22年目の告白 私が殺人犯ですのレビュー・感想・評価 (6)

22年目の告白 私が殺人犯です

劇場公開日 2017年6月10日
431件中、101~120件目を表示 映画レビューを書く

前半はすごく好きだけど…

予告を見て面白そうだったので友達と見に行きました。しかしR指定無いのに、結構グロいシーンが多かった気が。

血が噴き出すとかいうわけでは無いですが、殺されているシーンがまじまじと映し出されるので生々しくて怖かったです。何となく分かる描写だけでいいんじゃ…と個人的には思いました。

ストーリーは、序盤は迫力がすごく、会見のシーンなんてリアリティがあって映画館で見ると臨場感がハンパないです。
ですが中盤に差し掛かってくると明らかなフラグ。大体ミステリーが好きな方はすぐに犯人がわかってくると思います。

前半は面白かったですが、後半になると段々チープになったように感じました。

日本の映画が…とか言うほどの映画評論の実力なんてありませんが、邦画にあるあるだな〜と思ってしまいました。

途中までは唯一無二な感じで、ありふれた感はなかったので少し残念。

でも相変わらず藤原竜也さんの演技は素敵でした。色々考えされられ、見る価値は大だと思います。

りんご
りんごさん / 2017年7月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

イマイチ

個人的にはラストの別荘のシーンになってから、一気に残念な映画になりました。普通はあそこで殺しちゃうと思いますけどね…

のっく
のっくさん / 2017年7月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初から引き込まれた。

おもしろい。最初から最後まで飽きなかった。

ストーリーもよかった。完全に騙されました。

俳優陣がいいです。

藤原竜也、伊東英明、中村トオル、夏帆・・・。

伊藤英明は「3月のライオン」でも力強い演技がよかったけど今回もよかったです。

夏帆さんはいつもどおり、上手だなあと思いました。

もう少しハッピーエンドにしてもと思ったけど、世の中こんな事件が本当にあるから仕方ないのかも。

51
51さん / 2017年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ミステリーになり得なかったサスペンスドラマ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【総評】
前半部に関しては、映像表現や、藤原竜也のミステリアスなキャラクター、テンポのよさ、ミステリーとしてのシナリオの仕掛けなど、冒頭から期待感の高まる映画であったが、
物語の第2幕となると激変し、陳腐なサスペンスドラマになってしまい、前半部に感じていた期待感は行き場を失い、劇場を出るときには「まぁ面白かったかな(?)」と錯覚させられた。
思い返してみると「あれ?おかしくね?」と感じることが多数あり、気付いてみれば、結構批判的な感想を持たされた、ある意味面白い映画であった。

【プラス点】
〈出演者〉
①藤原竜也
⇒冷徹・知的・不気味な雰囲気を醸し出し、常に上手を取られているように感じてしまうような、非常にミステリアスで、圧倒的な存在感を出していた。

〈映像表現〉
②起承転結の「転」までの構成
⇒スピード感があり、回想や情景描写がコンパクトにまとめられ、テンポが良かった。ミステリー・サスペンス特有の序章の間延び感を全く感じなかった。理由ははっきりとは分からないが、
シーンの繋ぎ方が上手かったのかと思う。

③劇中劇の描き方
⇒邦画の弱点である劇中劇の出来が良かった。ニコ生のコメント欄が映るシーンでは、様々な声が入り乱れた結果に生まれた混沌が自然に表現されていた。
へルタースケルターのそれと比較すると出来映えの差が理解できる。

④プロローグのイメージカット
⇒体感90秒程度のイメージカットであったが、
 阪神大震災~連続殺人事件の時効成立のストーリーが分かり易く、序章へとスムーズに繋がり、めちゃくちゃ格好良かった。

〈ストーリー〉
⑤前半~中盤のシナリオの根幹が、細部にリンクし、仕掛けも面白かった
⇒前半~中盤のストーリーの構成は2段構えの仕掛けのあるミステリーであり、とても合理的で面白かった。細かいところでも徹底してシナリオが浸透しており、冒頭の記者会見のシーンでは「プレス発表でこんなマッピングする奴いるかよーww」と思っていたが、過剰なプロモーションにも理由がしっかりとリンクしており、いい具合に「やられた感」を感じることができた。

【マイナス点】
〈映像表現〉
①テンポが良すぎたため、所々笑いどころがあった
⇒序盤で夏帆が書籍にハサミを突き刺しながら悲痛を訴えるシーンでは、被害者遺族への同情を誘うよりも、急変した夏帆の「こいつやべえ奴」感がでてしまった。。

②途中で監督死んだんかって思うくらいの後半のテンポの悪さ
⇒TVのサスペンスの残り25分辺りのようなテンポになっていた。

〈出演者〉
③仲村トオルは完全なキャスティングミス
⇒個人的には好きな俳優ではあるが、声が篭っているは、渋すぎるはで、キャスター役には少々アクが強すぎる。報道番組などの劇中劇の完成度が高かったのに(高かったからか)、1人だけ浮いた存在であった。非常に勿体無かった。個人的な希望で言えば、久米宏だとマッチしたなー。

〈ストーリー〉
④里香が殺された理由に説明がついていない
⇒それまではいずれの事件も「被害者に近い者に殺害の瞬間を見せる」・「その目撃者を生かす」・「縄で絞め殺す」をルール、美学としていたはずだが、里香は誰にも目撃されずに殺されているという疑問点。牧村が死んでいなかったということが認識できていたような描写はなく、仕方なく殺したような動きではない。最初からあの場で殺害を計画している場面として作られていた。仮に牧村の生存を察知していたとしても、本来であれば、里香を解放するか、牧村の目前で里香を殺害or殺害の映像を牧村に送りつけるはずであった。最大のピンチの時でも牧村を殺さなかったのだから。ミステリーにおいて重要な犯人のポリシーが成立していない。それでもなお、犯人は一連の事件を「自分の作品」として愛でている。このような完璧主義の犯人であれば、この第5の事件で終わりにするのは不毛であり、彼にとっては駄作なはず。シナリオのご都合により犯人の美学は歪められてしまい、とても緻密に構成された前半部をぶっ壊したのだ。後半は陳腐なサスペンスとなってしまった。非常に良くない。

⑤ヤーさんの親分のせがれが何故鉄砲玉に・・・?
⇒腹違いとはいえ(そもそも本妻の描写なんぞなかったが・・・)、
自身のせがれを鉄砲玉に使う理由が分からない。無理があるが、息子に復讐をさせてやりたいという愛情表現だったと解釈できたとしても、 ならその描写はあって然るべき。遺族の行動が主題とも言えるこの映画で、その描写をカットすることは有り得ない。たぶん最後のエンドロールのシーンを入れたいが為に、又は早乙女太一を使いたいが為に、息子を鉄砲玉にするという謎展開に至ったのだろう。
こーゆーのが邦画を衰退させてるんだよなー。。。

⑥里香の最期の言葉があまりにも無情なものにも関わらず、なぜ曽根崎や牧村はリアクションがなかったのか
⇒「私は死ぬべきなんだ」的な発言は、非常に犯人を苛立たせるものであるが、それと同時に曽根崎は「俺は変えてやることができなかった」という無力感と復讐への絶望感を感じさせるものである。この非常に重みのある里香の最期の言葉に対し、それのアンサー描写が何も無く、「もしかして制作者は、この言葉が曽根崎に対してどれほどの意味を持っているのか分からなかったのか・・・?」と疑念を拭えない。

⑦ドキュメンタリー番組のクルーの存在意義が皆無
⇒本当にびっくりした。まるで意味が無かった。
ストーリーに1ミリも触れることが無く、その割にずっと出ている。「え、こいつら何だったん」て思った人ばっかだろうに。例えば、最後の犯人の獄中でぼやいてるシーンを、同じ撮影クルーが撮っていたってことであれば、ある種の、メディアや世間に対し、透明さや軽薄さ、恐ろしさを象徴する存在や、「個人の主義や主張は、多勢に対して効果や結果は生まないよね」って感じの皮肉になり得たと思うが・・・

kimopinga
kimopingaさん / 2017年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

時間あるから見てみるか程度で見ました
展開があまり予想出来なく予想外のさつじんミステリーと感じました。
今の所今年で1番面白いと感じた作品でした

CHOCO
CHOCOさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重く、苦しい映画でした…

最初から最後まで、重くて苦しい映画でした。
連続殺人事件から始まり、殺人事件の重さ、時効の問題、連続殺人事件のカラクリ、犯人の苦しみ…。
色々な観点から話が1つに結びつく。
犯人は意外な人でしたが、途中からなんとなく分かりました…。
全体的にみると、よく出来た映画でした。
映画館でみると、やっぱり迫力が有りますね!
よく出来た映画でした。

ma-ko
ma-koさん / 2017年7月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

仲村トオルがイマイチだった

仲村トオルがイマイチだった

アッキー
アッキーさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

よくできたお話しで先が読めなかった

主人公の一人、伊藤が演じる刑事の若い頃が髪型だけというのが没入感を削ぐ。脚本がよくできている一方で役者の力量がそれに追いついていない。特に伊藤。この手の役なら、若い時のために痩せておいて、歳をとったら太るとか、ハリウッドならやる。と思った。
せっかくのいい役なのにね。

iwazaking
iwazakingさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後で台無し

日本人監督の悪い癖が出てしまった感じですね。
最後の掃除夫が無ければ…
かなり素晴らしい映画になっていた。

DVDの特典とかで入れる分にはいいが
あれを映画館で入れてしまうのはちょっと

一気に冷めてしまった。最後の最後で。

トムトム
トムトムさん / 2017年7月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

最高

話が面白く、演技が上手すぎて誰が犯人かわからん

ミッツ
ミッツさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何も考えないで見られる!

面白かった!友達にもオススメしたい映画です!

なそん
なそんさん / 2017年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

公開時期に映画館で見るのが1番

この作品を映画館で見ることができて本当に良かったと思っている。なぜならBGMの作り込み、時代背景によるLINEなどの描写、様々な演出がこの上映時期にぴったしだからだ。

Wisy
Wisyさん / 2017年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった

途中で犯人が分かってしまったのが残念だけど、面白かった。伊藤英明さんの泣く演技が上手いなぁと思った。藤原竜也さん、いつもより押さえぎみに演技してる?でも藤原さん(笑)仲村トオルさんも素敵でした。藤原さんと野村周平さんの年齢設定には違和感がありました。

ハイジ
ハイジさん / 2017年7月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすがです。

場面展開のリズムが良い。どんどん惹きつけられていく。藤原竜也はさすがの安定した演技力。全体的に違和感のない仕上がり。

sati
satiさん / 2017年7月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白かったけど…。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

母と2人で鑑賞。22年の時を経て、現れた殺人犯が告白本を出版し、大きな事態になっていくというストーリー。所々、見苦しい場面がありますが、2時間ずっとハラハラしっぱなしでした。つい先日まで、「リバース」を観ていましたが、さすが演者さんだけあってギャップが凄かった。真犯人はまさかあの人だったとは。ソネ様の秘密も衝撃です。

ボブちゃんと映画好き
ボブちゃんと映画好きさん / 2017年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い藤原竜也 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

藤原竜也と言えばどうしようもないクズ人間を演じることが多いので、今回もその類ではないかと思っていたら騙された。
私がとても印象に残ったのは、22年を振り返るオープニングと役者の名前が流れ始め
終わったと思わせておいてからのラストである。
あれには痺れ、グッと拳を握った。オープニングとラストが綺麗な映画であり中身もぎっしり詰まっている良作ではないか!

1つ言いたいのは、藤原竜也の担当の編集者はどうにかならなかったのか(笑)

モロもろきゅう
モロもろきゅうさん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

時間 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本編が始まり、物語が唐突に始まる。
見始めててから脳裏に浮かんでいく大筋の予想は外れる事はなかった。

だが、退屈なわけではない。

寧ろ、頭の中でぼんやり描いていたものが、明確な輪郭を持ち具象化されていくのを追いかけていきたい欲求が高まっていく。
次はこうなるんだろ?
どんな風に見せてくれるのだろう?
だけど、そこには想像だにしていなかった人間の感情というものが鮮烈に刻み込まれていた。だからこそ、退屈じゃない。
だからこそ、次を、その先をと心がはやる。

どんでん返しがない訳ではなく、物語は終劇に向かうまで二転三転していく。
そして観終わった後に、あまり大きな消化不良が残らないのも精密な脚本によるものなのだろうと考える。
小説を読み進める感覚に近いのかもしれない。様々な想像を巡らせ、その答えがハマる瞬間…今作はそれを明確な映像としと提供してくれたような感覚がある。

フィクションとしては最高に面白かった。
この作品に使われるノイズのような音楽が、人の心にに深く根を張る狂気にも思え、耳障りながらも嫌いではなかった。

ただ…
事が露見した後の犯人の芝居だが…あの虚ろな眼には驚嘆しはするが、その虚ろな表情の内容には疑問が残る。
あんな自己顕示欲の強い男でさえあんな風になるものなのだろうか?
なんだか過去作品をなぞって出来た表情にも思え、少し残念だった。
それと…
時効を向かえるまでの15年間が野村君の中に無いのかと疑念をもつくらい変化が乏しかったのが不満。

U-3153
U-3153さん / 2017年7月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

メッセージ性が薄弱で常套に嵌ったネタ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1995年に起こった連続殺人事件の殺人犯が、15年の時効が経ったあと、2017年に姿を現し、犯行の真相を告白する手記を出版し、世間を騒がせた。しかし手記には真実が語られておらず、本当のミステリーはそこから始まっていた。
どんでん返しの連続で、サスペンス映画として出来は良いかもしれないが、結局この映画は何を伝えたいだろう、という観点で考えると、メッセージ性が薄弱で深みに欠ける作品と言わざるを得ない。時効が過ぎたため法律で裁けない殺人犯が乗り出し、堂々と世の中を騒がせるということを通して、時効や法律の意義などについて探求する作品かと思えば、そんな志が全く無く、結局乗り出した殺人犯は真の殺人犯ではなく、真の殺人犯を捕まえるために動き出したい被害者の婚約者。そして真の殺人犯は紛争地域で大事な人を殺され、心的外傷を負ったジャーナリストと来た。またしても「殺人の動機」に「精神疾患」という安易な解を与える結末。その種明かしには正直がっかりした、ネタ自体も取ってつけたようなもので前半ではまるで伏線が無く、必然性も無い。それでもサスペンスとしてはまあまあ良いから星4つを与えようと思ったが、蛇足としか言いようがないラストシーンには本当に冷めた。多くても星3.5しか付けられない。

こと☆
こと☆さん / 2017年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

序盤で読めちゃった

ああ、なるほど…と序盤で内容が読めてしまったのですが、それをどうやって展開させるのかを楽しみに観ることにしました。

ターシャ
ターシャさん / 2017年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オチ読めたけど

刺激的で好きな一作。

藤原竜也の出てる作品をちゃんと見たのは初めてかもしれない。
彼は昔から髪型もほとんど変わらず(直毛のイメージ)、実力派という印象。

サスペンスでありながら、
1人の人を愛し続ける、偉大なる愛の物語でもある。

ラストは個人的にはちょっと違ったかもなー。

※エンドロール始まってすぐ退出は禁止です

にゃんちゅう
にゃんちゅうさん / 2017年7月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

431件中、101~120件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi