せてくれます
スペースシャトル、宇宙服、ミッションコントロールセンターのセットや小道具は見事につきます
どれもこれも限り無く実物に見えると、本物の宇宙飛行士が言った程

そしてクライマックスの大気圏突入シーン
衛星との衝突でダメージを受けたスペースシャトルの機体が赤熱して降下するシーンの手に汗握ること!

私達は本作公開の4年後の2004年に起きたスペースシャトルコロンビア号空中分解事故を知っています
だからこのシーンの描写の的確さ、怖さが半端では無いのです
この現実の事故では、打ち上げのときに燃料タンクの着氷の塊が、シャトルの耐熱タイルに当たったダメージから超高温のプラズマが機内に侵入して空中分解に至ったのです
しかもその当たった箇所は、本作の劇中で激しく赤熱する主翼の前縁部だったのです
劇中では盛大に衛星と衝突して、タイルが幾つか剥がれている描写もあります
ですから公開当時よりも、これから起きることの恐ろしさの意味を良く分かって観ることになるのです
つまり公開当時の二倍増しでハラハラさせられるのです

特撮について気づいたこと
宇宙空間の映像も太陽の位置、月の位置、地球の位置、シャトルの向き、衛星との相対位置
これらをパズルのように光と影の関係を計算して実写と特撮、CG全てに辻褄を合わせて合成しています

本作から既に20年経過して、日本でもCGのノウハウは蓄積されているから、ほとんどのことは技術的に模倣できるでしょう

しかしこのような宇宙空間での位置関係が光源の位置がCGパートだけでなく、実写パートの照明とも整合性をとれているか、そこまでこだわり抜いているかというと、残念ながらまだまだその域にまで達していないことが痛感されます

そもそもそんな宇宙空間の光源の移動、相対的位置に思いを巡らせる理系的な感覚がまだ日本には無いのです
そこが日本の特撮の決定的な立ち遅れの本質なのではないでしょうか?
そのようなことを考えさせられました

老人の活躍について
超高齢化社会に既に日本は突入しています
本作のチーム・ダイダロスのように、幾つになっても現役で活躍して貰うことは良いことです

日本でも大昔に作られた大規模なコンピューターシステムは、もう誰も中身が分からないものがあるそうで、書かれたプログラム言語を使える人間は、老人になって引退している当時のプログラマーを呼び戻して来ないと手に負えないそうです

特殊な技能、失われた技術を持つ老人にはいつまでも活躍をして頂かねばなりせん

その一方で老害という言葉があります
特殊な技能や知識をもつわけでも無いのに、いつまでも引退しない老人達が現役ではびこっているのです
古いレガシーなやり方、環境が温存されているのは彼らが去らないからです
若い世代には、ポストも権限も部下も、活躍するチャンスも与えられないのです
いつまで待っても来ないのです
老人達が立ちふさがっているからなのです

映画のように本当には上手くはいかないものでしょう
コロナやオリンピックの対応をみれば分かる通り老人ではシビアな決定的瞬間に対応できないのが現実なのです

だから、本作を観て老人達は溜飲を下げて夢を見る
それだけにして貰いたいものです
余計に発奮して更に引退を先延ばしにはしてもらいたくないのです

団塊老人達は既に70歳を超えた頃でしょう
もういい、若い人に道を譲るとき時が来たと本作を観て逆に悟って頂きたいのです

ライトスタッフのチャック・イエーガーは、2020年12月7日に亡くなられていました
97歳だったそうです

退場の時は来たのです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

3.5イーストウッドって、めったに笑わないよね…?

UNEmiさん
2020年11月29日
PCから投稿

ありえね~!なことの連続なんだけど、な~んか見ちゃう。
トミー・リー・ジョーンズがツボ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る