「キングスマン」最新作、ラスプーチン役の怪演に絶賛の声 重視したのは“空気感”

2022年1月7日 08:00

強敵ラスプーチンに注目
強敵ラスプーチンに注目

表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最強のスパイ組織の活躍を描く人気シリーズ最新作「キングスマン ファースト・エージェント」(公開中)。日本でも多くの熱いファンから支持を集める本作で、キングスマンの前に立ちはだかる強敵ラスプーチンが注目を集めている。

ラスプーチンはかつて歴史上に実在した人物で、硫酸カリを飲まされても死ななかったという逸話を持つ“不死身の怪僧”。本作では、闇の狂団の陰謀によって勃発してしまった世界大戦を止めるため、立ち上がった英国貴族のオックスフォード公と息子のコンラッドの前に立ちはだかる強敵として現れる。

画像2

漆黒の衣装に身を包み、ただならぬ雰囲気と近寄りがたいオーラを放つラスプーチンについて、SNSでは「ラスプーチンが思ってた何倍も完璧なラスプーチンで最高でした!!とにかくラスプーチンの色気、変態性、全てが良い」「個人的MVPはまちがいなくラスプーチン」という声も。オックスフォード公を演じるレイフ・ファインズとの衝撃的な“脚舐め”シーンや、コサックダンスを取り入れた迫力のバトルシーンで強烈な存在感を放っている。

そんなラスプーチンを演じるのは、イギリスの俳優リス・エバンス。「ノッティングヒルの恋人」のスパイク役、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」のゼノフィリウス・ラブグッド役、「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」のザニック・ハイトップ役などで知られ、マーベル最新作「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」(公開中)との繋がりも深い「アメイジング・スパイダーマン」ではカート・コナーズ博士/リザードを演じ、多種多様な役柄で幅広く活躍している。

画像3

エバンスは、ラスプーチンについて「本作にはラスプーチンにまつわる様々な事実が描かれている。いかにして一家を操り、ロシア国家の権力を握る地位についたのかといったことだ。それ以外にも特にラスプーチンに関しては、彼にまつわる数多くのエピソード、神話、伝説があるが、それらの説が正しいことを裏付けるものは何もない」と、裏付ける証拠がないからこそ自由にラスプーチン像を築いたそう。

演じるにあたっては「彼の際立った特徴は、持ち前のオーラだ。そして男女問わず誘惑される、ある種、魅惑的な存在感で、それを利用して子供時代の貧困から、文字通り頂点に上り詰めた。信じられない旅路だよ。空気感が彼をそこまでにさせたのだと思う。だから僕が本作で注力したのはそこだった」と、ラスプーチン独特の“空気感”を最も意識したと振り返っている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
キングスマン:ファースト・エージェント (字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 第96回キネマ旬報ベスト・テン 「ケイコ 目を澄ませて」が日本映画作品賞、主演女優賞をはじめ4冠

    1

    第96回キネマ旬報ベスト・テン 「ケイコ 目を澄ませて」が日本映画作品賞、主演女優賞をはじめ4冠

    2023年2月2日 09:00
  2. 「鬼滅の刃」昼に鬼殺隊、夜に鬼が登場する特別広告を日本各地で実施

    2

    「鬼滅の刃」昼に鬼殺隊、夜に鬼が登場する特別広告を日本各地で実施

    2023年2月2日 00:00
  3. 米アカデミー、主演女優賞にサプライズノミネートされた女優の不正を調査

    3

    米アカデミー、主演女優賞にサプライズノミネートされた女優の不正を調査

    2023年2月2日 11:00
  4. 「ハムナプトラ」俳優が驚異の大変貌 体重272キロ、余命わずかな男を演じた「ザ・ホエール」予告公開

    4

    「ハムナプトラ」俳優が驚異の大変貌 体重272キロ、余命わずかな男を演じた「ザ・ホエール」予告公開

    2023年2月2日 08:00
  5. 黄泉の国からヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニが帰還 カンヌ上映中止の衝撃作、4月公開

    5

    黄泉の国からヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニが帰還 カンヌ上映中止の衝撃作、4月公開

    2023年2月2日 14:00

今週