元乃木坂46・伊藤万理華を行定勲監督が絶賛 リモート参加の奈緒も映画祭参加を喜ぶ

2021年4月18日 11:00

登壇した伊藤万理華ら
登壇した伊藤万理華ら

熊本市・熊本城ホール シビックホールで開催中の「えがおPRESENTSくまもと復興映画祭2021」。2日目となる4月17日は、映画祭ディレクターである映画監督の行定勲氏の心を動かした3本の公開待機作、「サマーフィルムにのって」「彼女来来」「由宇子の天秤」が上映された。各作品の上映後には、ゲストを迎えてのティーチインが行われた。

トップバッターは「サマーフィルムにのって」。ゲストは、松本壮史監督と主演の伊藤万理華(元「乃木坂」46)。時代劇オタクの女子高生ハダシ(伊藤)が、打倒ラブコメを掲げて映画制作に乗り出す青春映画。行定監督はこの映画の選考理由を「インディペンデントとメジャーを両方兼ね備えている映画。未来には映画がない、映画が違う形になっている、という設定にオリジナリティを感じました。そして、伊藤万理華さんの表情と演技に圧倒された」と語る。

画像2

伊藤は“時代劇オタク”のハダシに扮しているが、この作品と出合うまで時代劇は見たことはなく、撮影前に松本監督から渡されたリストにある「座頭市」や「椿三十郎」などを鑑賞し、役づくりに生かした。「ハダシは本当に映画が好きで時代劇オタク、彼女のその情熱がスクリーンに伝わるように時代劇を観て研究しました。ハダシを演じたことで、時代劇が好きになりました」。

画像3

伊藤の魅力を、松本監督は「声」と「身体性」を挙げる。「伊藤さんの声が好きなんですよね。伊藤さんがハダシの言葉を発すると、その言葉に違う意味をもたらすような、とても魅力的な声です。体の動きもとてもしなやかでした」と明かすように、殺陣のシーンはしなやかかつ軽やかで鮮やかだ。また「映画を作って未来につなぐ映画を復興映画祭で上映できて嬉しい」と感謝を述べた。松本監督にとって本作は長編初監督作となる。

続いての上映は「彼女来来」。ゲストは、山西竜矢監督、俳優の前原滉、天野はな、奈緒(リモート)、村田寛奈の5人。行定監督が「カフカの『変身』のような不可解さのある、いい意味で“変”な映画で面白かった」と今作を説明する。

奈緒はリモート参加
奈緒はリモート参加

ある日、主人公の紀夫(前原)が家に帰ると恋人の茉莉(奈緒)の姿はなく、同じマリ(天野)という名前だけれど別人の女性がいた。観客は、マリが一体何者なのかをひたすら観察するような不思議な展開に戸惑うが、それは山西監督が仕掛けた円環構造によるものだ。

「たとえば、隣にいる人の顔をずっと見ていると、この人ってこんな顔だった? と、ゲシュタルト崩壊が起きることがあります。私たちは、これは○○だと認識しているつもりでいるけれど、けっこう適当だと思っていて。そういう(曖昧な)認識のもとで、(男女の恋愛が)繰り返されるように作っています」と山西監督は説明する。そのアイデアを思いついたときに、もともと仲のいい天野と奈緒のキャスティングが決まった。

リモートでの参加となった奈緒は、以前、行定監督作「うつくしいひと」のオーディションを受け最終選考まで残るが、別の俳優に決まり悔し涙を流した経験がある。「芝居は突き抜けていたので、東京で挑戦すべきだ」と行定監督に背中を押され上京、いまでは実力派として成長を遂げた。奈緒は「携わった映画が届いて、こうして感想を伝えたり聞いたりする時間が楽しい」とリモートでの参加を喜んだ。

光石研も舞台挨拶に参加
光石研も舞台挨拶に参加

この日、最後の上映となった「由宇子の天秤」は、春本雄二郎監督、光石研梅田誠弘がティーチインゲストとして登壇した。

主人公は、ドキュメンタリーディレクターとして女子高生いじめ自殺事件の真相を追う由宇子(瀧内公美)。取材を重ね、信念を持ち、世に問うべき問題と向きあうが、父・政志(光石研)のある行動によって選択を迫られる──。152分という長尺でありながらも、行定監督は「他人の人生じゃないような気がしてならない。人生につまづいたり、人生をどうやって選択していくかを浮き彫りにしていく映画です。こういう映画を広めていかなければならない」と絶賛する。

数多くの監督と仕事をしてきた政志役の光石も「春本監督は脚本を執念で書き、ワンカットワンカット魂を込めて撮っています。土曜のこの時間帯は本来だんらんの時間帯、その時間にこういう重たい映画を持ってきた行定さんの執念もすごい」とジョークを交えて会場を沸かせた。

行定監督と光石の言葉を受け、春本監督は「誰かが何か悪いことをすると、当事者ではない人が断罪する世の中、本当にそれでいいのか? 何か原因があったのではないか? 自分が見ている世界や社会、正しさや真実が本当に100%なのかを見てほしいと思いました。そして、そのメッセージから逆算して主人公・由宇子のキャラクターを構築しています。自分の正義を信じて疑わない人ですね」と、映画に込めた思いを伝えた。

「えがおPRESENTS くまもと復興映画祭2021」は、4月18日まで熊本城ホール シビックホールで開催中。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
サマーフィルムにのって
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. Disney+会員の大半が広告付きプランに移行か

    1

    Disney+会員の大半が広告付きプランに移行か

    2022年5月24日 16:00
  2. 【国内映画ランキング】「シン・ウルトラマン」V2! 「五等分の花嫁」2位、「大河への道」4位、「鋼の錬金術師」9位に初登場

    2

    【国内映画ランキング】「シン・ウルトラマン」V2! 「五等分の花嫁」2位、「大河への道」4位、「鋼の錬金術師」9位に初登場

    2022年5月24日 10:00
  3. 「SPY×FAMILY」がユニクロUTとコラボ 胸ポケットの中にアーニャが隠れたデザインも

    3

    「SPY×FAMILY」がユニクロUTとコラボ 胸ポケットの中にアーニャが隠れたデザインも

    2022年5月24日 09:00
  4. 横浜・大さん橋にトム・クルーズ降臨 ファンに来夏の“再会”を約束「戻ってきます」

    4

    横浜・大さん橋にトム・クルーズ降臨 ファンに来夏の“再会”を約束「戻ってきます」

    2022年5月24日 20:05
  5. 「世にも奇妙な物語'22 夏の特別編」6月18日放送! 有田哲平がニホンオオカネモチ役で主演

    5

    「世にも奇妙な物語'22 夏の特別編」6月18日放送! 有田哲平がニホンオオカネモチ役で主演

    2022年5月24日 05:00

今週