パーティで女の子に話しかけるには

103分

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が、「20センチュリー・ウーマン」のエル・ファニングとトニー賞受賞の若手実力派アレックス・シャープを主演に迎え、遠い惑星からやって来た美少女と内気なパンク少年の恋の逃避行を描いた青春音楽ラブストーリー。1977年、ロンドン郊外。大好きなパンクロックだけを救いに生きる冴えない少年エンは、偶然もぐり込んだパーティで、不思議な魅力を持つ美少女ザンと出会う。エンは好きな音楽やファッションの話に共感してくれるザンと一瞬で恋に落ちるが、2人に許された時間は48時間だけだった。2人は大人たちが決めたルールに反旗を翻すべく、大胆な逃避行に出る。オスカー女優ニコール・キッドマンが、パンクロッカーたちを束ねるボス的存在の女性を演じる。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

製作

スタッフの続きを見る

作品データ

原題 How to Talk to Girls at Parties
製作年 2017年
製作国 イギリス・アメリカ合作
配給 ギャガ
上映時間 103分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

なんじゃこりゃ??でした

タイトルから、ボーイミーツガールの青春ラブストーリーかと思ったら、全然違ってビックリ😵 まさかのSF⁉︎エイリアンの独特な世界観は『わたしを離さないで』を思い出したが、その質としては及ばないかな...

ルナルナさん

ずっと謎

淡い青春ものかと思ったけど、全然わけわからない。 ただ、謎の魅力のある作品。

宮西瀬名さん

あまりにも意味不明すぎてラストの感動っぽい場面で危うく感動しそうに...

あまりにも意味不明すぎてラストの感動っぽい場面で危うく感動しそうになった。後でWikipedia読んでやっと原作の意図を理解。たぶん本と全然違うストーリーになっていると思われる。原作と大きく変え...

お手紙食べるほうのヤギさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

“ボーイ・ミーツ・ガール”ものの枠にとどまらない、普遍的で大きな愛の物語

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェルが、ニール・ゲイマンの自伝的短編小説をベースに生み出した、キュートでちょっとヘンテコな“ボーイ・ミーツ・ガール”ムービー。1977年のロンドン郊外のクロイドンを舞...

関連ニュース