ラブ・ディアスが絶賛した「春原さんのうた」予告完成! 杉田協士監督の映画は「本当にアメイジング」

2021年10月28日 09:30

公開日は、2022年1月8日に決定
公開日は、2022年1月8日に決定

ひとつの歌」「ひかりの歌」を手掛けた杉田協士監督の長編第3作「春原さんのうた」の公開日が、2022年1月8日に決定。あわせて、予告編(https://youtu.be/EJdOArEQKTY)もお披露目された。

本作は、作家・歌人の東直子氏による第一歌集「春原さんのリコーダー」(ちくま文庫刊)の表題歌「転居先不明の判を見つめつつ春原さんの吹くリコーダー」を映画化したもの。ある喪失感を抱えた女性が、日々のささやかな暮らしを続ける姿をただ見つめていく。撮影を飯岡幸子(「ひかりの歌」「偶然と想像」)、照明を秋山恵二郎(「花束みたいな恋をした」「きみの鳥はうたえる」)、音響を黄永昌(「不気味なものの肌に触れる」「VIDEOPHOBIA」)が務めている。

画像2

美術館での仕事を辞めてカフェでのアルバイトを始めた沙知(荒木知佳)。常連客から勧められたアパートの部屋に引越し、そこでの新しい生活をスタートさせた。しかし、彼女の心にはもう会うことの叶わないパートナーの姿が残っていた。

画像3

第32回マルセイユ国際映画祭(フランス)では、日本映画初となるグランプリとともに観客賞、俳優賞の3冠という快挙を成し遂げた「春原さんのうた」。マルセイユ以降も、サン・セバスティアン国際映画祭(スペイン)、ニューヨーク映画祭(アメリカ)、釜山国際映画祭(韓国)、サンパウロ国際映画祭(ブラジル)、ウィーン国際映画祭(オーストリア)、 マンハイム=ハイデルベルク国際映画祭(ドイツ)、ベルフォール国際映画祭(フランス)など世界各国での旅を続け、第22回東京フィルメックス(10月30日~11月7日)でのジャパンプレミアを控えている。

画像4
画像5

予告編は、主人公・沙知のささやかな暮らしが切りとっている。また、マルセイユ国際映画祭の審査委員長を務めたラブ・ディアス監督が、閉会後、杉田監督に告げた「あなたの映画は本当にアメイジングです。これからも映画を作って、作って、作りつづけてください」という言葉も使用されている。

春原さんのうた」は、22年1月8日からポレポレ東中野で公開。なお、10月29日から全国特別共通鑑賞券が発売。先着特典は、イラストレーターで漫画家のカシワイ氏による描き下ろしイラストをプリントした「ポストカード3種セット」となっている。

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. ザック・スナイダー監督、修正版「エンジェル ウォーズ」の完成に意欲

    1

    ザック・スナイダー監督、修正版「エンジェル ウォーズ」の完成に意欲

    2024年4月16日 11:00
  2. 「ゴジラ-1.0」5月3日からPrime Videoで見放題独占配信 ゴジラ邦画実写全30作品も

    2

    「ゴジラ-1.0」5月3日からPrime Videoで見放題独占配信 ゴジラ邦画実写全30作品も

    2024年4月16日 17:00
  3. キルステン・ダンスト主演、「エクス・マキナ」監督のA24新作が首位!【全米映画ランキング】

    3

    キルステン・ダンスト主演、「エクス・マキナ」監督のA24新作が首位!【全米映画ランキング】

    2024年4月16日 09:00
  4. 「ジョーカー」最新作の初映像、24時間で再生数1億6700万回

    4

    「ジョーカー」最新作の初映像、24時間で再生数1億6700万回

    2024年4月16日 16:00
  5. その恋心はハラスメントか、純愛か――不朽の日本文学名作を映画化「蒲団」ポスタービジュアル、予告編

    5

    その恋心はハラスメントか、純愛か――不朽の日本文学名作を映画化「蒲団」ポスタービジュアル、予告編

    2024年4月16日 18:00

今週