【国内映画ランキング】「竜とそばかすの姫」V3! 2位の「クレヨンしんちゃん」最新作など新作5本ランクイン

2021年8月3日 13:00

累計で動員236万人、興収33億円を突破!
累計で動員236万人、興収33億円を突破!

7月31日~8月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。細田守監督の「竜とそばかすの姫」(東宝)が、土日2日間で観客動員28万4000人、興行収入3億6500万円をあげ、3週連続の首位を獲得。累計では動員236万人、興収33億円を突破している。

2位には土日2日間で動員21万1000人、興収2億3900万円をあげた「映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園」(東宝)が初登場。初日から3日間の累計では動員27万人、興収3億円を超える好スタートを切った。同作は、新型コロナウイルスの感染拡大で、ゴールデンウィークから公開延期となっていた。声の出演はおなじみの小林由美子ならはしみき森川智之らレギュラーメンバーに加え、仲里依紗フワちゃん、「チョコレートプラネット」らが参戦した。監督は「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」の高橋渉が務めている。

公開から4週目を迎えた「東京リベンジャーズ」(ワーナー)は、土日2日間で動員17万6000人、興収2億1600万円で3位にランクイン。累計では動員207万人、興収27億円を突破した。

ディズニーランドの人気アトラクションを実写映画化したスペクタクルアドベンチャー「ジャングル・クルーズ」(ディズニー)は、土日2日間で動員11万2000人、興収1億5300万円をあげ4位に初登場。ドウェイン・ジョンソンエミリー・ブラントポール・ジアマッティらが共演し、「トレイン・ミッション」「ロスト・バケーション」のジャウマ・コレット=セラ監督がメガホンをとった。

5位には新作「Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン」(アニプレックス)がランクイン。人気ゲーム「Fate/Grand Order」をテレビアニメ化した「Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア」の続編で、テレビシリーズに続いて赤井俊文が監督を務めている。声の出演は島崎信長高橋李依川澄綾子ほか。続く6位にも新作「イン・ザ・ハイツ」(ワーナー)が初登場。2008年のトニー賞で最優秀作品賞を含む4冠を獲得し、09年のグラミー賞の最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した傑作ブロードウェイミュージカルを実写映画化した。アンソニー・ラモスコーリー・ホーキンズレスリー・グレイスらが出演し、「クレイジー・リッチ!」のジョン・M・チュウが監督を務めた。

ほか新作では中国発のフル3DCG長編アニメーション「白蛇:縁起」(ブシロード/チームジョイ/面白映画)が10位でスタートを切っている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハロウィンⅡ
  • 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲
  • クラウン
  • CAGE ケージ
  • Mr.タスク
  • バニー・ザ・キラー
  • 道化死てるぜ!
  • アメリカン・バーガー
  • サウスバウンド
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com