ライラの冒険 黄金の羅針盤 特集: 第3回:今後のファンタジー映画総括~ブームは、まだまだ終わらない?(1)

ホーム > 作品情報 > 映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 > 特集 > 第3回:今後のファンタジー映画総括~ブームは、まだまだ終わらない?(1)
メニュー

ライラの冒険 黄金の羅針盤

劇場公開日 2008年3月1日
2008年2月26日更新

ダコタ・ブルー・リチャーズのインタビューとともにお届けする特集第3回は、今後のファンタジー映画の総括。「ロード・オブ・ザ・リング」のニューライン・シネマが、同シリーズの次に送り出す大型ファンタジーが「ライラの冒険」だが、他スタジオも負けてはいられない。「指輪」がアカデミー賞を席巻して華々しく完結し、「ハリポタ」もあと2作で終わるとあって、その空席を狙ったファンタジー映画を次々と市場に投入。「ライラ」を含め、これらの中から次なる大ヒットファンタジーシリーズが生まれるのか?(文:編集部)

第3回:今後のファンタジー映画総括~ブームは、まだまだ終わらない?

魅惑的なファンタジーの世界が、今後もたくさん 魅惑的なファンタジーの世界が、今後もたくさん

ロード・オブ・ザ・リング」3部作と「ハリー・ポッター」シリーズがヒットして以来、ハリウッド中のスタジオが、人気原作シリーズの映画化作は、一度当たれば何度でもオイシイことを痛感。いきなり数多くのファンタジー映画が製作されたが、実際公開されて見るとヒットする映画は実はそんなに多くはない。2匹目のドジョウはなかなか簡単には狙えないようで、「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」「光の六つのしるし」「エラゴン/遺志を継ぐ者」など、シリーズ物でありながらも1作目しか製作されていないファンタジーもある。

そんなわけで、そろそろファンタジー映画の流行も一段落か?と思ったらそれはどうやら勘違いらしい。まだまだ以下のようなファンタジー映画が製作進行中で、さらにAmazonがファンタジー映画の製作に進出。そして、「ロード・オブ・ザ・リング」のシリーズ前章「ホビットの冒険」も現実味を帯びてきて、このジャンルの新作は今後も続々登場しそうなのだ。もはや定番ジャンルとして定着してみたといいのかもしれない。

本年は2大人気シリーズの新作が登場、夏には「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」、冬には「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が日本公開されるが、他にもこんなファンタジー映画が待っている。

Part.1~このファンタジーがもうすぐ見られる!

■「スパイダーウィックの謎」 The Spiderwick Chronicles
~ファンタジー物が続くフレディ・ハイモアが主演

作品ページ

フレディ・ハイモアはライラの“ダイモン”の声もやってます フレディ・ハイモアは
ライラの“ダイモン”の声もやってます
(C)2007 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

03年から刊行が始まったホリー・ブラックのファンタジー「スパイダーウィック家の謎」全5巻を、「チャーリーとチョコレート工場」「アーサーとミニモイの不思議な国」とファンタジー色の強い作品が続くフレディ・ハイモア少年の1人2役で映画化。両親の離婚のために双生児の少年が引っ越してきた古い屋敷には、妖精たちが住んでいた。ゴブリンやグリフォンなどヨーロッパのおとぎ話の有名クリーチャーが多数登場するのがポイント。監督は「フォーチュン・クッキー」で身体が入れ替わる母娘を描いたマーク・ウォーターズ。全米では2月14日に公開されて「ジャンパー」に次ぐ全米ボックスオフィス初登場2位にランクイン。日本は4月26日公開。

Amazonで原作本をチェック!

■「魔法の声」 Inkheart
~「指輪」「ライラ」のニューライン・シネマからもうひとつ

US公式サイト

新装版「魔法の声」税込1995円/WAVE出版 新装版「魔法の声」
税込1995円/WAVE出版

ロード・オブ・ザ・リング」「ライラの冒険」のニューライン・シネマ製作のファンタジーがもうひとつ。こちらも原作は3部作。03年出版開始のコーネリア・フンケの「インクハート」3部作の第1作「魔法の声」を映画化。少女メギーの父親モーは、本を声に出して読むと、その登場人物が現実に出現する“魔法の声”の持ち主。だが、その能力を邪悪な存在が狙っていた。父娘役は「ハムナプトラ」シリーズのブレンダン・フレイザーと「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」に端役で出ていたエリザ・ベネット。「ダ・ヴィンチ・コード」のポール・ベタニー、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム役で人気のアンディ・サーキス、「クィーン」のヘレン・ミレン、「エラゴン」のシエンナ・ギロリーと共演陣はかなり豪華。監督は「鳩の翼」「光の旅人」のイアン・ソフトリー。08年4月30日全米公開。

Amazonで原作本をチェック!

■「エンバー/失われた光の物語」 City of Ember
~今年のオスカー候補シアーシャ・ローナンが主演

「エンバー失われた光の物語」税込1680円/集英社 「エンバー
失われた光の物語」
税込1680円/集英社

ジェニー・デュープロの03年刊行のSFファンタジー「エンバー/失われた光の物語」をアドベンチャー・アニメ「モンスター・ハウス」のギル・キーナン監督が映画化。停電と物資不足に悩むある惑星で、12歳の少女リーナと少年ドーンは、伝説の光の都市を求めて旅に出る。ヒロイン、リーナ役は「つぐない」と本作に続いてピーター・ジャクソン監督の「ラブリー・ボーン」を撮影中の注目の新星シアーシャ・ローナン。少年ドーン役は「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」で結合体双生児のロッカーを演じたハリー・トレッダウェイ。共演陣はビル・マーレイ、ティム・ロビンス、マーティン・ランドーとシブめの演技派揃い。全米は20世紀フォックスと「ナルニア国」シリーズのウォールデン・メディアの共同配給で10月10日公開。

Amazonで原作本をチェック!

■「かいじゅうたちのいるところ」 Where the Wild Things Are
~スパイク・ジョーンズが名作絵本を“フツー”に映画化!?

作品ページ

「かいじゅうたちのいるところ」税込1470円/冨山房 「かいじゅうたちのいるところ」
税込1470円/冨山房

モーリス・センダックの名作絵本を「マルコヴィッチの穴」の個性派監督スパイク・ジョーンズが映画化。おおかみの着ぐるみを着た少年マックスが、森でかいじゅうたちと大騒ぎ。やっとスチル写真が公表されたかと思ったら、どうやら大幅な撮り直しが行われるとの噂。覆面試写会で映画を見て泣き出す子供が続出、製作会社側があわてて撮り直しを決めたという噂が流れている。しかし、スパイク・ジョーンズが撮る以上、フツーの映画になるわけがないのでは? キャスティングも「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」でダニエル・デイ=ルイスを相手に怪演を見せるポール・ダノが出演、「かいじゅう」の声を「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカーが担当と、子供よりも映画ファンにウケそう。08年に予定されていた全米公開が09年になるらしい。

Amazonで原作本をチェック!

>>あんな映画も企画進行中!?次のページ

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の特集

関連コンテンツ

インタビュー

第2回:クリス・ワイツ監督インタビュー Part.1~映画化への道のり
インタビュー

フィリップ・プルマンの原作が世界的評価の高い小説であることは、特集第1回でもお伝えしたとおりだが、そのような原作の映画化はどのように行われたのか? この難題に挑んだクリス・ワイツ監督に聞いた。(取材・文:編集部)「ライラの冒険」シリー...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

映画化に際しての必須課題3点はクリア
映画評論

極寒の広大な雪原を白熊の背に乗って疾走する少女――この光景を見て、雪の女王に連れ去られた幼なじみの少年の救出に向かう少女ゲルダを思い出す。すると、また別の冬の世界を支配する白い魔女が想起される。こうした映像が喚起するイメージの連鎖は、...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す