アメリカ映画史から抹消された問題作、R・フライシャー「マンディンゴ」デジタルリマスター版公開

2021年2月10日 10:00

46年ぶりに劇場公開
46年ぶりに劇場公開

ミクロの決死圏」「絞殺魔」「ソイレント・グリーン」の鬼才リチャード・フライシャー監督が1975年に発表し、過激極まる内容のためアメリカ映画史から抹消された歴史大作「マンディンゴ」が、46年の時を経て、3月12日からデジタルリマスター版でリバイバル公開される。

原作はベストセラーになったカイル・オンストットの同名小説。19世紀半ばのルイジアナ州を舞台に、“奴隷牧場”を経営する父子の栄光と没落を描いた壮大な歴史スペクタクル。製作は「」「キングコング」で知られるイタリア人の大プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティス、音楽は「アラビアのロレンス」のモーリス・ジャール

公開されるや否や世界中でヒットを記録した本作、監督はリアリズム演出を貫いたが、全米の批評家からはあからさまな人種差別的な設定、偏見を助長する屈辱的な内容、吐き気を催すほどのおぞましい描写という指摘とともに、「最悪の映画」と酷評され、長らくアメリカ映画史からほぼ抹消されていた。また同時に、「風と共に去りぬ」への強烈なアンチテーゼとも言われていた。その後、クエンティン・タランティーノ監督が「ジャンゴ 繋がれざる者」が本作にインスピレーションを受けたと語っている。

19世紀半ば、ルイジアナ州の広大な土地を所有するマクスウェルは、そこで黒人奴隷を育てて売買していた。息子のハモンドは名家の娘、ブランチと結婚するものの彼女が処女でなかったことに怒り、黒人女エレンとの情事に溺れる。一方のブランチも奴隷と関係を結んで妊娠、権力者として振る舞っていた一家は破滅のを歩む。

3月12日から、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 悪魔のいけにえ
  • サスペリア(1977)
  • ミスト
  • ジェーン・ドウの解剖
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • オーディション
  • 哭声 コクソン
  • クラウン
  • タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら
OSOREZONE

Powered by 映画.com