【「ドント・ルック・アップ」評論】SF喜劇でもアダム・マッケイ節が全開! 風刺メガ盛りの“笑撃”に世界はどう応える

2021年12月26日 08:00

「ドント・ルック・アップ」
「ドント・ルック・アップ」

半年後に地球に衝突する巨大彗星が発見され、進路をそらすため核爆弾を積んだ宇宙ロケットが飛び立つ――という前半の筋だけ聞くと、「アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」のようなSF大作かと早合点しそう。でも待って、監督・共同脚本のアダム・マッケイは、「俺たちニュースキャスター」「マネー・ショート 華麗なる大逆転」「バイス」などの諸作で報道、金融、政治といった世界のトンデモな裏事情や不正を笑いも交えて風刺してきた社会派の喜劇人だ。ありきたりな大味の娯楽作で終わるはずがない。

天文学者のミンディ(レオナルド・ディカプリオ)と大学院生ケイト(ジェニファー・ローレンス)が地球に迫る彗星を発見し、オーリアン大統領(メリル・ストリープ)に危機を直訴する。政府要職を身内と大口支援者で固めた大統領は、衝突の確率が99%なら起きない可能性もあると言い放つが、自身の性的スキャンダルが報じられると世間の目をそらすため宇宙ミッションを発表(しかし、彗星中の鉱物から莫大な富が得られるとするIT長者にそそのかされ計画を大幅変更)。報道番組に出て強い口調で危機を訴えたケイトは、嘲笑と中傷の的に。彗星が肉眼で見えるほど接近しても、大統領は「上を見るな(Don't look up)」というスローガンで支持者を煽り、科学的根拠から地球滅亡を危惧する国民との分断を主導する……。

ここまでの情報で、もうお気づきの方も多いだろう。そう、本作でマッケイ監督が揶揄したのは、トランプ前米大統領のでたらめな政権運営、反知性主義、偏見と差別による分断の助長などなど。彗星衝突の危機への初動も、地球温暖化をフェイクと断じたトランプ政権にぴたりと重なる。ケイトへのネット上での攻撃も、国連で怒りの演説を行った若き環境運動家グレタ・トゥーンベリさんに対する温暖化否定派からの誹謗中傷にヒントを得たはずだ。

題名の「ドント・ルック・アップ」に含まれる「look up」には、「上を見る」のほかにも「(辞書などで)調べる」という意味がある。オーリアン大統領のスローガンでもあるタイトルは、つまり、「正しい情報を調べるな」「真実など知らなくていい」とも解釈できる。その末路は、もちろん楽しいハッピーエンドとはほど遠い。マッケイ監督と超豪華キャスト(ほかにケイト・ブランシェット、マーク・ライアンス、ティモシー・シャラメジョナ・ヒルヒメーシュ・パテルアリアナ・グランデも)が訴えるほろ苦いメッセージが、観客の考え方と行動にインパクトを与え、現実の世界に明るくクールな未来をもたらすことを願うばかりだ。

(高森郁哉)

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・仮面ライダー」竹野内豊、斎藤工、長澤まさみ、松坂桃李らが参戦! 未発表キャスト&追告映像公開

    1

    「シン・仮面ライダー」竹野内豊、斎藤工、長澤まさみ、松坂桃李らが参戦! 未発表キャスト&追告映像公開

    2023年3月23日 19:00
  2. 市原隼人主演「おいしい給食」新シーズン制作決定! 10月期ドラマ枠で放送

    2

    市原隼人主演「おいしい給食」新シーズン制作決定! 10月期ドラマ枠で放送

    2023年3月23日 12:00
  3. 「BORUTO」3月末で第一部最終回、第二部の製作も決定 9月に「NARUTO」新作アニメ放送も

    3

    「BORUTO」3月末で第一部最終回、第二部の製作も決定 9月に「NARUTO」新作アニメ放送も

    2023年3月23日 07:00
  4. 横浜流星×藤井道人監督「ヴィレッジ」スペシャル映像公開 映画完成までの700日を紡ぐ特別企画・第1弾

    4

    横浜流星×藤井道人監督「ヴィレッジ」スペシャル映像公開 映画完成までの700日を紡ぐ特別企画・第1弾

    2023年3月23日 16:00
  5. 「FALL フォール」続編を製作

    5

    「FALL フォール」続編を製作

    2023年3月23日 15:00

今週