カンフーハッスル

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
カンフーハッスル
15%
40%
39%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「少林サッカー」のチャウ・シンチーが今度も製作・監督・脚本・主演を担当してカンフー映画に挑戦したアクション・コメディ。シンチー演じるチンピラのシンは、町を牛耳る極悪ギャング団に入るのが夢。だが、貧民街の住民達が、カンフーの技でギャングたちを倒していくのを目撃して、カンフーの魅力に取り憑かれていく。ユン・チウやユン・ワーら70年代香港アクションの名スタントマンたちの出演などオマージュも盛り沢山。

2004年製作/103分/香港
原題:Kung Fu Hustle
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第63回 ゴールデングローブ賞(2006年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

3.0正月映画

kossyさん
2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 90年代の彼の超B級映画に逆戻りしたチャウ・シンチー映画。彼の持ち味である笑えないコメディを連発してくれた・・・まじで笑えないって・・・

 笑えないのに楽しいんです。B級映画にとんでもないスケールのCGスタッフがナイス・サポートするんです。『少林サッカー』では徹底したサッカーネタで笑わせてもらったけど今回はどうか?と考えると、単に「コイツ弱そうに見えて実はムチャ強いんかいな」的なネタばかり。なんとなく吉本新喜劇風なのだ。日本でも関東と関西ではウケが違うかもしれない・・・「香港のコーエン映画」とも言えるか?

 登場人物として、幼少時代の思い出の口の聞けない売り子の存在が良かった。彼女がらみではそれほど毒は無いし、ラストのオチも香港映画っぽくないので好感が持てます。そして、なぜかクレジットされていてビックリだったブルース・リャン!そういや面影あるなぁ・・・

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.5怒涛の展開

2019年1月16日
PCから投稿

終盤の怒涛の展開がもう無茶苦茶、で最高。
気持ちのいいワイヤーアクションが大量に出てくるのも、信じられないぐらい強いキャラクターたちばっかりなのも、ありえない展開の連続も、ただただおもしろい!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.0チャウシンチー監督イケメン

はぐさん
2017年9月17日
iPhoneアプリから投稿

血の量がすごい
めっちゃえぐいグロい
けど面白い!!
最初から最後までちゃんとストーリー繋がってたし、チャウシンチー監督イケメンやし!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はぐ

5.0おもしれー!

じぶさん
2017年5月25日
Androidアプリから投稿

少林サッカーが面白かったので期待して見たが、期待通り面白かった!

小さな恋の物語、下らないギャグ、アクションとこれでもかと言うぐらいてんこ盛り!

映画のギャグって個人的に笑えないことが多いのですが、この映画は無理がなく、塩梅がちょうどいい感じでした。

無理がない、というのはこの映画の世界の中で起こることな無理がない、という意味で、個々のギャグで大爆笑、という訳では無いですが、この映画には必要不可欠だと思っています。

例えば、最初に3階から落ちてなんとも無い世界なので唇が偉いことになっても笑えますし、伏線ともなってますしね。

また、飴の絵を書いた時に「字でかけ」というのも笑えましたが、そらそうなるよwと思うし少しほろっとも来ます。

アクションシーンはさすが香港映画!と思いますし、単調にならないよう「見どころ」が満載です。見たことないような絵やシーンが沢山あります。

あと、他の映画からのオマージュがあります。
その場、そのシーンに相応しい、効果的な引用だと思います。
(あまり知らないですが)

例えばブルースリーの引用部分については元ネタ知ってても知らなくてもオバチャンの怖さ(笑)を伝えると同時に笑えますし、シャイニングの引用は牢屋の雰囲気は確かにあんなイメージだろうと思いますし。

私はそもそもカンフー映画が好きだし、
「大したことなさそうな奴が実はすげー」
てのがツボ、という事もありますが、
この監督のの笑わせる、泣かせる、驚かせる、のバランス感覚がツボなんだと思います。

ということで、ちょっと笑ってちょっと泣けてカッコイイ、とても楽しい映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
じぶ
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る