カルトホラー「ジャンク 死と惨劇」がリブート

2021年5月19日 23:00

カルト的人気を誇る「ジャンク 死と惨劇」
カルト的人気を誇る「ジャンク 死と惨劇」

米レジェンダリー・エンターテイメントが、映画史上もっとも物議を醸した作品のひとつとしていまなおカルト的人気を誇るドキュメンタリー映画「ジャンク 死と惨劇」(1978)のリブートを企画していることが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが独占で伝えている。

ジャンク 死と惨劇」は、人間の肉片が散乱する旅客機墜落事故現場から2000ボルトの電気椅子による連続殺人鬼の処刑、熊やワニに食いちぎられる人々にいたるまで、世界各地で起こった残虐な“死の瞬間”を捉えた映像で構成されたフェイク・ドキュメンタリー映画。当時ブームだったモンド映画(衝撃映像を虚実取り混ぜ、見世物感覚で構成したドキュメンタリー風映画)のなかでもとりわけ過激な作品として話題を呼び、予想を越える大ヒットを記録した。

その後は、VHSの普及とともに“禁断のカルト映画”としてのステータスを確立。「ジャンクII 死の儀式」(81)から「新ジャンク・劇場版 死の復活祭」(91)まで計5本の続編が製作されている。

ゴジラvsコング」を大ヒットさせたレジェンダリーはこのほど、30年間にわたりオリジナル版の権利を保有していた米配給会社MPIから映画化権を買い取り、シリーズ化を前提にリブート企画を立ち上げたとのこと。「トランスフォーマー」シリーズのドン・マーフィスーザン・モントフォード製作のもと、Netflixオリジナルサイコホラー「カムガール」(2018)の脚本家&監督コンビ、アイザ・マッツェイとダニエル・ゴールドハーバーが、脚本と監督をそれぞれ務める。

リブート版は、動画サイトで不適切な投稿を監視するパトロール業務に従事している女性主人公が、オリジナル版「ジャンク 死と惨劇」に使用された殺人風景を再現したおぞましい動画を連続投稿する謎の集団と対峙することになるというストーリー。同誌が情報筋から入手した話によれば、再リブート版「悪魔のいけにえ」でホラージャンルに本格参入したレジェンダリーとはいえ、本作に関してはスラッシャーよりも心理ホラーのジャンルに属するものになるとのことだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    1

    「シン・ウルトラマン」本編冒頭映像を48時間限定公開 庵野秀明セレクション「ウルトラマン」(4K)6月3日から上映

    2022年5月26日 16:05
  2. ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2

    ブラピが京都行の車内で大ピンチ! 伊坂幸太郎原作「ブレット・トレイン」予告、ポスター、場面写真一挙披露 公開日は9月1日

    2022年5月26日 08:00
  3. 転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    3

    転売相次ぐ「五等分の花嫁」14.5巻、再配布が決定 第2弾特典も実施

    2022年5月26日 15:00
  4. トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    4

    トム・クルーズ史上最も危険なスタント! 「ミッション:インポッシブル」第7弾、23年公開

    2022年5月26日 08:00
  5. 「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    5

    「なにわ男子」大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」小島健が親友役で共演 「消しゴムをくれた女子を好きになった」主題歌は「なにわ男子」

    2022年5月26日 08:00

今週