ジュノー・テンプル、ダグ・リーマン監督のエベレスト映画に出演

2021年9月24日 22:00

ジュノー・テンプル
ジュノー・テンプル

アップルの人気ドラマ「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」に出演中の英女優ジュノー・テンプルが、「Mr.&Mrs.スミス」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のダグ・リーマン監督による新作「Everest(原題)」に出演することがわかった。

ユアン・マクレガーが主演する本作は、ジェフリー・アーチャーの小説「遥かなる未踏峰(Paths of Glory)」をもとに、「マイレージ、マイライフ」のシェルダン・ターナーが脚本を執筆。マクレガーが英登山家ジョージ・マロリーを演じる。英王立地理学会の学者アーサー・ヒンクス(マーク・ストロング)に命じられたマロリーが1921年、豪登山家ジョージ・フィンチ(サム・ヒューアン)と競い合いながら、国の威信を賭けて人類初のエベレスト登頂を目指す姿を描く。米ハリウッド・レポーターによれば、テンプルはマロリー不在の家庭を守る妻ルース役を演じる。

マロリーは、1920年代にエベレスト探検隊に3度参加したが、24年に3度目の遠征の際に頂上付近で行方不明になり、75年後の1999年に遺体が発見された。マロリーがエベレストの登頂に成功したかどうかはいまだ謎のままだ(エベレスト初登頂者として記録に残るのは、53年に制覇したニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーとネパール人シェルパのテンジン・ノルゲイ)。マロリーは名言「そこに山があるから」の主としても知られるが、本当にマロリーの発言であったのかどうか、疑問視する声も多い。リーマン監督「Everest(原題)」は、2022年1月からイギリス、イタリアで撮影が行われる。

「テッド・ラッソ」のほか、「マレフィセント」「午後3時の女たち」「ミスター・ノーバディ」などで知られるテンプルは現在、「ゴッドファーザー」の製作背景を描く新ドラマ「The Offer(原題)」(マイルズ・テラー主演)の撮影に入っている。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
午後3時の女たち(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」日本版予告編&ポスター公開

    1

    イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」日本版予告編&ポスター公開

    2021年10月23日 12:00
  2. 「ホーム・アローン」がレゴ化! 家の外観・内観を忠実に再現、ペットのタランチュラも

    2

    「ホーム・アローン」がレゴ化! 家の外観・内観を忠実に再現、ペットのタランチュラも

    2021年10月23日 08:00
  3. 櫻井翔、「嵐」ライブフィルムへの思いを語るインタビュー映像 「“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」

    3

    櫻井翔、「嵐」ライブフィルムへの思いを語るインタビュー映像 「“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」

    2021年10月23日 10:00
  4. 「SW」のデイジー・リドリー、再び宇宙へ 「カオス・ウォーキング」本編導入シーン

    4

    「SW」のデイジー・リドリー、再び宇宙へ 「カオス・ウォーキング」本編導入シーン

    2021年10月23日 12:00
  5. 【独占インタビュー】菅田将暉&杏、“親子”の縁が繋いだ確かな信頼関係

    5

    【独占インタビュー】菅田将暉&杏、“親子”の縁が繋いだ確かな信頼関係

    2021年10月23日 10:00

今週