リチャード・ジュエル

劇場公開日: 131分

特集

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「アメリカン・スナイパー」の巨匠クリント・イーストウッドが、1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたサスペンスドラマ。96年、五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが、公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がる。ジュエルの母ボビも息子の無実を訴え続けるが……。主人公リチャード・ジュエルを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルがそれぞれ演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

作品データ

原題 Richard Jewell
製作年 2019年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 131分
映倫区分 G

映画レビュー

レビューする

Intentionally Political, but a Good Story

Richard Jewell is like that kids TV show where a kid who did nothing wrong gets blamed for someth...

Dan Knightonさん

イーストウッド監督の残酷な視点と説得力

ネタバレ注意

村山章さん

松本サリン事件を想起させる展開…

…と思って鑑賞したのだが、後日、あの事件で冤罪被害にあった河野義行さんを試写会か初日のトークゲストに招いたとニュースで知り感心した(企画した人にも、引き受けた河野さんにも)。多分日本で一番リチャ...

高森 郁哉さん

マスコミと法権力が嫌いになる胸糞映画

ネタバレ注意

gx4flcさん

映画見放題作品数 NO.1(※)
まずは31日無料トライアル

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

巨匠イーストウッドが深い尊厳を持って描く“名もなき英雄”の生き様

イーストウッド映画が愛される理由のひとつは、どれだけ世の中が変わろうとも主義主張が一貫しているところにある。アウトサイダーの目線で社会や権力に鋭い眼差しを投げかけ、英雄とは何かを問い続ける。それはある意味、巨匠の頑なな生き様であり、闘...

インタビュー

クリント・イーストウッドが貫くレガシー 「リチャード・ジュエル」に込めた思い

「リチャード・ジュエル」は、いかにもクリント・イーストウッドらしい大傑作。無駄がなく、まっすぐで、かつ、奥が深い。小手先の技は使わず、ストーリーの良さと俳優の演技で引っ張っていく。(取材・文/猿渡由紀)そんな映画は、裏側も同様に効率よ...

関連ニュース

受賞歴

第92回 アカデミー賞(2020年)

ノミネート

助演女優賞 キャシー・ベイツ

第77回 ゴールデングローブ賞(2020年)

ノミネート

最優秀助演女優賞 キャシー・ベイツ