蒼き狼 地果て海尽きるまで

劇場公開日

蒼き狼 地果て海尽きるまで
0%
20%
53%
27%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

史上最大の帝国・モンゴルを築き上げた英雄チンギス・ハーンの半生を描く歴史大作。部族の長の息子として生まれたテムジン(のちのチンギス・ハーン)は、彼らの始祖“蒼き狼”の生まれ変わりとしてたくましく成長する。しかし敵対する部族に父親が殺されると、部下たちから見捨てられてしまう……。「男たちの大和/YAMATO」の角川春樹が製作費30億円を投じ、オールモンゴルロケを敢行。監督は「Wの悲劇」の澤井信一郎。

2007年製作/136分/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2007「蒼き狼 地果て海尽きるまで」製作委員会

映画レビュー

4.0ジャムカ、お前の勝ちやな・・・チッチキチー

kossyさん
2018年10月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

1.5さらば、角川帝国

近大さん
2012年10月5日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館、DVD/BD

笑える

単純

日本人が日本語でモンゴル人を演じる。
まあ百歩譲ってこの設定は許せる。
古くは「釈迦」や「秦・始皇帝」、最近だと「テルマエ・ロマエ」、ハリウッド映画にだってこういう設定はある。

雄大なロケーションと大エキストラは勿論許せる。

だけど…
肝心のストーリーと演出と演技が酷い。学芸会レベル。

ストーリーと演出はもはや漫画。アニメにした方がまだマシ。
同時期に作られた「モンゴル」はテムジンがハーンになる前の内面の掘り下げと葛藤のドラマがメインだったのに対し、こちらはハーンになりモンゴル帝国を築くまでの話をメインにしたのが安易過ぎ。
別に悪い訳じゃないが、余りにも英雄的に描かれ過ぎている。ハーンはモンゴル帝国皇帝であると共に残虐な侵略者である事も忘れてはいけない。

反町隆史は熱演、若村麻由美も頑張ってるんだけど…
菊川怜は相変わらずお下手。この人、代表作って何かあったっけ?
カタコト日本語の素人さんに失笑。
映画に足を引っ張られて演技派・松山ケンイチも魅力ナシ。

制作費30億円をかけたプロデューサー・角川春樹の勝負作。
もう数年前の映画なので、結果は言うまでもない。
確かに角川は一時代を築いた大プロデューサーだ。
しかし、今はもう角川の時代ではないのかもしれない。
この映画を見る限り、そう感じずにいられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「蒼き狼 地果て海尽きるまで」以外にこんな作品をCheck-inしています。