グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

天才並みの頭脳を持ちながら、幼児期のトラウマが原因で周囲に心を閉ざし非行に走る青年と、妻に先立たれ人生を見失った精神分析医との心の交流を描いた感動作。本作で脚本家デビューを飾ったマット・デイモンとベン・アフレックが見事にアカデミー脚本賞を獲得したことで話題に。また、孤独な精神分析医を演じたロビン・ウィリアムズも助演男優賞を獲得している。監督は「ドラッグストア・カウボーイ」の鬼才ガス・バン・サント。

1997年製作/127分/アメリカ
原題:Good Will Hunting
配給:松竹富士
劇場公開日:1998年3月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第22回 日本アカデミー賞(1999年)

ノミネート

外国作品賞  

第55回 ゴールデングローブ賞(1998年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) マット・デイモン
最優秀助演男優賞 ロビン・ウィリアムズ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0素晴らしき数学の世界へようこそ! 才能をどう使うかは自分次第

2020年4月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まず本作は脚本が凄く良く出来ているのですが、実は、これはあのマット・デイモンとベン・アフレックの2人が書いているのです。当時は2人とも無名ながら、本作でアカデミー賞の脚本賞を受賞して、この成功が今の彼らのキャリアに大きくつながっているのです。
当時の第70回アカデミー賞は、現時点でも最多受賞記録を持つ「タイタニック」があった年で、そんな中、「タイタニック」が14ノミネートに対し、本作は、作品賞、監督賞(ガス・ヴァン・サント)、主演男優賞(マット・デイモン)、助演男優賞(ロビン・ウィリアムズ)、助演女優賞など主要9部門でノミネートを果たしていたのです! そして脚本賞と共に、ロビン・ウィリアムズが初の助演男優賞を受賞しました。
本作の主人公ウィル・ハンティングは、MIT(マサチューセッツ工科大学)で清掃員をしたりして生計を立てる青年である一方で、100年に数人級の頭脳を持った人物として描かれています。本作のリアリティーの源泉には、ラマヌジャンという1900年頃のインドの数学者の存在があったりします(詳しく知りたい人は「奇蹟がくれた数式」という映画を!)。
マット・デイモンはハーバード大学にいた(中退)だけのことはあって、学問的なリサーチがしっかりしていて、主人公にリアリティーを巧みに与えているのです。
そして、そんなウィル・ハンティングを才能を見出し、その才能に惹かれ翻弄される「フィールズ賞」(いわば「数学のノーベル賞」)受賞者のランボー教授、そして、ランボー教授に頼まれてウィル・ハンティングを更生させようとする心理学者ショーンとのやり取りも深いものがあります。
なぜウィル・ハンティングは素直に能力を活かすことができないのか? その謎を追う過程において、周辺の人たちを巻き込み、思わぬ展開が続いていきます。
「エンディング以降のウィル・ハンティングはどのように生きていくのか」を想像するのも意味がありそうですし、本作には数々の名言もあります。
今この作品を見直して良かったな、と思えたのは、本作でアカデミー賞を受賞したロビン・ウィリアムズが、実社会においては、2014年に63歳で自殺してしまったのです。
当時は勝手に「パーキンソン病や、幻覚が見えたりする(レビー小体型)認知症に苦しんで亡くなってしまったのか」と記事を見て思っていましたが、ショーン(ロビン・ウィリアムズ)の
「そのことだけで私が君の気持ちをわかると思うか? 『オリバー・ツイスト』を読めば理解できるのか?」という言葉の通り、想像でしかないですし、「本当の気持ち」は誰にも解らないものなのかもしれませんね。
3月30日にCNNが、志村けんさんの訃報の際に「日本のロビン・ウィリアムズが亡くなった」と伝えていたので、「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」の際のロビン・ウィリアムズが被ってきたりと、さらに多くの感情が去来しました。
学問をモチーフにしながら、様々な人間関係や深層心理などを考えたりできる名作です!

コメントする (0件)
共感した! 16件)
細野真宏

3.0若き日のマットデイモン

2024年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

かっこいいね。
ものすごくタイプです

天才だからこそ、先に先に考えて何事にも踏み込めない
鬱々とした青年を好演している

コメントする (0件)
共感した! 1件)
千恵蔵

4.5あの馬鹿はまた荒野を行く。

2024年2月18日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

知的

昔、敬愛する藤子不二雄F先生の異色SF短編集にそういう題名の作品がございました。そうなです。天才でも、Make money のチャンスでも立身出世もなんのことやら。あの馬鹿はアインシュタインを勝る、少なくともフィールズ賞よりも価値があるものがこの世にはあり、それを支える友がいて、それを理解する師がいるのです。算盤叩いてばかりのこのご時世にこそぜひ若い映画好きには観ていただきたい。数学の天才の藤子不二雄F先生の主人公と同じまたあの荒野へ向かって車を走らせていくのです。しかし、ベンアフレック、マッドデイモン恐るべし。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
りょう(映画2000本は視聴)

5.0人生最高の一本

2024年2月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人の人生に必要なのは
お金でなく
学歴でなく
名声でなく

誰から必要とされ、愛されてる事を実感すること。

45年生きてきて学びを得られた素晴らしい作品です。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
柴犬さん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る