金曜ロードSHOW!で「Fukushima 50」! 本編ノーカットで地上波初放送が決定

2021年2月12日 04:00

放送日は3月12日
放送日は3月12日

2011年に発生した東日本大震災、福島第一原発事故を描いた映画「Fukushima 50」が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送されることが決定。放送日は3月12日で、本編ノーカット版となっている。

原作は、ジャーナリスト・門田隆将氏が90人以上の関係者への取材をもとにつづったノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)。11年3月11日午後2時46分――マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大の地震が発生し、巨大津波が福島第一原子力発電所(通称イチエフ)を襲った。佐藤浩市渡辺謙吉岡秀隆安田成美ら豪華キャストが共演し、制御不能となった原発の暴走を止めるため、世界初となる作戦に挑んだ作業員たちの姿を描く。

画像2
画像3

監督を務めたのは、「沈まぬ太陽」「空母いぶき」を手掛けた若松節朗。メインの舞台となる中央制御室と緊急時対策室のセットは、関係者も驚くほど正確かつ大規模に再現され、避難所のシーンなどをはじめ、約2200人ものエキストラが参加。さらに、日本映画史上初となるアメリカ軍の協力を得て、米軍の横田基地での撮影が敢行された。

第44回日本アカデミー賞では、最多12部門(作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、照明賞、音楽賞、美術賞、録音賞、編集賞)で優秀賞を受賞している。

Fukushima 50」は、3月12日の午後9時~午後11時24分に「金曜ロードSHOW!」で放送(放送枠30分拡大)。

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース