キャプテン・マーベル 特集: マーベル知ってるけど見てない?超重要! 「これだけ」は絶対見とけ!!…

ホーム > 作品情報 > 映画「キャプテン・マーベル」 > 特集 > マーベル知ってるけど見てない?超重要! 「これだけ」は絶対見とけ!!…
メニュー

キャプテン・マーベル

劇場公開日 2019年3月15日
2019年3月4日更新

マーベル知ってるけど見てない? 超重要! 「これだけ」は絶対見とけ!!
本作は《アベンジャーズ エピソード0》&今までのマーベル映画と違う!
ビギナーOK、謎解き満載、斬新ヒーロー──【超速レビュー解禁!】

画像1

平成の最後、「アベンジャーズ」が終わる――。その節目となるタイミングで、コアファン・ビギナー関係なく「絶対に見てほしい」映画が公開される。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)“初”が詰まった「キャプテン・マーベル」(3月15日公開)だ。なぜ、この作品が「マスト・シー」なのか? それは、「アベンジャーズ」誕生以前の物語だから! これまでのシリーズを見ていなくても“ここから”始めることができ、最終作「アベンジャーズ エンドゲーム」(4月26日公開)に直結できる! 単体の映画としても「謎」や「スリル」「サスペンス」が詰まった極上エンターテインメントに仕上がっているぞ!


【エピソード0解禁】アベンジャーズ結成の“秘密”が、ついに明かされる!
コアファンもビギナーも関係ない――“誰も知らない”から“誰でも楽しい”

画像2

アベンジャーズの“最後”を前に、誰も知らない“誕生の秘密”が明かされる――。たったそれだけでも、この映画を見る「価値」と「意味」は十二分にあるだろう。本作の舞台は、アベンジャーズ結成前の1995年。つまり、この作品は「第0話」を描いており、これまでのマーベル映画を見ていない、あるいは脱落してしまった人でも予備知識なしで見られるどころか、誰も知らないからこそ“知識格差”なしで全員が平等に楽しめるのだ。「本数が多すぎて追えない」と嘆いていたアナタ、諦めるのは早い!


画像3

アベンジャーズはなぜ生まれたのか? 長年の疑問に、ついに答えが出される。本作をスタートにすれば、スムーズに最新作へと追いつけるだろう。ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)の若き日が描かれるなど、コアファンならニヤリとするポイントも多数!


画像4

映画史に残るビッグイベント「アベンジャーズ エンドゲーム」公開を前に、「盛り上がりたいのに追いつけない……」とお悩みの方も多いはずだ。そんなアナタの“救済措置”となるのが、本作。「エピソード0」と「最新作の予習」をダブルで果たせるなんて、オトク過ぎると思わないか?


画像5

約10年続いた第1次MCUが、「アベンジャーズ エンドゲーム」をもって歴史に終止符を打つ。そして、次の“リーダー”としてアイアンマンに代わる役割を期待されているのが、本作の主人公キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)。彼女をここで見ておけば、きっと次の10年は最前線で楽しめる!


画像6
画像8

【斬新】本作はザ・ヒーロー映画じゃない――サスペンスアクションなんです!
《謎解き》《ストーリー》《主人公》――本作は“分からない”だらけ!!

画像9

これまでにない面白さが詰まっているのも、この映画の大きな魅力だ。主人公のキャプテン・マーベルは記憶をなくしており、自分の過去も、自分が何者なのかも一切分からない。さらに、彼女に襲い掛かる敵は人間に「擬態」することができ、一見しただけでは周囲の誰が敵なのか判別できないため、サスペンス感が抜群。今までのマーベル映画とは一味違う「緊張感」「謎解き」が、没入感を存分に高めてくれる。オスカー女優ブリー・ラーソンジュード・ロウアネット・ベニングといった超有名俳優の参戦も新鮮!

画像10

【ネタバレなし! 超速レビュー解禁】 映画.comが見た“中身”は──
「アベンジャーズ」最終作「エンドゲーム」が100倍楽しくなる内容だった!!

画像11

2019年某日……我々は、厳戒態勢のなか、ごく一部の業界関係者に向けて行われた試写会に潜入した。そして目の当たりにした「キャプテン・マーベル」の“全貌”は――はっきり言おう、必見の傑作だった! サスペンス、アクション、キャラ立ち、ユーモア、感動……あまりの“完成度”に震えながら、以下にその一部を記す――大事なことなのでもう一度、本作は「必見の傑作だった」!!


画像39

皆の楽しみを奪いたくないため詳しくは書けないが、シリーズファンであれば、始まった直後に“鳥肌”が立つ仕掛けが用意されている! 1つだけ言えることは、これまでのMCUでは一切なかった内容である、ということ。きっと見たら、語りたくて仕方がなくなるはずだ。


画像40

キャプテン・マーベルの“過去”をめぐるストーリーも、予想以上だった! 意味深に挿入される記憶のフラッシュバック、少しずつ真相に近づいていくスリリングな展開、そして衝撃の結末――テンポの良い語り口にグイグイと引き込まれ、気づくと前のめりで鑑賞していた!


画像41

何より驚かされたのは、圧倒的な「楽しさ」! ユーモアが随所にちりばめられ、シリアスな中にもクスクス笑わされる“サービス精神”満載の作品に仕上がっていた。キャプテン・マーベルとフューリーの掛け合いも痛快で、彼女が力を得ていく過程も面白い。ビギナーでも問題なく楽しめる!


画像42

アイアンマンにキャプテン・アメリカ、幾多のヒーローがMCUで描かれてきたが、キャプテン・マーベルはそのどれとも違う! 何といっても抜群にチャーミングで、戦闘時には最高にカッコいい。記憶を失くして悩む姿に心を動かされ、何度も立ち上がる不屈の姿勢には思わず涙が――。


画像43

そして、ファンの最大の関心事は、来たる「アベンジャーズ エンドゲーム」にどうつながっていくのか?だろう。その部分に関しては一切語れないが、これだけはぜひとも知っていただきたい。本作を見るのと見ないのでは、「エンドゲーム」の見方が天と地ほども違う! 存分に期待値を上げて臨んでくれ!

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

女性スーパーヒーローの確立と1995年の郷愁を、スタン・リーへの感謝と共に
映画評論

MCU初の女性監督による女性スーパーヒーローの物語は、その共同体制からおのずと先行作「ワンダーウーマン」(17)の影がチラついてくる。だが「力ある者がその自覚を人々にうながされていく」のがDC流ならば、マーベルの理念である「誰でもスー...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す