レベッカ(1940)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

鬼才アルフレッド・ヒッチコックが「風と共に去りぬ」で知られる名プロデューサー、デビッド・O・セルズニックに招かれ製作した、アメリカ進出初作品。南仏のリゾート、モンテカルロにやってきたヒロインの“わたし”は、イギリス人の富豪マキシム・ド・ウィンターと出会い、結婚する。イギリスにもどったマキシムと、広大な邸宅で新たな生活を始めた“わたし”だったが、マキシムには1年前に亡くなった前妻レベッカの存在があった。邸宅を仕切る家政婦のダンヴァース夫人は、いまだレベッカを崇拝し、上流階級に溶け込もうとする“わたし”は、精神的に追い詰められていく。やがて事態は思わぬ方向へ転がっていき、レベッカの死因を改めて調べられることになるのだが……。第13回アカデミー作品賞受賞。1940年製作で日本では51年に劇場初公開。2020年9月、人気声優による名画吹き替えプロジェクト「NEW ERA MOVIES」で新たに制作された吹き替え版(わたし役=早見沙織/マキシム・ド・ウィンター役=三木眞一郎/ダンヴァース夫人役=宮村優子)で公開(モービー・ディック配給)。

1940年製作/130分/G/アメリカ
原題:Rebecca
配給:モービー・ディック
劇場公開日:2020年9月11日

その他の公開日:1951年4月24日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5ヒッチコックのアメリカ時代がここから始動

2020年5月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ヒッチコック監督のフィルモグラフィーの中で、本作ほど重要なターニングポイントとなった作品はない。というのも、これは彼がアメリカからの招聘を受けて初めて撮った記念すべき「アメリカ映画」だから。

序盤はコミカルなロマンス物を予感させ、身分の違う二人が惹かれあって開始30分で「結婚しよう!」と劇的展開を見せるさまに驚かされる。さらにそこから「ダウントン・アビー」ばりのお屋敷生活の中で用意周到に展開していくミステリーとサスペンスは、安心して身を委ねていられるほど重厚で高品質。なるほど、特定の人物に対し募っていく疑心暗鬼や(疑惑の影)、あるいは死んだ者の影響が身辺にずっとはびこってヒロインを得体の知れない運命へと導いていく(めまい)あたり、のちのヒッチコックの傑作に通じるエッセンスもひしひしと感じられる。ちなみに本作はこの年の作品賞オスカーを受賞。こうして彼のアメリカ時代は華々しく始まったのだ。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
牛津厚信

4.0佳作ですがヒッチらしさは希薄

2024年2月17日
PCから投稿

脚本、ストーリー優先です。換言すれば他の監督が撮ってもそれなりに面白く仕上がります。格調は高くオリビエ先輩の演技も申し分はないですが、前半から中盤にかけてはゆったりした調子で唯一女中さんの曲者ぶりだけが際立っています。
終盤は何とかスリラーを感じますが、ヒッチらしい畳みかけるようなサスペンスは希薄です。ヒッチ自身もプロデューサーが大物過ぎて現場で意見が通らず不満の残る撮影だったようです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
越後屋

4.5イギリスは六月までは寒い♥

2023年11月19日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
マサシ

4.0古いモノクロ画面は辛いが、どんどん引きつけられる

2023年11月10日
PCから投稿

まずはレベッカとはこういう映画だったのかと大いに感嘆。
これぞ正統派ミステリーという醍醐味を存分に味わうことができた。

正直言えば中盤までは画像の悪さも相俟って散漫という印象だったのが、レベッカという謎の女の核心部へ導く手法にまんまとしてやられ後半は目を離せなくなる。

ヒロインの「うぶな新妻から真の妻」への変化も目を瞠らされる要因であり、いずれにしろヒッチコックの論理構築性と映像・演出による感情操作の妙に見事にはめられたということだね。

ただ一点、前妻レベッカには忠実で新しい妻には冷淡意地悪だった女召使頭がなぜあれほどまでのことをしたのかという部分に関しては納得できていないので、そこは調べてみたい。

130分という長丁場だが映画レガシーの一つとして見た甲斐大ありでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
resuwisshu311
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る