長澤まさみ主演「MOTHER マザー」7月3日公開 切ないショート予告披露

2020年6月3日 08:00

実話をベースに描く衝撃作
実話をベースに描く衝撃作

[映画.com ニュース] 長澤まさみが主演を務める「MOTHER マザー」の公開日が、7月3日に決定した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を緩和する東京都のロードマップが「ステップ2」に移行し、東京の映画館も続々と営業を再開するなか、100館以上で公開する邦画作品として先陣を切る形となる。

日日是好日」「タロウのバカ」の大森立嗣監督がメガホンをとり、「新聞記者」「宮本から君へ」を世に放った映画会社スターサンズとタッグを組んだ本作。実際に起きた“少年による祖父母殺害事件”に着想を得て、母親と息子の関係を、息子の幼少期から青年期を通して描く。

社会の闇へ堕ちていくシングルマザー・秋子役で長澤が主演を演じ、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部サダヲ、息子・周平役を新人の奥平大兼が演じている。

公開日決定にあわせて、周平目線で語られる15秒のショート予告が披露された。17歳に成長した周平が、秋子から幼少期の頃のように名前を呼ばれたことをきっかけに、現在にいたるまでの心層をたどる。フランツ・リスト作曲のピアノ曲「愛の夢」にのせ、周平の人生を考えさせられる切ない映像になっている。

今週末より前売り鑑賞券ムビチケカードが発売され、劇場窓口で購入すると「MOTHER携帯マスクケース」が特典としてもらえる(※数量限定、非売品。一部劇場除く)。

MOTHER マザー」は7月3日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
MOTHER マザー
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン