22年目の告白 私が殺人犯ですのレビュー・感想・評価 (2)

22年目の告白 私が殺人犯です

劇場公開日 2017年6月10日
425件中、21~40件目を表示 映画レビューを書く

騙されてた〜!

また藤原竜也さん、クズ役やってると思ったら!
後半どんでん返し!

騙されました。

最後まで観て、スッキリ。

may.u
may.uさん / 2017年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3度楽しめる!

最後スカっとします!
1度目はストーリーの内容にドキドキして
2度目はまさかの展開にワクワクして
3度目は犯人は誰なのかとハラハラして
最初から最後までで
3度楽しめる映画だと思います!!!
俳優も豪華で安心して楽しめます(^^)

たけのこ
たけのこさん / 2017年10月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高の作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

普通に、タイトルや絵からして藤原竜也さんが痛くて人殺しのクズな役と思って面白そうだなと観た映画でしたが、内容が本当に思ってたものとは全然違い、素晴らしかった。

藤原竜也さんの人物作りが上手すぎて感動。
藤原竜也さんにしかできないような人物だったと思いました。

なうちん
なうちんさん / 2017年10月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おもしろかった

おもしろかった!!!

koko
kokoさん / 2017年10月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そ〜ゆ〜ことか

面白かったけど、ベタだなぁ〜。

そうたん
そうたんさん / 2017年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仲村トオルの棒演技が苦痛!!

公開当時話題になったので期待しましたが、邦画でよく見かけるキャストばかりで集中できず、悪い意味でコミックのような内容で引き込まれず、事件とかどうでも良くなりつまらなかったです。藤原竜也の喚き演技だけ注意すれば大丈夫かと思いましたが、岩城滉一の一生直らない活舌の悪さが不快ですし、なぜ仕事があるのかわからない棒演技の仲村トオルが司会役で頻繁に出るのでかなり苦痛です。医者がファントムペインについて説明するシーンがありますが関係なくないですか。脚本もバカっぽいです。海外ドラマの「ホームランド」のような要素が少しありますが、取って付けたような感じでした。事件関係者が皆若すぎますし、どうせなら田原総一朗か鳥越俊太郎でやって欲しかったですが、とにかく劇場で観なくて良かったです。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年10月12日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

釘付けになった

良くできた内容で集中して見れた。
終盤で、最後の展開がやっと予想出来た。
面白かった。

Katsuton
Katsutonさん / 2017年10月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映画の中の大衆と、同じ感覚で事件を追っている自分に気がついた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

犯人の心理が闇深い

Marina
Marinaさん / 2017年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後のシーンの疑問。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

仙頭さん(仲村トオル)に向かって包丁を持って走ったチンピラ(早乙女太一)で終わったけど、帽子が脱げたその顔はタクミ(野村周平)?
横顔だけだからよく分からないけど、
この少しした疑問を持たせたまま終わらすのもなかなか印象に残らせる作品だと思います。

ちなみに2016年頃、曽根崎(藤原竜也)のサイン会シーンのロケに遭遇したのですが藤原竜也はやはりかっこよかったです。

cocoまる
cocoまるさん / 2017年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怒りや悲しみに時効は無い

今年の実写邦画上半期ナンバー1ヒット作だったが、劇場には観に行かなかった。
観れば面白いんだろうなというのは承知だったが、オリジナルの韓国版を見ててオチを知ってた事もあったし、邦画が韓国サスペンスに勝てる訳がないという失礼ながらの偏見も。
で、実際に観て、うん、ハイ、劇場で観ても良かったと今更ながら後悔。

話は概ね踏襲。
オリジナルを見てない方には、驚きの展開や真相が面白くて堪らないだろう。
で、このリメイク版はさらに色を付け一捻りあって、オリジナルを見てオチを知ってても充分楽しめる。
オリジナルは韓国サスペンスでもマイナーな方で、シュールなコメディ的なシーンや唐突のアクション・シーンもあったりして、結構ツッコミ所も…。(そのオリジナルの『殺人の告白』、超簡易レビューだったのにも関わらず、共感を入れて下さった方、ありがとうございますm(_ _)m)
その辺本作は、終始ハラハラドキドキ目が離せない見応えあるサスペンスになっている。
○○○と○○の関係もこちらの方がずっと感情移入出来るし、“犯人”の背景にも迫っている。
阪神淡路大震災など時代背景も巧みに取り込み、もう廃止されたが時効や踊らされるメディアやマスコミなどへも皮肉や風刺も。
いやはや、参った! 思ってた以上に面白かった!

クズ役をやらせたら今ピカイチの藤原竜也は期待通り。しかし、あるシーンから彼への感情がガラリと変わり、それは話の設定上でもあるが、藤原竜也の演技の巧さもあるだろう。
伊藤英明もや悲しみと怒りを抱えた刑事を熱演。ある映像を見せられ、静かに嗚咽する姿に目頭熱くさせられるものがあった。
1995年と2017年で画面サイズが変わったり、入江悠監督の遊び心もある演出。『SR サイタマノラッパー』などインディーズ系の作品では才を魅せるものの、初メジャー『ジョーカー・ゲーム』がまずまずだった監督のメジャーリベンジは上々!

まあオリジナル同様、ツッコミ所も無い訳ではない。リアリティーもあるし、非現実的でもあるし…。
展開もオチも犯人も脚色はされているとは言え、犯人は大体予想付いてしまう。
だって、犯人像はアノ人以外あり得ないし、何故かフォーカスされてるし、それにキャスティング的にも…。

言ってみれば、一世一代の大博打。
これ、もし現実だったら大問題…所では済まされないだろう。
そんなのは承知。命さえ投げ出す覚悟だったろう。
時効は無くなった。
時効によってどれほどの事件が埋もれていった事か。
勿論、時効にもやむを得ない理由はある。
が、大切な人を奪われた怒りや悲しみに時効は無い。
真相判明や犯人逮捕の日まで。

近大
近大さん / 2017年10月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

全体的にテンポの良さがあった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

真犯人が分かってからのひと悶着はモタついている

noritenpa
noritenpaさん / 2017年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当は星0です。

映画を見ながらレビューしてます。

オープニングで本編の映像を使い回すな
テレビかよ

藤原竜也登場シーンダサい
なんで暗いの、バックの映像なんであるの
出版社の演出?
藤原竜也のセルフがそのままテロップで
出てくる
観ていて恥ずかしくなる

若い刑事がテレビに物投げる
怒鳴って周りが止める
現実味がない
かといってその若い刑事のキャラ掘り下げない

バスの中や
喫茶店でみんな告白本読んで
バカじゃないの?
違和感しかない

夏帆の演技が急、違和感しかない
本屋での描写とわずかな回想しかないので共感のしようがない。のに急な叫び演技

イベントの時なんでこんな人気なの?
人殺しなのに
外側には人権団体の講義
どんな考えでキャーキャー言うの?
頭、おかしいんじゃないの?
現実味がない

夏帆、急に、夏帆、、
なんなの?
具体的描写がないから共感もできない
ナイフ、なんか隠したけど
バレるよ
指紋は?ナイフについた血は?
その後はほったらかし回収なし
おいおい、夏帆見逃したよ

命狙ったヤクザ、どうなったの
組長なんで普通にテレビみてんだよ
警察何やってんだよ

妹の震災後のPTSD的な描写、
急でしょ。
なんか、聞きかじった事を無理やり演出に入れた感がスゴイ。気持ちがないから
観ていてイラつく

ウソだろ、まだ一時間も経ってない

時効になると刑事って泣くの?
みんなして?
どうやったらこんな演出思いつくんでしょうか
恥ずかしくないんでしょうか

阪神大震災の事すげぇ言うけど、
その話を今する意味、メッセージ性はあるんでしょうか?

伊藤英明の上司、声ちっちゃくて何いってるかわかんね

また、出たよツイッター、ライン、2ちゃんねる、インタビュー映像、
だっっっさいわぁーー
イライラする
観ていて恥ずかい邦画業界潰れて欲しい

ウソだろあれから10分くらいしか経ってない
生き地獄映画

真犯人?登場。
ボディガードみたいのはどこで雇ったんでしょうか?
声、変えてんだけど何いってるかわかんね
これ、完成した段階で何にも思わないの?

サブで映像の確認、
みんなで、わっ、とか、ムリムリっとか
言わないでしょ
演出がとにかくダサい

乱闘開始。
普通だったら放送止めるだろ。
あとテキパキやれよ
間延びし過ぎ、この映画全体に言える

オチから終わりまでなげぇよ
ダラダラやりやがって
もう、観てねぇわ
新作で借りて損した。

最低、最悪、監督くたばれ。
消えろ。

www
wwwさん / 2017年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何の捻りもない普通の展開

特に騙される事もなく、単純でわかりやすく何の捻りもない展開。
映画好きな方はキャスティングで分かってしまうでしょうね。

みぺ
みぺさん / 2017年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い!

日本の映画はこういうサスペンスものは本当に優秀なものあるなぁ。

中途半端なアクションものより、こういった映画を突き詰めていってほしい。

ミネ
ミネさん / 2017年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

真犯人が出て来たあたりから物語が加速していって食い入るように観てしまったが、なんとなく真犯人がわかってしまった。
藤原竜也が普通に良い奴すぎてギャップに面食らうと思います。

K-1
K-1さん / 2017年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実離れの感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キャスターが犯人だったというのがかなり現実離れ

ポケ
ポケさん / 2017年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となる。ところがこれは牧村の演出で作られた罠だった。真犯人はジャーナリストの仙堂であった。ラストでは拘束衣を着せられた仙堂に曽根崎こと牧村の妹の婚約者タクミが清掃員を装いナイフを持って襲い掛かるというラストシーンは印象的で面白い。

Takashi
Takashiさん / 2017年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

物足りない

もっと韓国版みたいな犯人と被害者家族の対立があった方が緊張感がありうまく観る人を騙せたかも

おさみん
おさみんさん / 2017年10月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあ

満足感はあるが、ミステリードラマをただ見た感じ

のり
のりさん / 2017年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すぐにのめり込める

冒頭からすぐ続々する展開!常にハラハラドキドキです

しゅーん
しゅーんさん / 2017年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

425件中、21~40件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi