ハクソー・リッジ 特集: アカデミー賞も認定《メル・ギブソン監督作》は傑作の証“武器を持てない”臆病者が戦場で75人を救出……一体どうやって?「殺す」ではなく「救う」──あなたの戦争映画イメージを覆す《希望の実話》

ホーム > 作品情報 > 映画「ハクソー・リッジ」 > 特集 > アカデミー賞も認定《メル・ギブソン監督作》は傑作の証“武器を持てない”臆病者が戦場で75人を救出……一体どうやって?「殺す」ではなく「救う」──あなたの戦争映画イメージを覆す《希望の実話》
メニュー

ハクソー・リッジ

劇場公開日 2017年6月24日
2017年6月12日更新

アカデミー賞も認定《メル・ギブソン監督作》は傑作の証
“武器を持てない”臆病者が戦場で75人を救出……一体どうやって?
「殺す」ではなく「救う」──あなたの戦争映画イメージを覆す《希望の実話》

実在の衛生兵を演じたアンドリュー・ガーフィールドは、オスカー主演男優賞ノミネート 実在の衛生兵を演じたアンドリュー・ガーフィールドは、オスカー主演男優賞ノミネート

今年のアカデミー賞で2部門(編集賞、録音賞)を受賞した「ハクソー・リッジ」が、6月24日より全国公開。第2次世界大戦の激戦地で、武器も持たずに75人の命を救った実在の衛生兵を、「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールドが熱演。「アポカリプト」以来10年ぶりの監督作となったオスカー監督メル・ギブソンが、壮絶な戦闘シーンと珠玉のドラマを融合させた話題作だ。


[なぜ? 銃を持てない兵士が英雄に?]主人公は戦闘兵ではなく実在の衛生兵
映画ファンの経験値を超越! 従来の戦争映画の描き方と全く異なる新たな傑作

「殺す」のではなく「命を救う」ために、自ら志願して激戦地に赴いた男の実話! 「殺す」のではなく「命を救う」ために、自ら志願して激戦地に赴いた男の実話!

第2次世界大戦の激戦地・沖縄の難攻不落の断崖“ハクソー・リッジ”を駆け回り、銃はおろか手りゅう弾、ナイフひとつ持たずに、たったひとりで75人もの命を救った男がいたことを、あなたは信じられるだろうか。彼の名は、デズモンド・ドス。武器を持つことを拒み続け、戦闘兵ではなく衛生兵として壮絶な戦場に赴き、「臆病者」と嘲笑されながらも、命を懸けて仲間(ときには敵兵まで)を救い続けた。なぜドスは銃を手にしなかったのか。そしてどうやって奇跡を実現したのか。英雄となった男の真実を明らかにする、驚がくの実話作品が誕生した。

一見、軟弱者──しかし、不屈のガッツを秘めた信念の男をガーフィールドが体現! 一見、軟弱者──しかし、不屈のガッツを秘めた信念の男をガーフィールドが体現!

古くは「ランボー」、近年の「アメリカン・スナイパー」「フューリー」でも、戦争映画といえば主人公は屈強な戦闘兵だった。だが本作は違う。主人公は、戦う兵ではなく、治療する兵なのだ。細身の優男という設定はこれまでのイメージを完全に覆すが、描かれる内容を見れば、なぜ主人公がこうなのかが納得できる。「救う」というテーマに圧倒的な説得力が備わるのだ。

ドスはたったひとりで、一体どのようにして75人もの命を救ったのか? ドスはたったひとりで、一体どのようにして75人もの命を救ったのか?

デズモンド・ドスとは、良心的兵役拒否者(宗教上などの信念によって兵役を拒否した者)としてアメリカ史上初の名誉勲章を、トルーマン大統領から授けられた人物。造船所で働いていたことから兵役を延期することもできたのに、「命を奪うのではなく、救いたい」と強く志願して入隊。衛生兵として奇跡ともいえる偉業を成し遂げた。

演技派俳優としてひと皮むけたガーフィールドは、本作でさらに評価を高めた 演技派俳優としてひと皮むけたガーフィールドは、本作でさらに評価を高めた

驚くべき意志の強さと勇気、深き人間愛を持ち合わせたドスを、熱く演じ切ったのは、マーティン・スコセッシ監督作「沈黙 サイレンス」で演技派として高く評価されたアンドリュー・ガーフィールド。ドス本人を徹底的にリサーチし、彼本人になりきった熱演は見る者の心を打ち、アカデミー賞主演男優賞に堂々の初ノミネートを果たした。


[なぜ? これほどまでリアル?]CG依存しない撮影がオスカー2部門受賞
M・ギブソンが描く戦闘シーンは「プライベート・ライアン」を超える臨場感

CGに頼らない実写撮影が高く評価され、アカデミー賞編集賞、録音賞を引き寄せた CGに頼らない実写撮影が高く評価され、アカデミー賞編集賞、録音賞を引き寄せた

「まるで戦場に放り込まれたような」とは、戦争映画のリアリティを語る際の常とう句だが、本作を語るには、どうしてもこの言葉を避けては通れない。銃弾が頭をかすめ、爆発の熱や風圧が伝わってきそうなほどの臨場感、そして敵が迫り来て、いつ命を落とすともしれない緊迫感が、これまでの傑作戦争映画の数々を明らかに上回っているのだ。「ブレイブハート」のアカデミー賞監督メル・ギブソンが10年ぶりにメガホンをとり、再びそのすさまじい「監督力」を見せつけている。

第2次世界大戦で米軍が経験した沖縄・前田高地(ハクソー・リッジ)での激戦を描く 第2次世界大戦で米軍が経験した沖縄・前田高地(ハクソー・リッジ)での激戦を描く

壮絶なリアリティと臨場感の源は、「可能な限り現実に近付ける」という撮影スタイルだ。CG主流の現在においても、あえて“実写”撮影することにこだわり抜き、爆発を近距離撮影するための特殊効果装置を開発。スタントマンのすぐ近くで爆発を起こすという、壮絶なシーンのリアル撮影が可能となり、圧倒的な臨場感を実現した。

ドスの生き方にほれ込み、彼の揺るぎない信念をオスカー監督ギブソンが描き出した ドスの生き方にほれ込み、彼の揺るぎない信念をオスカー監督ギブソンが描き出した

10年ぶりの監督作となったギブソンだが、その才能はやはりすさまじかった。前述の臨場感は、オスカーを受賞した初監督作から、「パッション」「アポカリプト」まで一貫した「実際に撮る」撮影スタイルのたまもの。さらに暴力、戦争、信仰という「ブレイブハート」ともつながる熱い物語を描き出し、見事2度目のオスカー・ノミネートを果たしたのだ。

戦闘シーンに加え、戦地に赴く兵士たちの人物描写のリアルさにも目を見張る 戦闘シーンに加え、戦地に赴く兵士たちの人物描写のリアルさにも目を見張る

作品賞、監督賞、主演男優賞を含むアカデミー賞6部門ノミネート(編集賞、録音賞の2部門受賞)を筆頭に、ゴールデングローブ賞3部門ノミネート(作品賞、監督賞、主演男優賞)ほか、全102部門ノミネート・34部門受賞を果たした(※2017年3月7日現在)。ニューヨーク・ポスト紙、ローリング・ストーン誌などの一流メディアも、軒並み高評価だ。


[なぜ? 戦争映画なのに泣ける?]戦闘場面以上に際立つ珠玉の物語
見る者はいつしか、ドスを送り出す家族のような気持ちになっている

ただ愛する夫の無事を祈る妻と、妻の元へ生きて帰ると誓う夫──夫婦のドラマが染みる ただ愛する夫の無事を祈る妻と、妻の元へ生きて帰ると誓う夫──夫婦のドラマが染みる

壮絶な戦闘を描く戦争映画といえば「アクション映画」の印象が強いが、本作は見る者の心を大きく揺さぶる。それは、ドスが愛する女性(テリーサ・パーマー)と出会ってきずなを育んでいく姿、確執が根深かった父(ヒューゴ・ウィービング)との和解、そしてドスとともに戦場に赴く仲間たち(サム・ワーシントンビンス・ボーンほか)との友情のドラマが、アクション描写以上の丁寧な描写で、丹念に積み重ねられていくからに他ならない。

(左から)サム・ワーシントン、ヒューゴ・ウィービング、ビンス・ボーン (左から)サム・ワーシントン、ヒューゴ・ウィービング、ビンス・ボーン

なぜドスは、罪を問われ、軍を追放されるかもしれない窮地に陥ったときでさえ、銃を手に取ろうとしなかったのか。そして、なぜ互いを思い合いながらも、長きに渡って父と確執を抱えてきたのか。その理由がつぶさに描かれることが、当初はドスの存在を疎ましがっていた同僚たちが、彼を認めていく過程に深みを与えていく。加えて、妻との出会いと思いを成就させていく姿が、見る者の心をドスに寄り添わせていくのだ。我々はドスを見守る家族のような、そしてともに戦う仲間のような心境で、彼の行く末を見つめることになる。

壮絶な戦闘を描くアクションのクオリティに加え、それに勝るとも劣らない濃密なヒューマン・ドラマ。このふたつが見事な融合を果たした本作は、戦争映画の枠を超えた、壮大な感動作と呼んで過言ではないだろう。

画像14

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

信仰とは、信念とは。そしてそれを描くべき舞台が、日本だったということの意味
映画評論

ヴァージニアでの少年時代、誤って兄を煉瓦で殴打してしまった少年は、その時、自宅の壁に貼られた“汝、殺すなかれ”という神の教えを幼心に刻みつける。後に第2次世界大戦の沖縄戦線に衛生兵として従軍し、武器を持たずに人命救助に徹した実在の兵士...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す