タロウのバカ

劇場公開日

タロウのバカ
10%
31%
34%
13%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣が監督・脚本を手がけ、刹那的に生きる3人の少年の過激な日常を描いた青春ドラマ。主人公タロウ役には、本作が俳優デビューとなるモデルのYOSHIを抜てきし、タロウと行動をともにするエージを菅田将暉、スギオを仲野太賀がそれぞれ演じる。戸籍も持たず、一度も学校に通ったことのない少年タロウには、エージとスギオという高校生の仲間がいる。エージとスギオはそれぞれ悩みを抱えていたが、タロウとつるんでいる時だけはなぜか心を解き放たれるのだった。空虚なほどだだっ広い町をあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じる3人だったが、偶然にも1丁の拳銃を手に入れたことから、それまで目を背けてきた過酷な現実に向き合うこととなる。

2019年製作/119分/R15+/日本
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

映画レビュー

3.5我々の生きる時代の生々しい現実を、突きつけられているかのような衝撃

2019年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

好きか嫌いかと問われれば、断然「嫌い」と答える。しかし、それは決して直線的に映画の評価へとつながるものではない。この映画が私に嫌悪感を抱かせるほどに爪痕を残したのも確かな事実だから。いわゆるお行儀のいい映画とは違う。最初から最後まで挑発的。観ている側はずっと喧嘩を売られている気分になるし、暴走ぶりが加速度を増すと、理由もなくこめかみに拳銃を突きつけられている恐怖すら込み上げてくる。

個人的なことを言えば、本作を観た日の朝、TVのニュースでまたひどいニュースが伝えられ、この国、この時代がまた一段と嫌いになった。その時に感じた激しい嫌悪感が、鑑賞後、再びむせ返そうになるほど濃厚に蘇ってきた。この映画には現代の生々しい空気や、目をそらしたくなる現実が、むき出しに提示されている。そこには痛みしかない。それを直視することからしか何も始まらない。ある意味、暴動のような、そして亡霊のような映画である。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
牛津厚信

0.5俺やったぜ、とか思ってるのかな

tackさん
2021年9月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

冒頭からいきなり相模原の某事件を彷彿させる。
障がい者施設にやってきて、大声で彼らに罵声を浴びせ「おまえらはいらない」と言う。
一人は殺害されている。いきなりきついな、と。
「閉鎖病棟」のように、役者が精神に疾患のある人たちを演じているならまだしも、このシーンに出演していた施設入居者や、そのあとの川辺で出会う人たちは、語弊を招くかもしれないが、割と演じているというよりは本当に障がいのある方々。役者でない分、リアルを感じてほしいとおもったのだろうか。観てるこっちとしては、こういった演出こそ虐待にも思えてしまう。

劣悪な環境に置かれた少年が、どういった生き方をしているか、とか一般的な人とのズレ、みたいなのを描きたいのかもしれないが、伝えるには見苦しい。
あの少年役のYOSHIという子も、演技と言うより素でこの子おかしいんじゃないかと思えてくる。

菅田将暉、仲野太賀が出ていれば、そりゃ見たくなる人も多いだろうが、今作は彼らの黒歴史といってもいいのでは。

大森立嗣監督は、これで社会ん問題提起した、とか思ってるのかな。
彼の作品で良作を見たことがない。

年に1回当たるか当たらないかの駄作です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tack

2.0挫折

2021年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

最後まで観ないでレビューを書くのは大変失礼かもしれないが、おそらく最後まで観られないと思うので、備忘録。

太賀見たさに検索して観始めた本作品。
ああ、そういえば、バラエティで菅田将暉と主役の子が番宣に出てたっけ、と。あの時もあの主役の子は好きになれないなと思ったっけ。
これがそうだったと気づいたのは最初のシーンが終わった後だけど。
その冒頭の2つのシーン。これで観客のハートを掴んだつもりか?いやいや、逆だな。このまま観ていれば、これら嫌悪感を覚えるシーンの意味はわかる?

レビューを読んで、これ以上観てもしょーがないかなと思ってしまったのである。すみません。

菅田将暉と太賀が以前より仲良しというのは知らなかったけど、今2人が出ているドラマ(コント)を楽しんでいるので、2人の無駄遣いのようで残念。
星はそれぞれお2人に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

3.5生きる実感

llさん
2021年4月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

貧困や、家庭内崩壊などにより
生きる実感を味わうために、ひたすら暴力や犯罪に手をそめる子供は多い

しかし、それしか彼らに手段はない
周りには自分と同じ環境の子供、汚れた服、音のない世界が広がり、少しずつ生きる実感を味わう

主人公タロウについて、言葉を習っていないため、ワードのレパートリーが少なく、感情でしか喋ることができないリアルなモデルだと感じた

物語を、映画をなんのために観るのか
世界のリアルを知り、生きる実感を少しでも味わえたこの映画を讃えたい

追記
菅田将暉が柔道部にリンチされるシーンや、メイン3人が笑い合うシーンなどが
設定と細かい演技が全体的にリアルなために、少し違和感を覚えた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ll
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「タロウのバカ」以外にこんな作品をCheck-inしています。