米映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン被告に有罪判決

2020年2月25日 18:30

性的暴行など5つの罪に問われていたワインスタイン
性的暴行など5つの罪に問われていたワインスタイン

[映画.com ニュース]米ニューヨークの裁判所の陪審は2月24日(現地時間)、ハリウッドの大物プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン被告に、有罪判決を下した。

ワインスタイン被告は、性的暴行など5つの罪に問われていたが、有罪となったのはワインスタイン・カンパニーの元社員ミリアム・ハーレイへの第1級性暴力、女優志望だったジェシカ・マンに対する第3級レイプのみ。刑期の言い渡しは3月11日に行われる予定で、ハーレイに対する罪で5~25年、マンに対する罪で18カ月~4年となるようだ。

ワインスタイン被告は、「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」(1997)、「恋におちたシェイクスピア」(98)、「英国王のスピーチ」(2010)、「世界にひとつのプレイブック」(12)などヒット作&名作を手掛けたことで知られ、ハリウッドで絶大な影響力を誇っていた。しかし、性的暴行やセクハラを繰り返していた疑惑が2017年に発覚し、多くの女性が自らの性被害を訴える「#MeToo」運動のきっかけとなった。

誰もが職場で尊厳を保ち、安全に働ける環境を目指すTIME'S UP財団のCEOで弁護士でもあるティナ・チェンは、今回の判決に対し、「多大なリスクを負って沈黙を破った方々だけではなく、職場で起こるハラスメント、虐待、暴行を生き延びたすべての被害者にとって、“正義”というものの新たな時代の幕開けです」とコメントしている。

ワインスタイン被告は、このほかにカリフォルニア州でも性的暴行などの複数の罪で起訴されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース