犬神家の一族

136分
 

予告編・フォトギャラリー

ご使用のブラウザはHTML5に対応していません。

解説

76年に角川映画の第1作として公開され大ヒットを記録した同タイトルを、市川崑監督&石坂浩二主演という当時のコンビのままで30年ぶりにリメイク。昭和22年、信州諏訪・犬神財閥の当主佐兵衛が逝去。犬神家の顧問弁護士である若林はその遺言書を巡って家族内で問題が起きることを予期し、東京から探偵の金田一耕助を諏訪へ呼び寄せる。だが、金田一が諏訪に着いた日に若林が殺害される。プロデューサーは「呪怨」「リング」の一瀬隆重。

キャスト

キャストの続きを見る

スタッフ

監督

脚本

スタッフの続きを見る

原作

音楽

プロデューサー

テーマ音楽

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 136分
オフィシャルサイト

映画レビュー

レビューする

死体は二度見するくらいだった。

死体が明らかにマネキンだったり、ギャグ?ツッコミ待ち?と思わせるくらいクオリティが低い部分があった。これは、昔の映画の完成度もリメイクしているという解釈でいいんですよね? 古い方も見た事はないの...

きゃなえさん

映画の出来がひどかったです

ネタバレ注意

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん

インパクトのみ

湖から足が出ているイメージが強すぎるけど、内容はそうでもないかな

munbamunbaさん

DVD・ブルーレイ情報

映画評論

市川崑監督による、新しい観客に向けての挑戦状

懐かしのテーマ曲にのって「犬神家の一族」が帰ってくる……。76年に公開されたオリジナル版は、その後日本映画界に旋風を巻き起こす“角川映画”の第一弾として大ヒット、“探偵・金田一耕助もの”が市川崑監督の手でシリーズ化されたことはよく知ら...

関連ニュース