アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」映画化に「セバーグ」脚本家

2020年3月1日 09:00

脚本家夫婦アナ・ウォーターハウス&ジョー・シュラプネル
脚本家夫婦アナ・ウォーターハウス&ジョー・シュラプネル

[映画.com ニュース] 作家アガサ・クリスティの小説「そして誰もいなくなった」を米20世紀スタジオが映画化する新作を、脚本家夫婦アナ・ウォーターハウスジョー・シュラプネルが執筆することがわかった。ウォーターハウスとシュラプネルは「キャプテン・マーベル」(ブリー・ラーソン主演)の原案、女優ジーン・セバーグの伝記映画「Seberg(原題)」(クリステン・スチュワート主演)の脚本を執筆したことで知られる。

小説「そして誰もいなくなった」は、孤島に招かれた年齢も職業も異なる10人の男女がひとりずつ殺されていくという、「クローズドサークル」ものの代表作。クリスティ作品のなかでも特に知名度が高く、「そして誰もいなくなった(1945)」を始め過去に何度も映像化・舞台化されている。

本作は20世紀スタジオが数年前から準備してきた企画で、米Deadlineによれば、親会社となったディズニーは映画もクリスティの原作と同様、第2次世界大戦前を舞台にしながら、新たな解釈を盛り込む考えのようだ。ショーン・レビの21ラップ・エンターテインメントがプロデュースする。

なお、本作は20世紀スタジオ製作、ケネス・ブラナー監督・主演の「オリエント急行殺人事件」「ナイル殺人事件」とは関連しない、単独作品になるという。ガル・ギャドットアーミー・ハマーが共演する「ナイル殺人事件」は、10月9日全米公開の予定だ。

ウォーターハウスとシュラプネルはほかに、作家ダフネ・デュ・モーリアのゴシックホラー小説「レベッカ」を映画化したNetflix新作の脚本を手がけた。同作はベン・ウィートリーが監督、リリー・ジェームズアーミー・ハマーが主演で、現在ポストプロダクションに入っている。また、人気コミック作家ブライアン・K・ボーンの「エクス・マキナ」を映画化する新作「The Great Machine(原題)」も抱えており、こちらはオスカー・アイザックが主演する。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
  • デス・バレット
  • プリズン・ランペイジ
  • マリオネット 私が殺された日
  • キラー・メイズ
  • 怪怪怪怪物!
  • 狼チャイルド
  • 封印映像「開封動画」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • おまえら行くな。怪異を呼ぶ男!松原タニシ祭り ~恐怖完全版~
  • アルカディア
OSOREZONE

Powered by 映画.com