国内映画ランキング : 2010年2月27日~2010年2月28日

映画ランキング : 2010年3月1日発表(毎週火曜更新)

全国週末興行成績:2010年2月27日~2010年2月28日 (全国動員集計)興行通信社提供

順位

先週

作品

上映週

1 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

配給:20世紀フォックス映画

1
2 1 アバター(2009)

アバター(2009)

配給:20世紀フォックス映画

10
3 2 オーシャンズ

オーシャンズ

配給:ギャガ

6
4 猿ロック THE MOVIE

猿ロック THE MOVIE

配給:SDP、ショウゲート

1
5 3 おとうと

おとうと

配給:松竹

5
6 超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!! 1
7 5 人間失格

人間失格

配給:角川映画

2
8 4 恋するベーカリー

恋するベーカリー

配給:東宝東和

2
9 12 涼宮ハルヒの消失

涼宮ハルヒの消失

配給:角川書店、クロックワークス

4
10 6 交渉人 THE MOVIE タイムリミット 高度10000mの頭脳戦 3

■「パーシー・ジャクソン」が首位デビュー。「アバター」は興収で依然首位

オリンピックは終わったが、「オリンポスの神々」は劇場を席巻した。なんと「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」が驚きの首位デビュー。公開3日間の成績は、動員が30万4919人、興収3億7002万4100円。週末2日間の動員数では「アバター」をもしのぎ、ランキングの首位に躍り出た。この勢いだと、最終的に興収15億円以上、20億円も期待できる。2位に落ちた「アバター」は3D上映が中心なので、1人あたりの入場料が高く、興収では依然首位なのだがこのランキングでは動員数で勝る「パーシー・ジャクソン」の下になってしまった。ここまでの累計興収は126億円を突破し、国内歴代10位までもうすぐだ。4位には「猿ロック」、6位には「ケロロ軍曹」と2本の日本映画がランクイン。そして今週の注目銘柄は、3ランクアップで9位に飛び込んできた「涼宮ハルヒの消失」。6位デビューの後、翌週には11位、その翌週が12位だったが、見事トップ10に返り咲き。上映館は、依然、全国でたったの24館だから、もの凄い稼働率で回っていることになる。そろそろ興収5億円に手が届く頃だろう。ライトノベル次回作は「涼宮ハルヒの驚愕」だそうで、映画も2本目があるか?

2010年3月1日更新 駒井尚文

過去のランキング