「トランスフォーマー ビースト覚醒」「スター・トレック4」米公開が延期に

2021年11月13日 22:00

米パラマウントが公開延期を発表
米パラマウントが公開延期を発表

米パラマウント・ピクチャーズが、「トランスフォーマー ビースト覚醒」と「スター・トレック4(仮題)」の公開延期を発表した。

トランスフォーマー ビースト覚醒」は当初、全米公開を予定していた2022年6月24日から約1年後ろ倒しとなる23年6月9日、「スター・トレック4(仮題)」は23年6月9日から同年12月22日に延期となる。

延期の理由は不明だが、パラマウントのトップがジム・ジアノポラスからブライアン・ロビンスに交代したことが関与している模様だ。

なお、「トランスフォーマー ビースト覚醒」はシリーズ第5作ながら、監督やキャストが一新されるリブート作品となる。1996~97年に放送されたアニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」を下敷きに、トランスフォーマーたちが生身の動物に変身する設定になるという。主演はアンソニー・ラモス(「イン・ザ・ハイツ」)とドミニク・フィッシュバック(「DEUCE ポルノストリート in NY」)で、「クリード 炎の宿敵」のススティーブン・ケイプル・Jr.監督がメガホンをとる。

「スター・トレック4(仮題)」は、「スター・トレック」(2009)と「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(13)でメガホンを取ったJ・J・エイブラムスが、「スター・トレック BEYOND」に続きプロデューサーを務めるシリーズ第4作。Disney+のマーベルドラマ「ワンダヴィジョン」の全エピソードの演出を手がけたマット・シャックマンがメガホンをとり、脚本をリンジー・ビア(「シエラ・バージェスはルーザー」)とジェニーバ・ロバートソン=ドワレット(「キャプテン・マーベル」)が執筆している。

「スター・トレック4(仮題)」は、これまでにクエンティン・タランティーノ監督のアイデアをもとにマーク・L・スミス(「レヴェナント 蘇えりし者」)が執筆したものや、「FARGO ファーゴ」のクリエイター、ノア・ホーリーが企画したものがあるといわれているが、本作はそのいずれでもないようだ。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース