ハクソー・リッジのレビュー・感想・評価

ハクソー・リッジ

劇場公開日 2017年6月24日
256件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

信仰の狂気が勝利する瞬間。

信仰における信念から誰一人殺さない。武器も絶対に持たないが、ひとりの国民として戦争には役に立ちたい。それも苛酷な最前線で。

劇中で困惑する上官たちならずとも、ちょっとおかしいんじゃねえかと思うだろう。誰一人傷つけたくないのに、戦争の大義は否定しない。そこには大きな矛盾がある。その矛盾を埋めようという努力を主人公はしない。ただ、現実を自分の信仰の基準に強引にハメ込もうとしている気すらする。

だから衛生兵になって、傷ついた兵士を助けたい。そう固く決意して、本当に実践してしまった男の実話なわけだが、クライマックスで男の信念に捻じ伏せられた。

「神様、あと一人助けさせて」と祈りながら、米兵も日本兵も治療し、救出して回る。偽善、と言えば偽善だと思う。が、偽善であってもここまでやれば善なのだ、と本作を観ていると納得せざるを得ない。まさに結果がものを言う。正しいかどうかはわからないが、正直感動した。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 11 件)

ガーフィールド、“日本”と“信仰”との奇縁

ハリウッドスターが日本を舞台にした映画に主演するなど、そうたびたび起きることではない。ところが何の巡り合わせか、アンドリュー・ガーフィールドは時をほぼ同じくして、マーティン・スコセッシ監督の「沈黙 サイレンス」では江戸時代に来日する宣教師、本作では沖縄戦に従軍する衛生兵として主役を張ることになった。

両作品のもう一つの重要な共通点は、どちらの主人公も敬虔なキリスト教者であり、その信仰心が試される受難が描かれていること。メル・ギブソンは監督作「パッション」でキリストが拷問される凄惨な描写で物議を醸したが、本作でも訓練時のいじめや地獄絵図な戦場での命懸けの救助活動が執拗に提示される。キリスト教圏においてあるいは自明なのかもしれないが、受難に耐え克服する熱情こそが信仰の本質である、より端的に言えば「受難は熱情と同義である」ということを、メルギブは諸作を通じて語っているように思える。

AuVis
AuVisさん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

メル・ギブソンの執念が成し遂げた、誰も観たことのない種類の戦争映画

メル・ギブソンの執念を見た。溜まっていたものを全てぶちまけるように、観る側が恐れおののくほどの圧倒的な戦場を描き尽くしている。確かに激戦地で銃弾が、肉片が飛び散る様には凄まじいものを感じた。が、秀逸なのは「人命を奪い合うこと」以上に「人命を助けること」をここまでの壮絶さで描き切った点だろう。奇しくもガーフィールドがロープを駆使して崖から負傷者を下ろす様には『アメイジング・スパイダーマン』、あるいは信仰に生きる『沈黙』の役柄すら彷彿させられた。

また、本作は主人公の半生についてドラマを重ね、彼が「絶対に武器を手にしない」という信念を貫く根拠をじっくりと醸成していく。そこで絡まり合う父親像の素晴らしさをどう表現すれば良いのだろう。ギブソンは弱い者、傷ついた者にどこか優しい。彼自身、人間の底にある弱さを自覚しているからこそ、再起しようとする者にかくも特別な見せ場を用意せずにいられなかったのかもしれない。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

理屈を超えた信仰心の崇高さと畏怖

本作は戦争についての映画ではない。実際に主舞台は沖縄の地上戦ではある。しかし、本作は戦争の何たるかについて描いた作品ではなく、一人の男の信仰心について描いた作品だ。彼の信仰を試される場として戦場が設定されているに過ぎない。

もっぱら映画の焦点は、アンドリュー・ガーフィールド演じるデズモンドの信仰を貫く姿勢に当てられる。戦場描写の凄惨さに関して『プライベート・ライアン』と比較されているが、内容に関しては、むしろ同監督の『パッション』を連想させる。どちらも信仰に殉じた男を描くという点で両作は同じ方向をむいた作品と言えるだろう。

宗教的信念により、訓練中も武器を持たず、そのため同僚から激烈な差別を受け、衛生兵として従軍を認められても、戦場で一切の武器を持たず、激戦のなか敵味方関係なく命を救い続ける。その姿は崇高さと同時に狂気をも感じさせる。パッションのキリスト同様、理屈を超えた自己犠牲の美しさと畏怖を描いた傑作。

ローチ
ローチさん / 2017年6月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

葛藤ではなくて信念で描いた戦争映画ってあまりないような。

葛藤ではなくて信念で描いた戦争映画ってあまりないような。

ghostdog_tbs
ghostdog_tbsさん / 2017年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全員観た方がいい

始終泣きっぱなしで目薬要らず。

ただ戦争がありました、だけじゃない。

これがノンフィクション、は
恐るべき信念。
寧ろ神に値する行動。
信教心が余りない日本人には出来ないことかも。

リアル過ぎてグロいというかグロすぎる。今迄数限りない戦争映画見てきたけどここまでグロいのは初めてかも。「ソウ」並。
本当はこの位の破壊力があったんだろうなぁー

戦場に行くのにヘルメットじゃなく帽子とか、敵を騙すとか、日本人っぽい!w
本当かどうかは戦時中を生きてないからわからないけど。日本人っぽい。

kyaroline
kyarolineさん / 2017年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 怖い 泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドラマの部分が・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦争シーンの凄惨さの表現はすごい。プライベートライアン以上で、これまで私が見た戦争映画では一番と思う。映画館で鑑賞してよかった。ただ、米軍、日本軍の作戦は変だ。あんな崖登って攻めるか?
また、主人公にはもう少し深堀できなかったのだろうか。映画の枠に収める仕方ないのかもしれないが、最初の彼女との出会いは中身がない。最初から結婚したことにして全てカットしても良いのでは。観客の想像に任せれば良いのでは。主人公の心情も納得行かない部分が多い。信仰に対する葛藤もあったはずだ。あれだけ、悲惨な戦場で全く信仰が揺るがないのは逆に嘘くさい。2時間に収めるためには仕方ないかもしれないが、先に書いた通り前半のエピソードはカットできる部分も多い。もっと主人公の内面に時間をかけてはと思う。
後ろの座席の女性が感動したと言っていたが、一体どこに感動したのか不思議だった。そう言えば、弟はどうなったのかな?

ヒイロ
ヒイロさん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

阿鼻叫喚

戦争そのものについてを一番のテーマとして描いている作品ではないと認識しましたが、それにしたって戦争ってつくづくクソだなと思いました。
それをしたがるのは、いつだってどこだって戦場に足を踏み入れることのない"エライ人"だものね。
そのごく少数のお偉いさん達のせいで、いとも簡単に尊い命がどんどん失われていく。
あんな阿鼻叫喚の世界の中で。
こういう映画を観たあとシンプルに"戦争ってやっぱやばいね怖いね"と思う人が大半(できればみんな)であることを私は望むなあ…
私は偏ったり強い思想を持った人間ではないけれど、そう感じます。

どんなに過酷な状況に置かれても信念を曲げない…そうさせる宗教あるいは個人の信仰の力というのは物凄いものだと感じました。

戦いのシーンは少しだけ吐きそー・リッジ。
これでPG12なのですね。
小さな子供が観て大丈夫なのかな…

namisuke
namisukeさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信仰心の強い頑固者

感動しました!

ピピ
ピピさん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい信念に基づいた勇気ある行動だけど、戦争という殺し合いの舞...

素晴らしい信念に基づいた勇気ある行動だけど、戦争という殺し合いの舞台で一人で素手で立ち向かって75人も救出出来たのは単なるラッキーなだけ、凄まじい戦闘場面を描いた割に主人公に弾がかすらないのはやはり作りすぎ、ちょいと現実味に欠ける。

かまちゃん
かまちゃんさん / 2017年7月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄まじかった

阿鼻叫喚のなかて、また1人また1人と助けるドスが実在していたこと。心が折れるような戦場で命をかけて自らの使命と信念に従って生き抜いた主人公は素晴らしい。もう2度とあってはならない戦場だとも感じた。

牡丹
牡丹さん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

銃を持たないと臆病者?

戦争をテーマにしてるので、撃ち合いを見せているのは理解できるが、あまりにも多すぎ。それと“これでもか❗”というほどの腐乱死体の山。これが戦争だ❗、と言いたいのだろうけど、見てる方はさすがに気持ち悪い。大人でも耐えられない感じ。こういう作品は、世界中の指導者、大統領、首相に見せるべき。
そしてポスターに「臆病者」とあるが、主人公が臆病者?銃を持たないと臆病者?それは違うと思う。
それと足を撃たれた教官を助けに行く時に、主人公も頭を撃たれたけど、弾丸がヘルメットを掠めたから死ななかった?ずいぶん都合の良いヘルメットだな。
最後に、真の勝者は「戦争をしない強い気持ちを持つ者」である。

黄金のシュミルノッフ
黄金のシュミルノッフさん / 2017年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

沖縄

には本州嫌いな人がいるというのも無理もないくらいの非常に熾烈な戦い そして戦いは沖縄だったため多くの一般の人達も犠牲に…米の圧倒的勝利というイメージだったが、日本人の頑固さ、自己犠牲をいとわないという気質に米もかなり苦戦を強いられたというのは初めて知った 上層の人達、いや恐らく誰もが戦争は過ちだったと悟ったのが何よりも救いか 馬鹿にしていた(デズモンド)に助けられるなんて人生は皮肉だ という言葉が妙に印象に残った

ゆう
ゆうさん / 2017年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出すぎれば個性。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

つくづくメル・ギブソンって凄い俳優&監督だと思ってしまう。
まさに映画的最終兵器(ないですこんな言葉)じゃないけど何度
も沈んで這い上がる運の強さが正にハクソー・リッジみたいだ。
偶然の産物か、またもガーフィールドが信仰心の厚い役を演じ、
これがまたよく嵌っている。ラストに本人の映像が出てくるが、
こんな人がいたとは…と驚くこと必至。だけど思うのは、もし
日本にもこの「良心的兵役拒否」が認められる制度があったなら
何人の息子が志願しただろう、家族がそれを願っただろうかと。
彼の信念は決して揺らがず、どんな虐めやリンチに遭おうとも
それを貫き通し、結果周囲がそこに動かされる。何度も断崖を
行き来し負傷兵を治療、救った行為は確かに素晴らしく尊いが
戦争そのものを批判することは決してなかった。そんなことが
言える時代ではなかったかもしれないが、やはり矛盾が生じる。
軍曹や大尉が何を言ってるんだ?コイツと思うのも無理はない。
昔ある本で読んだ一節に「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は
個性とみなされる」というのがあった。読んだ時になるほど~
と思った行為をここで観た思いがする。そして演出がお見事だ。
前半のアットホームな恋愛劇から後半の肉片飛び散る戦場へと
一気に場面が変わって緊張が続いても、要所要所でドラマ性を
確立、どうして彼の演出は弱き者に優しいのかと涙が出る場面
も多く見受けられる。作り方が巧い。やっぱり最終兵器は彼だ。

ハチコ
ハチコさん / 2017年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なによりも…

実話とか、そういうことは良いとして、何よりもすごいと思ったことは、戦争に参加しない権利が認められていること。
そして、戦争の凄惨さというより、涌き出てくる恐怖と戦わなければならない恐怖を改めて感じた。
ただ、主人公の主義の理由は、もっと早く描かれていても良かったのでは?と思った。
それと、日本人が適切に演出されていたことに共感を覚えた。

kawauso
kawausoさん / 2017年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観るのには覚悟が必要 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人の命を奪うということに抵抗があるにもかかわらず、戦争を否定することはせず己の信仰心を貫き通し衛生兵として前線にたった男の話。

人と変わっているが、変わっていることを貫き通す。貫き通したことで男は英雄になった。
自分の信じるものは信じ続けろ、というメッセージを感じた。

戦闘シーンは壮絶で戦争ものをみると毎回思うがこれが人間がやってきたことなのか、と胸が痛くなるばかりか唖然としてしまうほどの迫力。
ハクソー・リッジから負傷兵を降ろし続け、助け続けるシーンでは涙が止まらなかった、、

気軽な気持ちでオススメはできないが、心に残るものはとても大きかったので是非観ていただきたい。

はるめ
はるめさん / 2017年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦時下で貫いた信念の強さ。戦争の中で痛感させられる、命の尊さ。

【賛否両論チェック】
賛:“武器を持たずに負傷者を助ける”という信念を、どんなに虐げられても決して曲げなかった主人公が、極限状態の戦闘下の中で、多くの命を救っていく姿に、深い感動を与えられる。命の儚さや尊さを痛感させられるのも印象的。
否:戦闘による人体の損壊等、かなりリアルでグロテスクなシーンが多いので、苦手な人は観られない。

 人を殺すことが当たり前の戦場にあって、己の信念を貫き通し、どんなに虐げられても武器を持つことを拒み続けて、負傷者を救うことに専念し続けた実在の主人公・デズモンド。師団が撤退し、敵だらけの孤立無援の中で独り奔走し、1人助けるともう1人、もう1人助けるとあと1人と、命ある限り歩みを止めないその姿には、敬意を越えて畏怖すら感じさせるような雰囲気すら漂います。
 そんなデズモンドを最初こそ軽んじていた周りの戦友達が、次第にその信念の強さに気づかされ、敬服していく様子も、また感慨深いものがあります。
 しかし同時に、人が人を殺す戦争の真の悲惨さも、かなりリアルな描写を通して描かれていきます。劇中で語られる、
「平時には息子が父を弔い、戦時には父が息子を弔う。」
という言葉が印象に残ります。
 全く軽い気持ちでは観られませんが、命の尊さを思い知らされるような、そんな作品です。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2017年7月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単なる戦争映画ではない

第二次世界大戦で日本で唯一の地上戦があった沖縄で活躍したある米軍の衛生兵の話。実話なので最後に本人インタビューが出てくる。
最初は信仰と信念で銃を持たないで入隊する若者に邪魔者扱いしていたが、色々あっても最後は過酷な戦地で負傷した仲間を救う、勇気ある行動に感動する。戦闘シーンは本当に過激で過酷ですごい迫力。観て良かった。

マシェリ
マシェリさん / 2017年7月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

涙腺崩壊

唯一無二の戦争映画。
強固な信念と強運。。
愛と信仰と信念と仲間、全てを
自分の力の持てる限りを尽くして
守り抜いた1人の男性の物語。
戦争を知らない世代だからこそ、
アメリカとかつて争っていた日本
そこに生まれた私達だからこそ
絶対に観るべき映画。
戦争の悲惨さも含め、
こんな実話があったなんて、、と
様々な感情と共に心を揺さぶられる。
後半はとにかく涙とドキドキが止まらない。

ベス公
ベス公さん / 2017年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こんなに健気な英雄像は初めて見ました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

これでもか、と迫力ある描写に引き込まれてあっという間に時間が過ぎていました。

もともと題材である沖縄線に興味があったので、前田高地戦の一部分しか描かれなかったのは少し残念ですが、一衛生兵の姿を追ったお話なので仕方ありませんね。
しかし、それを抜いても素晴らしい見るべき映画でした。

戦争という狂気の中、一人信念を貫き『あと一人だけ。。』と自らを奮い立たせる姿に涙しました。
軍対信念、狂気対信仰、対立してなお折れない精神の強さ。
時代や流れに身を任せるのが楽な中、自己を保つことがどれほどに過酷なのか考えさせられました。

ちいまめ
ちいまめさん / 2017年7月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

256件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi