チャーリーとチョコレート工場
ホーム > 作品情報 > 映画「チャーリーとチョコレート工場」
メニュー

チャーリーとチョコレート工場

劇場公開日

解説

ティム・バートン監督がロアルド・ダールの児童小説「チョコレート工場の秘密」を、盟友ダニー・エルフマンの音楽による歌と踊り満載で映画化。ジョニー・デップ扮する怪しいチョコレート工場主ウィリー・ウォンカが、黄金のチケット入りのチョコレートを買った子供5人を工場見学にご招待。貧しいが純真な少年チャーリーはじめチケットを手に入れた5人の少年少女たちは、チョコレート工場に招かれて奇妙な体験をしていく。

作品データ

原題 Charlie and the Chocolate Factory
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 115分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第29回 日本アカデミー賞(2006年)

ノミネート
外国作品賞  

第78回 アカデミー賞(2006年)

ノミネート
衣装デザイン賞 ガブリエラ・ペスクッチ

第63回 ゴールデングローブ賞(2006年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジョニー・デップ

インタビュー

ジョニー・デップ インタビュー
インタビュー

ティム・バートン監督とジョニー・デップが実に4度目となるコンビを組んで作り上げた「チャーリーとチョコレート工場」で、主演&監督コンビにインタビュー。まずは、近年、ファミリー向け映画に多数出演し、ファン層を拡大しているデップに話を聞いた...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

これこそティム・バートンの真骨頂!
チャーリーとチョコレート工場の映画評論・批評

たとえ一児の父になろうとも、あなただけは永遠の子供、それもヘンな少年でいてほしい。と、オトナな「ビッグ・フィッシュ」を見て思ったファンは実は多いティム・バートン。その願いが伝わったのか、この最新作では<永遠の子供>、しかも<そーとーに...チャーリーとチョコレート工場の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全52件)
  • ハッピーでダーク 初めて見た時の衝撃が忘れられません。 あの感覚はもう味わえないかも…。 見てるだけで楽しい、ブラックジョークが効いてる。家族について考えさせられる。まさに大人も子供も楽しめる。 ...続きを読む

    はむ はむさん  2018年2月28日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 夢のようなチョコレート工場 夢のようなチョコレート工場が描かれている。お菓子に囲まれた世界、子供なら一度は憧れる。その色鮮やかなチョコレート工場に時折垣間見えるダークな部分は奇妙でティム・バートンらしい。ウンパルンパ達が歌... ...続きを読む

    ゆぅい ゆぅいさん  2017年11月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 世界観とストーリー 内容はシンプルだし、ロアルド・ダールの他の作品に比べるとテーマ性も薄いかもしれない。でもなぜか何度も、定期的に観たくなる。もう10回ちかく観てるのに飽きない笑。 1番は誰もが言うその世界観。ティ... ...続きを読む

    Helena Helenaさん  2017年11月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi