「ドクター・ストレンジ」のスコット・デリクソン監督がホラージャンルに回帰 ブラムハウスの新作でメガホン

2020年11月16日 13:00

スコット・デリクソン監督
スコット・デリクソン監督

マーベル映画「ドクター・ストレンジ」のスコット・デリクソン監督が、現代ホラー映画界をけん引する米ブラムハウス・プロダクション製作による新作「黒電話(原題:Black Phone)」で久々のホラージャンル復帰を果たすことがわかった。米Deadlineが独占で報じている。

米作家ジョー・ヒル著のベストセラー短編集「20世紀の幽霊たち」に収録されている「黒電話」を映画化する本作は、誘拐犯によって地下室に監禁された少年が、回線が繋がっていないにもかかわらず、夜な夜な鳴り響く“黒電話”の恐怖に苛まされるさまを描く密室ホラー。

ホラー映画としては2014年の「NY心霊捜査官」以来、ブラムハウスとタッグを組むのは「フッテージ」(12)以来となるデリクソン監督が、長年のパートナーであるC・ロバート・カーギルと共同で脚本を執筆しメガホンをとる。デリクソン監督とカーギルはまた、ブラムハウスを率いるジェイソン・ブラムとともにプロデュースにあたるほか、原作者のヒルが製作総指揮を務める。

主人公の少年役で主演を務めるのは、米アップルTV+のオリジナルドラマシリーズ「フォー・オール・マンカインド」で注目を集めているメイソン・テムズ。ほか、「ラ・ヨローナ 泣く女」や「アントマン&ワスプ」、「トイ・ストーリー4」のボニー役(声の出演)などで知られる人気子役、マデリーン・マックグロウの出演が決まっているとのことだ。

なお、撮影開始時期やそのほかのキャストなど詳細については、現段階で未定となっている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 霊的ボリシェヴィキ
  • アルカディア
  • マシニスト
  • HAZE
  • カオス
  • 江戸川乱歩の陰獣
  • ロード・オブ・セイラム
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅰ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅱ
  • ブラザーズ・クエイ短編集Ⅲ
OSOREZONE

Powered by 映画.com