007/消されたライセンス
ホーム > 作品情報 > 映画「007/消されたライセンス」
メニュー

007/消されたライセンス

劇場公開日

解説

中南米を舞台に、ライセンスを剥奪されたジェームズ・ボンドが友情のために戦う姿を描く。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン。監督は「007/リビング・デイライツ」のジョン・グレン、脚本はウィルソンとリチャード・メイバウムの共同、撮影はアレック・ミルズ、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はティモシー・ダルトン、キャリー・ロウエルほか。

ストーリー

友人フェリックス・ライダー(デイヴィッド・ヘディソン)とデラ・チャーチル(プリシラ・バーンズ)の結婚式に出席するためフロリダを訪ねたジェームズ・ボンド(ティモシー・ダルトン)は、沿岸警備隊の連絡をうけ麻薬王サンチェス(ロバート・ダヴィ)を逮捕するが、彼は仲間の助けもあり難なく逃亡に成功する。仲間の首謀者ミルトン・クレスト(アンソニー・ザービ)とともにサンチェスは、デラを殺し、フェリックスに重傷を負わせる復讐をする。友のために立ちあがるボンドであったが、彼は上司の“M”(ロバート・ブラウン)から、事件に手を出すな、と命令されてしまう。そしてボンドは殺しの許可証を奪われ、一人で戦いを挑むことを決意する。友人シャーキー(フランク・マクレー)の協力でサンチェスとクレストの隠れ家をつきとめたボンドは、そこで麻薬捜査官キリファー(エヴェレット・マックギル)の姿を見つけ、裏切り者の彼を殺し、次いで訪れたウェーヴクレストでサンチェスの愛人ルペ(タリサ・ソト)と出会った。同時に彼に接触していたパイロットのパム(キャリー・ロウエル)とも知りあい、彼女と共にサンチェスの居所でもある大カジノ、イストマス・シティへと向い、パムを秘書としてカジノに乗り込んでゆく。そして元英国情報部員の肩書きを利用してサンチェスに近づいてゆくボンドは、クレストを仲間の裏切り者に仕立てあげることで麻薬組織の壊滅を計画する。やがてそれを信じたサンチェスはクレストを殺し、ボンドを右腕として組織に組み入れるのだった。しかしボンドのその策略も、サンチェスが内密に麻薬を精錬している国際瞑想センターで殺し屋のダリオ(ベニキオ・デル・トロ)に見破られ、一面の炎の中にパムと共に取り残されたボンドは出口を見つけ脱出、麻薬倉庫が爆発し逃走するサンチェスのトレーラーを撃破し、巨大麻薬組織を壊滅させると同時に自らの復讐を遂げるのに成功するのだった。...

作品データ

原題 Licence To Kill
製作年 1989年
製作国 イギリス
配給 ユナイト=UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全3件)
  • クールでダーク ボンドが任務ではなく個人的な復讐をするという超異色作です。ブチ切れするボンドがカッコ良い! 全体的にダークでキレのあるイメージです。かなりエグいシーンがちょこちょこあるので、グロが苦手な私には観... ...続きを読む

    あむのす あむのすさん  2015年12月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • アクション、スケール共に007らしい ティモシー・ダルトンのボンド2作目。 過去007から考えると、007らしくない作品。 ボンドの人間味がおもいっきり出ている。 ストーリーはとてもバランス良く、アクションも良い。 何より一番ボンド... ...続きを読む

    ごんたくろ ごんたくろさん  2014年5月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • Licence To Kill ネタバレ! 007シリーズ第16作 『消されたライセンス』 主演は2作目にして最後のボンドを演じるティモシー・ダルトン 本作はシリーズの中でも かなりの異色作だと思う。 「これボンド映画じゃないだろ…」と言... ...続きを読む

    もん もんさん  2013年4月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

消されたライセンス (字幕版)
消されたライセンス (字幕版)
2016年1月1日
¥1,200
iTunes

他のユーザーは「007/消されたライセンス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi