マンディンゴ

劇場公開日

マンディンゴ
30%
49%
17%
2%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

南北戦争前のアメリカ南部を舞台に、奴隷牧場を営む父子の栄光と没落を描いた歴史大作。カイル・オンストットの同名ベストセラーを原作に、「ミクロの決死圏」のリチャード・フライシャー監督がメガホンをとり、「アラビアのロレンス」のモーリス・ジャールが音楽を手がけた。19世紀半ば、ルイジアナ州。マクスウェルは自身が所有する広大な農園で、黒人奴隷を育てて売買する奴隷牧場を経営していた。息子ハモンドは父の言葉に従って名家の娘ブランチと結婚するが、彼女が処女でなかったことに憤り、黒人女性エレンとの情事に溺れていく。一方、ブランチも屈強な奴隷ミードと関係を結んで妊娠。横暴な権力者として振る舞ってきた一家は、破滅の道へと突き進んでいく。出演は「ロリータ」のジェームズ・メイソン、「わらの犬」のスーザン・ジョージ、「処刑教室」のペリー・キング、プロボクサーのケン・ノートン。公開時は世界的ヒットを記録したものの、人種差別的な設定や偏見を助長する内容、過激な描写などが物議を醸した。2021年3月、デジタルリマスター版で初公開から約45年ぶりにリバイバル公開。

1975年製作/127分/PG12/アメリカ
原題:Mandingo
配給:コピアポア・フィルム
日本初公開:1975年10月18日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)1974 STUDIOCANAL. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0残酷描写はそれほどではないが、残酷な映画!

2021年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

支配する側もされる側も滑稽で悲しい。

●何気ない会話にさらりと残酷な描写を入れる。そのことが逆に想像させて嫌な気持ちに。

●人種とは血統とはセックスをしてこの世に生み出されるということだ。その生々しい現実をグロテスクを感じる。

●人間本来の愚かしさに人間は抗えないという、どうしょうもない悲しさを感じる。

●キャストのハマり方が素晴らしい。

血まみれではない、奥から湧き上がる残酷を見事に表現。突き抜けて素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ドラゴンミズホ

4.01番の問題は、これが普通だったことである。

2021年8月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

1番の問題は、これが普通だったことである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
御納戸色

4.0知り合いが怖かったっていうのでビクビクして見ました

mikyoさん
2021年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

当時物議を醸し出したなど脅されて、少々恐々しながら見てみたが、今見ると同等の、またはそれ以上の差別描写がある映像を見たことがあったせいかそういう意味でショッキングではなかった。

それより人種差別だけなのかと思っていたら性差別も相当なもので、それらを巧みにわかりやすく組み込ませていて感心しきり。

とはいえ決して見て楽しくなる内容ではないので、気分を上げるために見る映画ではないが、見ておいて損はないと思う。

しかし、なかなかマスターフィルムが見つからなかったそうで、リマスターしたものの品質がそもそも良くなかったせいなのか、暗いシーンでかなり表情などが暗くて見えないシーンがある。残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo

4.0無茶苦茶理不尽な倫理観

りあのさん
2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

19世紀半ば、南北戦争前のアメリカ南部で、マクスウェルは所有黒人奴隷を育てて売買する奴隷牧場を経営していた。息子ハモンドは父に従い名家の娘ブランチと結婚するが、処女でなかったことに腹を立て、黒人女性のエレンと肉体関係を持ち黒人奴隷を好きになってしまった。一方、妻のブランチは夫に相手にされず、強靭な奴隷ミードと関係を結んで妊娠してしまった。子供が産まれ、白くなかったことからブランチが奴隷とセックスしていたことがバレ、逆上したハモンドは・・・という話。
リンカーンの奴隷解放前の話で、黒人を人と扱っていなかった時代、黒人には自由が無かった時代の話なので、人種差別あり、酷く過激な描写なども有り目を覆いたくなった。
しかし、こんな事も史実としてはあっただろうし、自分は浮気しても妻は処女じゃないといけないとか、無茶苦茶な倫理観が普通だったのかもしれない。
問題作だと思うが、大変勉強になったし、素晴らしい作品だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
りあの
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る